僕のEnjin CoinのトークンENJについての投資評価まとめ

ENJINとは?

日本のかつてのGreeのトークンエコノミー版に近い事業形態のベンチャーです。まず、ゲームSNSを運営しており、会員登録数は、2,000万ほど。アクティブユーザー数は公開されていないです。そして、そのSNS自体が、ゲームパブリッシングプラットフォームとしても機能しており、ゲームディペロッパーは、UnityのSDKキットを使って、Enjineのプラットフォームに、自分で作ったゲームを配信できます。そして、そのゲーム内で使われるアイテム、いわゆるバーチャルアイテムは、NFTとしてイーサリウム上に構築されたプラットフォーム上で、ユーザー同士で売買が可能です。その売買は、ENJINの独自トークンであるENJを使って行います。ENJは、2017年に約20億円ぐらいのICOを実施しています。つまり、この点からは、NFTに特化した仮想通貨取引所と言え、ENJは、バイナンスのBNBと同じ役割を果たすと言うことになります。

トークンエコノミー

BNBと同じですから供給制限モデルになっています。が課題は、また、BNBの場合と同じで、IEOのように、継続的に新しいゲームがEnjin上でリリースされて行かないと、トークンエコノミーの成長には繋がっていきません。

戦略

基本的には、ゲームSNSのアクティブユーザー数が、他のゲームパブリッシャーが、ENJINにゲームを配信するインセンティブになりますから、そこを成長させるためのチキン&エッグ問題を解く必要があり、もっとも現実的な解決策は、自らヒット作を作り出すことです。Greeもかつてそうでしたね。これ以外に効果的な戦略はないと考えています。

しかし、実際に、仮想通貨系のトークンを稼げるゲーム市場で起きていることは、BaaSの上に直接ゲームを構築して、自分たちでもマーケティングやっているプレイヤーが主流で、ENJINのプラットフォームをわざわざ使うと言う流れになっていません。実際のNFTの売買についても、NFTの取引所がいくつかあり、そこ多くの売買が行われています。

その点からも、ゲームSNSを活性化させるための、独自ヒット作を出さない限りは、事業としてテイクオフして行くのは難しいと見ています。なぜなら、独自ヒット作がでることで、ゲームSNSのアクティブユーザーベースが育ち、そのアクティブユーザーベースを目当てに、他のゲームパブリッシャーも、ENJINのプラットフォームを使って、ゲームをリリースする。すると、そのゲーム内のNFTアイテムも増加し、ENJを使ったNFTの売買も活性化。このポジティブスパイラルが回ることで、事業もトークンエコノミーも成長していくように設計されているからです。

チーム

ちょっと全般的にチーム力が弱いです。

Maxim Blagov – CEO – Linkedin

オーストラリアにあるシドニー工科大学のコンピューターサイエンスの修士号を取得しており、現在は、シンガポールベースです。

Witek Radomski – CTO – Linkedin

カナダのバンクーバーベースでそれ以外の情報がなく、Maximとは創業期からずっと事業をやっています。

Ilija Rolovic – CMO – Linkedin

参画したのは、2017年からで、その前は、ゲーム系のマーケティングエージェンシーを経営していたので、ゲームマーケティングについては理解があるように思います。

Mic Gallegos – Business Development – Linkedin

直前は、JPモルガンでリスク分析のアナリストをやっていたので、BDが専門の人材ではないですね。

事業の進捗

特に、主だった事業進捗は現時点ではありません。

競合の動向

先ほど伝えたように、日本では、マイクリなどが良い例ですが、イサーリウムを中心としたBaaS上でゲームを作り、かつ、NFTもETHの売買で直接行なっているケースが一般的になっているため、このスキーム自体が競合になっています。

長期の課題

繰り返しになりますが、独自ヒット作をまず生み出すことが、最優先です。Cripto Kittiesぐらいのレベルのタイトルは必要ですね。彼らは、今、これを持っていません。

現時点での投資評価

チームが弱い点もあるので、投資はしないです。ただ、僕は、仮想通貨ゲーム市場が活性化することは、僕が別に投資しているBrave BrowserのBATに広告予算が流れるなど、他のDappsを成長させるための強力な原動力になるとみているので、引き続き、市場としては注目しています。

最後に、ENJトークンは、僕がメインで使っている世界最大の仮想通貨取引所のBinanceで購入することができます。Binanceのアカウント解説方法と使い方の基本ポイントはこちらにまとめています。参考にしてください。

【初心者向け】Binance(バイナンス)の会員登録の方法まとめ

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

関連記事