僕のArdorのトークンARDR投資評価についてまとめ

Ardorとは?

COSMOSやPolkadotと同じ、ブロックチェーンインターオペラビリティの領域のソフトウェアです。ここは、BaaSよりも更に低レイヤーに位置するソフトウェアカテゴリなので、最大でも3社程度しか生き残れないと考えています。詳しくは、僕のポートフォリオ戦略に関する記事を参考にしてください。

ですから、その点を踏まえると、Ardorの事業進捗を踏まえるとかなり生き残るのは厳しいのではないかと見ています。COSMOSが、圧倒的な1st Mover Advantageを獲得しているからですね。この点は、アルトコイン投資の鉄則の一つなので、「こちらの記事」を参考にしてください。

COSMOSの唯一対抗馬になれるのはPolkadotぐらいと見ています。2つの比較記事は、「こちらの記事」にまとめています。

チーム

組織母体は、Jerulidaで、スイスに登記されており、チームもヨーロッパ中心です。ちょっとリクルーティング力が弱いように思います。

Kristina Kalcheva – Co-Founder & Managing Director – Linkedin

ブルガリアにあるソフィア大学で法学修士をとり弁護士をやっていた人物です。

Lior Yaffe – Co-Founder & Managing Director, Core Developer – Linkedin

イスラエルの技術系トップであるイスラエル工科大学でコンピューターサイエンスを専攻し、その後、Jacadaというイスラエルのクラウドソリューション系のテックスタートアップで、プロダクトマネジメントとソフトウェアエンジニアをやっていた人物です。セキュリティに強いイスラエル出身なので、ブロックチェーン技術に対する腕は確かと言えます。

Petko Petkov – Software Developer – Linkedin

同じくソフィア大学で、E-Businessの修士号を取得したのち、ソフトウェアエンジニアとして主にアプリ開発の領域でキャリアを積んできた人物です。直前もアンドロイドのエンジニアをやっていました。

Tomislav Gountchev – Lead Software Architect – HomePage

ケンブリッジ大学で自然科学の学士をとり、UCバークレーで化学のPh.Dを取得した人物です。その後、シリコンバレーのベンチャーコミュニティで、Javaのエンジニアとしてキャリアをつみ、eBayで仕事をしたこともあります。自身での起業経験もあります。コンピューターサイエンスのバックグラウンドはもっていませんので、少し実力は未知数な側面があります。

現時点での投資評価

投資先としては「見送り」です。生き残るのはかなり難しいとみています。

最後に、ARDRトークンは、僕がメインで使っている世界最大の仮想通貨取引所のBinanceで購入することができます。Binanceのアカウント解説方法と使い方の基本ポイントはこちらにまとめています。参考にしてください。

【初心者向け】Binance(バイナンス)の会員登録の方法まとめ

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

関連記事