MakerDAOのDSRについての解説まとめ

2019年にマルチコラテラルDAIとほぼ同時にリリースされたDSRの仕組みと、MakerDAOプラットフォーム全体に与える影響について、MakerDAOのブログ記事の翻訳に所感を付け加えたので、参考にしてください。元の参考記事は、「こちら」です。

マルチコラテラルDAI(MCD)におけるDai Saving Rate(DSR)の役割について

Dai Saving Rate (DSR)とは、マルチコラテラルDAIの主要機能のひとつです。DSRによって、DAIは、他のステーブルコインとは一線を画す存在となります。DAI自体の非中央集権的なステーブルコインとしての価値は、そのままにし、MCDにおいては、DAIを保持し続けること自体でインセンティブを受け取れる仕組みを内臓しています。

つまり、DAIをスマートコントラクトにロックアップすることで、追加のDAIを稼ぐことができるわけです。これを実行するためのデポジット・引き出し機能は、Maker 財団によって提供されます。

また、このDSR機能が追加されることで、DAIを購入する動機がますため、DAIのUSドルに対するソフトペッグの機能がより正常に働くことが期待できます。

DAIをインセンティブを稼ぐためにロックアップする機能について

MCDのローンチにおいて、全てのDAI保有者は、そのDAIのインセンティブを受け取るためのスマートコントラクトへのロックアップ機能を使うことができます。簡単にいうならば、DSRは、あなたの暗号通貨にとって貯金口座のような存在になります。その方法は、とてもシンプルで以下の通りです。

1. まず、DAIの保有者は、自分が現在保有しているDAIのウォレットから、DSR専用のウォレットにDAIを移動させます。

2.すると、Maker Protocolは、Maker Governanceによって決定されるインセンティブ率に応じて、そのDSR用ウォレットに相応分のDAIを付与します。

3. DAI保有者で、DSRにDAIを預託しているユーザーは、そのDAIを引き出すまでの間は、そのときまでの因縁ティブを受け取ることができます。

Maker側が提供するDSRのウォレットのモックUIは以下の通りです。マルチコラテラルDAIですから、ETH以外の仮想通貨をコラテラルにすることもできます。

DSRの成功は、提供できるインセンティブ率によるところが大です。ですので、DSRを運用していくに当たってのガバナンスはリスクの側面について、次にみて行きましょう。

ガバナンスとリスク

DSRは、MakerDAOのガバナンスにおいて、かなり重要な役割を担うことが期待されています。その目的敵は、DAIのUSドルに対するペッグを安定化させるためのものです。

シングルコラテラルDAIの時代においては、DAIのUSドルに対するペッグ率を安定化させるための装置は、安定化手数料でした。この安定化手数料は、MakerDAOのガバナンスによって上下の決定がくだされ、この上下によって、CDPの保有者(ETHを担保として預けて、DAIを借りる人でもある)は、DAIを借りたり、またはDAIを返済することを判断していました。これによって、DAIの価格をUSドルに対して安定的にペッグされた状態を作り出すことでした。このメカニズムは、DAIの「供給側」の原理に基づく、ソフトペッグを安定化させるための方法です。

DSRは、この代替手段になるものです。なぜなら、DSRは、DAIの保有者の振る舞い(これはCDPオーナーの振る舞いの逆の立場)に影響を与えるからです。つまり、DAIの「需要側」の動きに影響を与えるのです。

つまり、ユーザーは、DAIをDSRを通じて得られる金利を見ながら、マーケットプレイス上で売ったり買ったりします。DAIの価格が、USドルに対して大きく下回っいる場合(つまり、ドル高・DAI安)、DSRのインセンティブは、DAIの購入意欲を引き上げるために引き上げられることになるでしょう。

逆に、DAIの価格が、USドルに対して大きく上回っている場合(つまり、ドル安・DAI高)、DSRのインセンティブは、DAIの購入意欲を引き下げるために、引き下げられることになります。

誰が、DSRのインセンティブを負担するのか?

DSRをデザインする上でのゴールは、過剰なDAIが市場に供給されないことを実現するためのものです。ですから、DSR自体が、エコシステム内のステイクホルダーにとって何か負担となっていることが望ましいです。

この点に対する解決策は、徴収された安定化手数料をDSRのインセンティブに回すという考え方です。仮に、安定化手数料よりDSRのインセンティブが大きくなる条件が設定されている場合は、その値は負債として記録され、MKRがその負債を負います。

MKRの保有者が、究極的にDSRのインセンティブを負担するのだが、基本的な期待は、CDPの保有者が、支払う安定化手数料が、DSRのインセンティブと等しくあることにある。概念的に、安定化手数料は、2つのコンポーネントからなっている。

  • 1) CDP保有者からMKR保有者に、担保をベースにしたリスクプレミアムとして
  • 2) CDP保有者からDAI保有者に、DSRのインセンティブを最適化させるため

原則としては、CDP保有者は、このエコシステム上において、二つの異なる役割を担っているのだ。MKR保有者は、その担保に対するリスクを負い、DAI保有者は、DAIの価格不安定化に対するリスクを負っているのである。

また加えて、担保のタイプに応じた複雑性もここにはある。たとえば、DSRのインセンティブ増加による安定化手数料の世界レベルでの上昇は、特定の担保が組み入れ不可能になる可能性を持っている。仮に、DSRのインセンティブ率が5%にセットされている場合(単純に考えれば、この場合の安定化手数料は5%になる)、担保対象は当然、年率5%以上の値上がりが期待できるものでなくてはならない。そうでないと担保化するメリットが生まれない。

  • もし、DSRの高いインセンティブ率が、特定仮想通貨の高いボラティリティによる債務超過が発生することで必要になる場合、他の担保はどのように管理されるべきだろうか。担保対象になっている仮想通貨Yの人気が原因で、同じく担保対象になっている仮想通貨Xは罰せられるべきだろうか。
  • MakerGovernance側は、各担保対象になる仮想通貨ごとのDAI価格への影響度合いを考慮して、特定の仮想通貨別DSRのインセンティブ最適化を考えるべきか。その場合、その最適な数字はどのように計算されるべきか。
  • その担保化されている仮想通貨別のDAI価格への影響をどのようにして算出すべきか。
  • MakerGovernanceは、どのように、安定化手数料の変化パターンの最適化を図るべきか。

これらの質問への最適解を見つけ出すことは、長期間のデータ分析を必要とする。その点を踏まえて、Maker財団のInterim Risk Teamは、Maker Governanceに対して、強力な解決策に到達するまでは、全ての担保の安定化手数料に一致するDSRのインセンティブの最適化は検討しない。代わりに、安定化手数料の変動を配慮したDSRのインセンティブの比率変動は、DAIの借り入れシステムにおける全パートナーが担保している仮想通貨資産を加味したものにする。この場合に発生する、不足分は、MKR保有者が負担するものとし、彼らはこれらが正常に機能することで、負荷から解放され、担保エコシステムの繁栄を体験するだろう。

実際の想定事例でこの話をまとめると、安定化手数料をそれぞれ、3%、5%、10%の担保対象の仮想通貨がある場合、そして、DSRのインセンティブは、一律5%とした場合、一番目の仮想通貨は、3%が安定化手数料になるため、DSRのインセンティブに回す2%分が不足することになる。この負担は、MKR保有者が、このギャップが解消するまでの費用を負担するということである。

他のDeFiプラットフォームとの比較

以上のDSRの話を踏まえた上で、他のDeFiプラットフォームとのリスクプロファイルの違いについて理解を深めておいた方がよい。中央集権的な貯蓄システムの場合と異なり(この場合は、仲介役の銀行などが、カウンターパーティに対してお金を貸すことで金利を稼ぐ)、DSRの場合は、そのカウンターパーティリスクが存在しない。DAIが、プログラマティックに生成され、そして、安定化手数料の支払いがMKRのみで行われることで、MKRの供給量が減少する。この仕組みから、DSRは、DAIにとって、もっともリスクの低いインセンティブメカニズムを内包していることがわかる。他の多くのDeFiプラットフォームのプロダクトは、ハイリスクハイリターンのメカにニズムで動いているからだ。

DSRの初期の価値

MCDのローンチの前に、Makerのコミュニティは、DSRのインセンティブ率を投票で決める機会があった。その内容は、MakerDAOフォーラムで確認することができる。インセンティブ率について活発な議論が行われる一方で、我々は、シンプルなトライアンドエラーモデルを提案した。初期の値は、投票で決定されるが、その後、機動的に上下させ、DAI価格の安定を持って、どのような運用モデルが正しいかを見極めるというやり方である。

結果的に、DSRのインセンティブ率は、経験則のデータが決定されることになった。このモデルが成熟するにつれ、MakerGovernanceは、担保別のDSRのインセンティブを決めていく流れに移行していくであろう。

まとめ

今回の内容は、大きく5点である

  • MCDによって、DAIの保有者は、その保持によってDAIのインセンティブを稼げるようになる
  • DSRのインセンティブは、DAIのソフトペッグ機能をデマンドサイドから最適化することを可能にする
  • 立場上、MKR保有者が、DSRの安定化手数料以上の発生コストを負担することになる。
  • MakerDAOのガバナンスサイドは、DSRのインセンティブ率に基づき、各CDPに対する安定化手数料を決めていく
  • DAI保有者が抱えるリスクと、DSRにDAIを預けている場合のリスクは、全く同じである。その点から、DSRにDAIを預けるユーザーは、もっとも低いリスクの金利商品を保有していることになる
  • MCDのローンチ後は、MakerDAOのガバナンスは、機動的にDAI価格の安定が実現するよう、DSRのインセンティブ率を変動させ、最適化させていく。

 

僕の所感

個人の投資家が理解できるレベルの仕組みではないですが、実際の中央銀行の固定歩合の意思決定モデルを考えれば、これぐらいのガバナンスモデルが必要になることには違和感がありません。安定化手数料とDSRの二つを組み合わせることで、DAIの供給サイドと需要サイドの両者から、ドルとのペッグ率の安定化を実現するという発送は合理的です。ユーザー自体は、全ての仕組みを知る必要はなく与えられたゲームルール設定にしたがって、インセンティブをトリガーに動くだけですから、中身の複雑さはあまり問題にならないように思います。今の仮想通貨のどれがお得かと考えるのと、どのCDPが一番お得かを考えるのに対して違いはないということです。

ただ、まだUIなどがユーザーフレンドリーなプロダクトが出てきておらず、ここはどうやらMakerDAOチームは不得意なようなので、センスの高いエコシステムパートナーが育ってくることに期待です。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事