僕のEnigmaのトークンENGについての投資評価まとめ

Enigmaとは?

2015年に、MIT Medla Labから立ち上がったBaaSのセカンドレイヤーソリューションを提供するプロジェクトです。現在は、イサーリウムのみサポートしています。プロダクトの考え方は、Dappsの開発者が、ユーザーデータなどを扱って何か処理をする際、例えば、ID認証や、ユーザデータをベースに何か計算処理を行ってアウトプットを出す(トラストスコアの算出など)場合、現状のトランザクション処理は、Dappsが行っているのですが、ここを全て暗号化処理できるソリューションを提供しています。

Dappsがイーサリウム上で定義したスマートコントラクトを実行する場合、その大半において、何かしらのデータ(変数)を与えて実行することが一般的です。例えば、ゲームアプリのDappsでユーザー認証を行う場合、ユーザーAのメールアドレスとパスワードが、その変数になり、その変数を使って、複数のスマートコントラクト内に格納されているデータの中から、そのユーザーAのアカウント情報を読み出してくることで、ゲームを手前に終了した時点から再開することができるわけです。しかし、このデータを受け取ってから、イーサリウムのスマートコントラクトに投げるまでの間の暗号化は、Dapps次第になっています。そこに共通の解決スキームを持ち込もうとしているのがEnigamaです。

データが入ってくる際と何かしらそこに処理が加えられる際、いずれの場合も、Enigmaのプロトコルを利用することで、暗号化されて送られ処理されるため、外部にデータの中身がわかることがなくなります。実際の処理は、ブロックチェーンのコンセプトと同じく、Enigmaのネットワークに参加するノードが行います。彼らは、この存在をWorkerと定義しています。処理された後のステートは、イサーリウムのEVMを通じて、イーサリウムノブロックチェーンに書き込まれます。この時点ではハッシュ化されているので、ハッカーなどが特定することができません。

ですから、テクノロジーの性質としては、ポジショニングは、ビットコインのライトニングネットワークなどと同じセカンドレイヤーではありますが、役割的には、Dappsから見ると、ミドルウェアに近いと言えます。Enigma Networkに参加するWorkerの役割は、目的は違いますが、ChainLinkに参加する複数のOracleの役割と同じと言えます。参考までに、「ChainLinkの記事を読むとより理解が深まると思います。

ユーザー側が受ける恩恵は、先に少し触れたDapps側が、自分の個人情報を一切その中身を知ることなしにトランザクション処理をしてくれるので、プライバシー保護はより強化されています。

トークンエコノミー

ENGのトークンエコノミー は、供給制限モデルです。150,000,000 ENG以上は発行されない仕組みで機能します。Dapps側は、ENGを購入した上で、上記の処理をEnigma ネットワークのWorkerに依頼することになりますから、供給制限モデルで問題ありません。ただし、そのコストレベルは注意が必要で、BaaS利用自体が、GASプライスのオークションメカニズムなどが原因でAWSなど一般的な中央集権型クラウドに比べてコストが高くなる傾向があるため、ENGのプロトコルを利用する場合は、更にランニングコストが上がります。この辺りのコスト感を踏まえたトークンエコノミー を構築することが課題になってくると思います。

トークンエコノミー のネットワーク効果の基本は、BaaSと同じで、利用するDappsの数です。多いほど、Worker側に払うインセンティブの量が増えていきますから、Workerの数は増え、より分散的なネットワークに成長していき、システムの安定性が増していくことになります。

戦略

ここが課題ですね。資料、サイト、Twitter、ブログなどの情報を見ても、明確な参入市場戦略を感じ取れる動きが出てきていません。まだ、拡張性の高い初期市場が定まっていないのでしょう。たとえば、同じ、セカンドレイヤーに位置するソリューションで、僕が投資もしている0xプロトコルはDEXテクノロジーにフォーカスしており、完全なるDEXを構築できればそれだけで現在の取引所のハッキング事件を未然に防ぐことができるため、ペインポイントが明確に定義できています。この点に比べると、Enigmaは、市場参入戦略を構築できるレベルのペインポイントまで落としきれてないという印象を受けます。

チーム

コアメンバーは、MIT出身者で構成され、拠点はシリコンバレーですが、多くの人材をCEOの人脈先でもあるイスラエルに頼っています。

Guy Zyskind – Founder and CEO at Enigma – Linkedin

イスラエルのトップ大学であるテルアビブ大学でコンピュータサイエンスを専攻した後、SAPでソフトウェアエンジニアとしてキャリアを積み、その後は、MITからのスピンオフスタートアップなどを手がけたりしたことがある連続起業家です。今回も、元々はMITのコンピュターサイエンスの修士号に入りつつ、MIT Medialab内でEnigmaのプロジェクトを始動しスピンオフして立ち上げる形をとっています。

Can Kisagun – Co-Founder – Linkedin

彼は、CEOと同じタイミングで、MITのビジネススクールに入っており、そこで意気投合したのだと思います。同じく、連続起業家で、ITベンチャーを過去2社ほど手がけています。大学卒業後は、マッキンゼーでアソシエイトとして仕事をしていた経験もありますが、若手は戦略構築の仕事をやることがないので、本来は、彼が、戦略をリードするのでしょうが、うーん、そこでアウトプットが出てない印象を受けます。

Victor Grau Serrat – Director of Engineering – Linkedin

直前は、MITのプロジェクトで、貧困層を救うためのプログラムであるD-Labの共同ディレクターをやっていた人物です。この経験からブロックチェーンの可能性に興味を持ったと思います。ただ、バリバリのテック起業家のバックグラウンドの持ち主ではないです。

Ainsley S. – Product & Research – Linkedin

MITで、認知科学の修士号を取得したのち、リサーチアシスタントをやりながら何度か起業の経験がある人物で、直前は、AR系のベンチャーを立ち上げていました。Enigimaのプロダクトは、B2B向けなので、彼女がその点含めたプロダクト戦略を見ているとみています。

Nir Zyskind  – Direcor of Business Development EMEA – Linkedin

彼も、イスラエルで起業経験がある人物で、直前は、IVC Research Centerというイスラエル拠点の企業で、ビックデータ分析によるインサイトを提供するIT企業の営業をやっていた人物です。

Tor Bair – Head of Growth/Marketing at Enigma – Linkedin

彼は、元はシカゴのオプショントレーダーだったのですが、MITでMBAを取ったのちに、キャリアチェンジし、直前は、スナップチャットでデータサイエンティストをやっていた人物です。そういう意味で、グロースマーケティングはできる人物ですね。ただ、Enigmaは、市場参入戦略がまだ完全に固まっているようではないので、その点を踏まえるとまだ本格的なグロースマーケティングを実行していける段階ではないので、彼のSnapでの経験がすぐに生きる訳ではなく、まずはGo-to-market戦略を固めるところをやる必要があると思います。

Aditya Palepu- Software Engineer – Linkedin

彼は、デューク大学でコンピュターサイエンスを専攻した後、直前は、シカゴの大手トレーディング企業のDRWでアルゴリズムトレーディングの開発・運用をやっていた人物です。

Reuven Podmazo – Software Engineer – Linkedin

彼は、直前は、Check Point Software Technologiesというシリコンバレーにあるセキュリティソリューション企業でソフトウェアエンジニアをやっていましたが、その前は、イスラエル軍の諜報部でセキュリリティエンジニアをやっていた人物です。これが、イスラエル人材の強みで、イスラエルの諜報部は世界でも最高峰と言われており、ここ出身のエンジニアのセキュリティに対する強さは、世界トップクラスと言われています。フェイスブックのリブラもセキュリティチームはイスラエルに拠点を置いているほどなので彼らの優秀さが理解できると思います。

Moria Abadi -Senior Software Engineer and Researcher – Linkedin

彼女も、イスラエルのテルアビブ大学でコンピュターサイエンスを専攻した後、いくつかの仕事をへて、直前は、IBMで、セキュリティ系プロジェクトを中心に多岐にわたる開発プロジェクトのDevOpsも含めて経験してきている人物なので、EnigamaのDapps含めた企業向けソリューションの開発は慣れている人物と言えます。

テクノロジーに関しては、人材はハイレベルなチームが揃っている感じがありますが、動きをみていても戦略のところが弱いですね。

事業の進捗

特に主だったニュースはまだ出てきていません。

競合の動向

事業の進め方次第ですが、イーサリウムはじめとするBaaSはパートナーにもなるし、競合にもなります。BaaS側としたら、上で動くDappsのプライバシー保護とセキュリティレベルの向上は必須です。特に、彼らが、今のトランザクション領域から、ストレージやアナリティックス領域までドメインを拡張していくと、Dapps側のニーズ、より正確に言えばユーザー側のニーズは更に高まっていきます。そこをBaaSが自前で構築しきるか、Enigmaのようなミドルウェアレイヤーのソフトウェアが低いランニングコストで実装負荷の低いプロトコルソリューションを提供できれば、Dapps側がどこのBaaSを利用するかに関係なく、Dappsのセキュリティとプライバシー保護の強化を実現できるようになるためソフトウェア価値は高まっていきます。

長期の課題

Dapps側にとっての費用負荷の軽減が一番重要になると見ています。BaaSは、そもそもICOやIEOをするDappsが、自前ブロックチェーンで実行する場合のハッキングリスクを大型BaaSを使うことでゼロにすることができるという強力な利用インセンティブが働いていますが、Enigmaの場合は、そのICOの後、実際に稼働しているアプリのプライバシー強化・セキュリティ強化になるため、BaaSほどDappsのニーズがクリティカルにはなっていません。ですから、その分、BaaSに比べてコスト面で圧倒的な利用メリットを出すなどの工夫をしないとDappsが利用必須になっていく必然性が生まれてこないと見ています。

現時点での投資評価

現時点での評価は、参入市場戦略のところがクリアになるまでは、「様子見」です。いわゆるプロダクト開発でいうところの「Nice to have(あればベターだけど必須ではない)」から「Must have」(必須の世界)への進化が必要なプロジェクトと言えます。

最後に、ENGトークンは、僕がメインで使っている世界最大の仮想通貨取引所のBinanceで購入することができます。Binanceのアカウント解説方法と使い方の基本ポイントはこちらにまとめています。参考にしてください。

【初心者向け】Binance(バイナンス)の会員登録の方法まとめ

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

関連記事