アルトコイン週次分析 #2 -2020.01.20-01.26 – THETAがステイキングサービス開始。NKNがD-CDNを開始。二つとも好材料

投資先のアルトコインの週次分析で、期間は、2020.01.20-01.26です。チャートデータは、Binance(バイナンス)に上場されているものは、USDTベース、上場されていないものは、他のチャートサイトなどを参考にしたものになります。価格はUSドルベースです。後半は、投資検討中のアルトコイン分析です。

注記:全ての銘柄のアップデートをすると作業量が増えてしまい、他の記事も含めてタイムリーにリリースできなくなるため、今回より注目すべき動きがあった銘柄のみを取り上げる形にしています。ご理解のほど、よろしくお願いします。

THETA – BTCに連動するも反発力が弱い。バイナンスのステーキングサービスでどこまで投資家を惹きつけられるか。

チャート分析

日足チャート

BTCと同じく24日と25日に2回下値をヒットさせる形で反発していますが反発力がBTCに比べて弱いですね。去年の11月からの値動きを踏まえると、緩やかにトレンドラインを形成できるのはわかりますが、そのトレンドラインを踏まえるとまだ下値幅少しあります、今の反発力の弱さを踏まえるともう少し下げるかもしれません。

週足チャート

今週は特に動きがないので割愛します。

ファンダメンタルの進捗


バイナンスのニュースですが、THETAのステイキングサービスが開始しました。THETAもプロトコルレイヤーのテクノロジーなので、このような形で長期投資家の関心を惹きつける動きは必須だと思います。Dappsのようにユーザートランザクションを増やすことで、強い需給関係を生み出すことがすぐにできないためです。

今後の見通し

バイナンスのステイキングサービスでどこまで伸びるか。ですね。

その他、THETA Network(シータ・ネットワーク)の技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

TRX – BTCに連動し反発。下値ラインはBTCより上につき上昇パワーより強し。

チャート分析

日足チャート

TRXもBTCに連動し、2回下値をとってから反発しており、反発力はBTCと同水準ただし、ライジングフラッグの上昇幅より少し上で反発しているので上昇余力は強い展開と言えます。そのため、下値ベースで見た場合、少しずつトレンドラインが形成できつつあるのがわかります。

週足チャート

売買高の成長が顕著ですね。人気銘柄に育ってきているのがわかります。

ファンダメンタルの進捗


まず、イーサリウムとEOSと、基本データの比較です。EOSとの2番手争いにはそこまで大差は出てきていません。


まだ、ゲームカテゴリに大きな成長が出てきていないですね。DLiveとの親和性を考えると、ゲームカテゴリの成長が期待されます。

 


組織内で少しトラブルが発生しているようです。クビにした元社員から訴えられているようですね。急成長している組織では、たまに起きることの一つです。チームの成果が、イメージしているスピード感で上がってきていないことに経営陣が苛立っているのでしょう。Dliveが手に入って、イーサリウムとの差別化やYoutubeとの対抗手段も手に入ったわけですから、あとは焦らずじっくり数字を上げていくことに考えを切り替えた方がよいと思います。特にDliveにはかなり優秀なソフトウェアエンジニアがいるので、TRONに吸収したことで、彼らが即戦力として活躍してくれることに心から期待しています。また、同時に少しずつTRONのDAO化を進めていくことにも期待しています。

今後の見通し

先週は、BTCに連動し上放れしましたが、後半、利食い売りに押されている形なので、今週は持ち合いになると見ています。

BitTorrentに続いて、Dliveを手に入れたことで、TRONの垂直統合戦略の骨格は完成したと評価しています。以降は、3つのプロダクトの相乗効果を高めていく動きを活発化させることですね。とくに、DLiveのユーザーベースの成長がTRONとBitTorrentの成長に最も効果がでるため、DLiveのグロース重視の事業展開がポイントになってくると見ています。

BRAVEに続いて、DLiveが、GAFAに対抗可能なDappsとして成長していくと見ています。

その他、TRONの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

NKN – 持ち合い状況を継続。

チャート分析

日足チャート

24日に急激に上昇したましたね。理由は、ファンダメンタルのところで説明します。

週足チャート

まだ10月11日にBinanceに上場したばかりで、十分なデータがないため、割愛します。

ファンダメンタル進捗

24日の上昇の理由はこれです。いよいよNKNがCDNサービスを解放しました。AkamaiやCloudFlare同様に、法定通貨やNKNトークンを使うことで、NKNの非中央集権型CDNを利用することができます。彼らは法人営業も得意なチームなので、その面から大手企業での採用例が出てくる可能性にも期待します。

今後の見通し

非中央集権型インターネットを実現する上で、必要なプロジェクトであり、チーム構成を踏まえても、専門スキルを持った人材が集まっているので、まだ小さいですが、着実に成長していくプロジェクトと見ています。その点を踏まえると、チャートの動きにあるように、上場の終値近辺の下値は着実に押し目買いを入れて行こうと考えています。

彼らは、Dliveをメインアプリにすた垂直統合戦略を展開するTRONのBitTorrentと違い、ChinaMobileなども含めて人脈を生かした大型B2B顧客の開拓を進めているので、BitTorrentと市場開拓で直接バッティングすることは発生しないと見ています。

CDN機能が公開されたことで、いよいよ既存のCDNとの成果比較が出てきます。期待しています。

その他、NKN(エヌケーエヌ)の技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

投資検討中の銘柄

現在、新たに投資検討中の銘柄はありません。

以上、

みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は全て自己責任です。

関連記事