僕のHedera HashgraphのトークンHBARの投資評価について

Hedera HashgraphのトークンHBARの投資評価について、まとめましたので参考にしてください。僕のポートフォリオ戦略においては、BaaSが該当します。

ペインポイント分析

BaaSが必要になってくる背景は、EOSについてまとめた「こちらの記事」を参考にしてください。

プロダクト分析

まず、BaaS市場は、成熟段階に入っており、イーサリウム、TRON、EOSの三強体制がほぼ固まってきています。そして、何より、この業界には、強力な「1st Mover Advantage」が働き、その恩恵はBaaS第1号のイーサリウムが受けています。

ですから後発のBaaSは、どんなにコンセンサスアルゴリズムが優れていても、ほとんど彼らに勝つことはできないと見ています。この点は、MIT教授でチューリング賞受賞者のシルビオ教授が立ち上げたAlgolandも同様です。僕は、彼らがエンタープライズ向けCDN市場にくると想定して少し投資していましたが、メインネットをローンチ後、イーサリウムと直接対決する動きを明確化してきたので、10数%のリターンが得られたタイミングで利確しました。

という目線で、Hedera Hashgraphを見ています。

チーム分析

Dr. Leemon Baird – Co-Founder & Chief Scientist – Linkedin

カーネギーメロン大学で、コンピュターサイエンスのPh.Dを取得し、直前は、サーバーレスPaaSを提供するSwirldsというITベンチャーの創業者兼CTOをやっていました。ブロックチェーン産業の方に可能性を感じて、BaaSにピボットを踏んできた感じですね。ちと顔が怖いです。。。

Mance Harmon- Co-Founder & CEO – Linkedin

マサチューセッツ州立大学アムハースト校でコンピュターサイエンスの修士号を取り、直前は、PingIndentityというブロックチェーンとも関連しているゼロ知識証明のテクノロジーを提供するITベンチャーの研究開発部門のヘッドをやっていました。

Natalie Grunfeld Furman – General Council – Linkedin

コロンビア大学ロースクールで法学博士を取り、その後、複数のIT系企業のゼネラルカウンセルを勤めてきた弁護士です。

Lionel Chocron – Chief Product Officer – Linkedin

UCバークレーでMBAを取り、直前は、オラクル社で、ブロックチェーンやAIなど新興技術のクラウドソリューションを手がけるチームのVPをやっていた人物です。まさにBaaSの専門ですね。

Christian Hasker – Chief Marketing Officer – Linkedin

チームの実行力分析

残念ながら、Dapps.comにはまだ情報を取り扱っていないです。まだほとんど実績は上がっていないと見ています。「こちらのリンク」を参照してください。

トークンエコノミー 分析

いわゆるBaaSのトークンエコノミー です。EOSなどを参考にしてください。

ハイプサイクル分析

純粋なBaaSなので、本格成長期に入っています。しかし、この市場は、先ほども述べた通り、ほぼ勝利プレイヤーが確定しているので、今からひっくり返すのはかなり厳しいでしょう。つまり、大きな成功を収めるのは難しいと言えます。

総合評価

2018年8月に100億円規模のICOを実行していますから、資金は十分あります。ただし、大化けするのはかなり困難でしょう。ベテランチームですが、アプリ事業には弱い人材ですから、TRONのように垂直統合戦略を採用するのも難しいと思います。投資対象にはしていません。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事