僕が、なぜ、0xのトークンZRXに投資するか? #1

問題定義

0xは、中央集権型の仮想通貨取引所の問題を解決しようとしているDEXプロトコルの1つです。中央集権型取引所の最大の問題の1つは、カストディの問題です。中央集権型取引所で取引する場合、ユーザーは、自分の仮想通貨をその取引所に預ける必要があります。この預かるサービスがカストディであり、その結果、取引所には大量の仮想通貨資産が保持されることにつながり、これがハッカー達に取引所をハッキングする動機を与えます。現に仮想通貨取引所は、過去10年で1500億円近いハッキングを受けています。

また細かい点でいえば、中央集権取引所は、そのサービス内にアカウントを持っているもの同士ではないと取引することが不可能なシステムになっています。つまり、分散的なインフラにはなっていないわけです。しかし、上の図の左側のように、DEXのコンセプト通りに、各ウォレットが分散的にネットワーク化されている状態を作り出すことができれば、まず、中央に集中的に仮想通貨を持っているプレイヤーが存在しなくなるため、ハッカーが攻撃するコストが一気に増大し、彼らのハッキング意欲を削ぐ、また、ウォレットもユーザーが自由に選ぶことができるため、特定の銘柄を取引するのに、特定の取引所のアカウントを開くという手間がなくなります。

テクノロジー

0xのDEXプロトコルは、上記の問題を解決するオープンソーステクノロジーであり、一般的にパーミッション型が多いDEXと異なり、パーミッションレス型になります。現在、イーサリウムの上で稼働しています。着想は、ビットコインのライトニングネットワークに近いですね。要するに、イーサリウム上にセカンドレイヤーを設け、ここでは2者間取引で成立させます。ビットコインのライトニングネットワークについては「こちらの記事」に詳しくまとめているので参考にしてください。

下記は、その概念図です。Makerとはオーダーを作成する人、Takerとはそのオーダーの取引に応じる人です。中央集権取引所と異なり、MakerのウォレットもTakerのウォレットもいずれも問いません。どのウォレットでもよいのです。そのウォレットアプリが、0xプロトコルのAPIに接続していれば、互いに仮想通貨の売買を行うことができます。Makerのオーダー内容は、イーサリウムのスマートコントラクトを利用して、ハッシュ値化され、Makerのデジタル著名を持って、0xネットワーク内に通知され、そのオーダーを取りたいTakerの目に触れたら、彼は、Takerとしてのデジタル著名をそのスマートコントラクトに行い、取引が実行されます。

しかし、ライトニングネットワークと着想で明確に異なっているのは、その2者間取引自体をRelayerと呼ばれる、いわばOTC取引におけるブローカーに委ねている点です。OTC取引については、「こちらの記事」に詳しくまとめています。なので、正確には、ライトニングネットワークの特徴である純粋な2者間取引を行なっているのではなく、Relayerが、自分の周りにいる投資家のオーダーを集めてきいて、0xのメッシュネットワークにその情報を通知することで、お互いに情報が共有され、取引が成立していきます。以下は、その基本的な流れの概念図です。

まず、Relayerが自分の周りにいるユーザーからオーダーを集めてきてMakerとして作成します(例:ユーザーAが10ETHを$200で売りたい、など)。このデータをOxプロトコルを使って、ハッシュ化します。そして、Makerとして、このオーダーにデジタル著名をします。この発想はイーサリウムのスマートコントラクトそのものですね。そして、このオーダーを、無数のRelayerが接続している0xのメッシュネットワークに通知するのです。

すると、0xのメッシュネットワークの他のRelayerで、この取引に応じるであろうTakerを持っているRelayerが取引に応じます。ここで重要なことは、中央集権型取引所では当たり前の売買の板であるオーダーブックの概念が存在していないことです。正確にいうと完全に分散化されたオーダーブックです。この点を理解するのは、先の共有したOTC取引の考え方を理解するのがよいと思います。Relayerは、取引が成立することで、Maker側とTaker側、それぞれのRelayerとも、手数料報酬を受け取ることができます。


参考までに、現時点でのRelayerは、以下の通りです。


最新の0xネットワークの全Relayerのリストは、「こちらのリンク」から確認できます。

また、0xのプロトコルは、優れた設計が施されており、全てモジュール化されているため、拡張性が高いです。例えば、実際に、どのような拡張ができるかと言えば、ユーザーのホワイトリスト管理などが可能になります。Relayer側で、ユーザーに対してKYCや招待制などを実装するスキームを0xのエクステンションを使うことで実装可能になります。これが可能になる理由は、ユーザーがRelayerを通じて、直接オーダーを0xのメッシュネットワークに投げることができない設計になっており、中間処理が可能なロジックがエクステンションで追加できる設計になっているので実装可能になります。概念図は下記の通りです。多分、スマートコントラクトを使い慣れているエンジニアの人でないとこれは見てもよくわからないとは思いますが、このエクステンションは様々な用途が生み出される可能性を秘めています。


これらの点を踏まえると、彼らのテクノロジーは、以下の用途に利用することが可能です。

  • Y市場における暗号資産XのDEX
  • Ebay型のデジタルグッズのマーケットプレイス
  • 自動のマーケットマイカーやアービトラージのボット
  • 一定の流動性や取引を必要とするDeFiプロトコル(デリバティブ、レンディング、もしくはオプション取引)
  • OTCのトレーディングデスク

これに加えて、0xは、Dappsは問わず、既存のアプリケーションで、一機能としてエクスチェンジ機能を取り込みたいものについて、かつ、それがそのアプリケーションのコアの目的ではないものに対してもインテグレーションすることができます。例えば、

  • ゲーム内仮想通貨やアイテム
  • デジタルウォレットで、ユーザーが、トークンを交換したい場合
  • ポートフォリオ管理ツール

などです。ですから、かなりスケーラビリティの高いソフトウェアであることがわかります。現時点のイーサリウムにおいても、0xプロトコルは、一般的な仮想通貨に代表されるファンジブルトークンとゲーム内アイテムなどに代表されるノンファンジブルトークン(NFT)の両方をサポートしているのですが、将来的には、他の全メジャーブロックチェーンに接続する計画です。しかし、別のブロックチェーンに接続する場合は、ソフトウェアガバナンスとして、提案内容にZRXトークンのホルダーが投票するルールになっています。この辺りは、COSMOSのデリゲーション型ではなく、直接投票型なので、僕が別に投資しているMakerDAOのソフトウェアガバナンスに近いですね。MakerDAOは、「こちらの記事」にまとめています。

つづく。

関連記事