アルトコイン週次分析 #2 -2020.02.17-02.23-BTTのメインネットアップデート間近。DENTのインド市場での成長が着々と。

僕が投資しているアルトコインの週次分析で、期間は、2020.02.17-02.23です。チャートデータは、全てBinance(バイナンス)のUSDTとのペアになり、そのチャートデータを加工したものになります。Binanceに上場されていないMKRとCRO、KNCは、OKExのUSDTペアになります。価格は全てUSドルベースです。

TRX – Steemitの買収は買い材料視されず、価格修正局面。中国市場での人気上昇に期待。

チャート分析

日足チャート

TRXも、先週は、予想通り行き過ぎ修正の展開となりました。サポートラインは、$0.019あたりにあるのが確認できます。Steemit買収のニュースがでたもののほとんど買い材料視はされなかったですね。タイミングの問題もあると思いますが、Dliveに比べるとネタとしては弱いです。ETHやBATと同じくライジングフラッグの可能性も見えてはきています。

 

週足チャート

売買高はとてもよい傾向で伸びているのが、確認できます。

ファンダメンタルの進捗

中国市場で最も人気のある銘柄は、EOSとのこと。しかし、アメリカチームのプロジェクトですよね。BaaS系でTRONがようやくETHを抜いて2位に入ったようです。僕はそのうちNo.1人気になると見ています。

今後の見通し

今週は、行き過ぎ相場で生じたトレンドラインの窓を埋めてくる展開がメインになると見ています。

Steemitの買収は、行き過ぎ修正のパワーの方が強すぎて、買い材料視されないような結果になってしまいましたが、狙いは、先週指摘したように、Reddit的な存在よりもDappsポートフォリオの拡充が狙いだったようですね。Steemitはいくつかなか中成長しているゲームをいくつか持っています。その点は、こちらのDapp.comの数字を見るとわかります。

引き続き、BitTorrentに続いて、Dliveを手に入れたことで、TRONの垂直統合戦略の骨格は完成したと評価しています。以降は、3つのプロダクトの相乗効果を高めていく動きを活発化させることですね。とくに、DLiveのユーザーベースの成長がTRONとBitTorrentの成長に最も効果がでるため、DLiveのグロース重視の事業展開がポイントになってくると見ています。

BRAVEに続いて、DLiveが、GAFAに対抗可能なDappsとして成長していくと見ています。

その他、TRONの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

BTT – 25日のメインネットのアップデートでどこまで盛り上がるのか注目。

チャート分析

日足チャート

TRXに近い値動きをしていますね。

週足チャート

特に動きがないので割愛します。

ファンダメンタルの進捗

BTFSのメインネットのアップデートが今週25日に予定されています。無事完了すると思うので、このネタが相場にどの程度影響を当たるのか見極めたいところです。

今週の見通し

TRXと近い値動きをしているので、その傾向を維持するとみていますが、メインネットのローンチの盛り上がりで、BTTの方が一足先に上昇トレンドをふたび展開するする可能性もありますし、TRXもそこに連動してくる可能性があります。TRXとBTTの価格相関性を引き続き追っています。

引き続き、非中央集権型インターネット銘柄の一つとして注目しています。BTCの下落相場は落ち続くまでは厳しい展開が予想されますが、落ち着いたあたりで押し目買いを入れていく考えです。

その他、BitTorrentの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

DENT – インド市場での数字の伸びに注目。

チャート分析

日足チャート

0.0002あたりにサポートラインがあるのが確認できます。 売買高も穏やかに上がってきています。よい傾向です。

ガートナーのブロックチェーン調査レポートへの評価ブログでも伝えていますが非中央集権型インターネット銘柄が評価されはじめるのは、まだ時間がかかると見ています。

週足チャート

特に動きがないので割愛します。

ファンダメンタル進捗

インド市場のGooglePlayで、DENTのアプリが、57位にランクしてきています。中国の次の成長市場であるインドで、この実績の上がり方はとてもポジティブに評価しています。

今後の見通し

まだ時価総額の低いアルト銘柄の一部に資金が流れる動きが起きています。僕の目からみて、投資対象に値しないものにも流れているので、ノリだけで投資しているお金の動きもかなりの程度あるとみており、これらは、BTCがちょっと冷え込んだりすると、ビビりが多いので、すぐに資金の引き上げなどを行うため、楽観視はまだできないというところです。

非中央集権型インターネットは、ブロックチェーン産業で最大の市場規模になるとみており、その点から、DENTは、非常に注目しています。非中央集権型インターネットの銘柄については、「こちらの記事」にまとめています。しっかりと、ファンダメンタルも進捗させているものの、その点を投資家から評価してもらえていないですね。COSMOSのときもそうだったのですが、投資家からそのソフトウェア価値やトークンエコノミー の質をしっかりと分かってもらえるまでタイムギャップがあるのが分かっているので、2016年までのビットコインも全く同じだったのですが、忍耐強く待つほかないですね。

iPhone版のアップデート内容もとてもよく使い勝手も上がっています。DENTよりはるかに使い勝手の悪いアプリを出しているプレイヤーの時価総額が、DENTの何倍も高かったりするのですが、正直、不思議ですね。笑

2025年の世界のeSIM50%に向けて、徐々に市場の追い風がDENTにきているのが確認できます。と同時に、その点を投資家たちが認識しておらず、価格はまだまだ割安状態です。

その他、DENT Exchange(デント・エクスチェンジ)の技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

KNC – 予想通りの上昇トレンドながらも、上ヒゲが目立つ展開。

チャート分析

日足チャート

売買高が順調に成長する中、22日に更に一段高を更新しました。しかし、うわヒゲも連続して出ているので、少しパワーダウンが入りつつあることも確認できます。

週足チャート

この売買高の伸びはかなりよいです。相当地合いが強いです。

ファンダメンタルの進捗

Kyberも、競合のZRXに対抗するステーキングサービスをリリースしてきました。MarketMakerとしてのステイキングではなく、DAO型投票システムへの参加ですね。MakerDAOとCOSMOSの概念を組み合わせたようなモデルと言えます。ETHを報酬にしている点は、自分たちの時価総額がまだ低いことも踏まえての対応策とも見て取れます。KNCの購入動機には相当プラスです。

今後の見通し

DEXはNo.1がまだまだ読みズラい市場です。僕は、Binance、MakerDAO(OasisDEX)0x、Kyberの4つに投資しています。Kyberは、0xに比べてプロダクトが垂直統合型なので短期での成長力は高いと見ていますが、長期での成長力では水平型のプレイヤーが有利なので、この点、今年中にはまだ決着はつかないと見ているため、長期保有目的で投資しています。

その他、KyberNetworkの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

MATIC – 緩やかな上昇トレンドを形成中。

チャート分析

日足チャート

暴落相場でつけた底値の0.01124近辺になって、底入れし、そこより少しずつ回復してきています。

週足チャート

割愛します。

ファンダメンタルの進捗

 

ブロックチェーンゲームのDentralandのNFT宝探しキャンペーンに、MATICも参加しているようです。このゲームは、クオリティはまだまだですが、NFTのマスアダプションを実現していく上で、よい実験場になっているように思います。

今後の見通し

穏やかな上昇トレンドを形成できており、今後が楽しみです。バイナンスのサポートを受けながら、着実に実績をあげる施策を打ってきていることは確認xつできているので、粛々と数字を積み上げていけばよいと思います。

NFTのIEO+Exchangeというポジショニングが最適であることが見えてきました。ブロックチェーンゲーム市場に完全フォーカスしていますね。正しい判断です。

その他、Matic Networkの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

注記:最終的な投資判断は全て自己責任です。

関連記事

    関連記事はありません