賢い法人クレジットカードの選び方8つのポイントとアメックスについて #2

空港ラウンジサービスは、マイレージクラブとの比較で検討すべし

また、ここに空港ラウンジの話が出てくるので、参考までに僕の考えをお話します。

ラウンジは、国内外含めて、基本的にWiFiが無料で、ゆったりとしてデスクスペースもあるため、仕事をするにはかなり使えます。空港内にあるカフェなどと比べると格段に仕事が捗ります

グリーンとゴールド共に、国内ラウンジが利用できるのは、重宝すると思います。問題は海外です。

まず、ビジネスクラスのチケットであれば、自動的に無料ラウンジサービスがついてくるので問題ないです。しかし、エコノミーの場合はついてきません。が、有料で使えます。

だいたい、どこの航空会社のラウンジも、一人2500円前後です。空港で、ちょっと良さげのレストランで食事する際の代金とほとんど変わりません。

しかも無料Wifiつきで、デスクワークしながら食事も取れるので、コスパはラウンジの方が良いと言えるでしょう。

僕は、航空会社は、基本、ANAを使うので、エコノミーで出張する場合は、ANAのチケット予約をスマホアプリからする際、追加でラウンジのチケットも購入して、これを使っています。もちろん、経費にできます

一方、AMEXなどのカード会社が提供しているラウンジスペースは、航空会社のラウンジに比べるとレベルはけっこう落ちます。特に仕事をするにはかなり物足りなさを感じると思います。「カフェ代を浮かして無料Wifiとフリードリンクサービスを楽しむ」という程度の価値と捉えておくと良いでしょう。ちなみに、こちらは、僕も使ったことがあるハワイのホノルル空港のカード会社ラウンジで、これがかなりレベルが高いと理解するとよいです。フライト前にちょっとゆっくりするにはとても重宝します。

なので、この点を理解していれば、海外出張時にラウンジ利用することは、出張目的に合わせて航空会社のラウンジと使い分けるのがよく、カード付帯サービスのメリットとして、とりわけて意識するほどのことではないことが分かります。

その他の注目付帯サービスや機能

あと、上記にお話した以外で、アメックスビジネスで僕が重宝しているサービスに、JRとの提携で提供されている「プラスEX」というサービスがあります。年会費1,080円を払うだけで、新幹線を割引で乗れるサービスなのですが、この割引率がとてもいいのですね。東京〜新大阪の「のぞみ」の指定席が、片道1,080円の割引を受けられるので、正直、年1回の利用で元が取れてしまうという優れものです。詳しくは、別途、「こちらの記事」にまとめているので参考にしてください。

また、細いところでは、Apple Payと連携しているところも気に入ってます。更にSuicaもApple Payに追加すれば、仕事用の移動のSuicaチャージは全てアメックスカードでできます。SuicaやPasmoなど、NFCカードを2枚財布に入れると改札を通るときにエラーになってしまうので、iPhoneには仕事用Suica、財布にはプライベート用Pasmoと分けることができるなどもできるので便利です。まだの方は、やってみてください。

また、たまにメールで、いいディールが流れてくるので、それも気に入っています。最近でいうと、春の清水寺の夜間拝観で、かつ、普段、一般観光客が入れないスペースで、夜桜を見ながら日本舞踊の踊りを見れるチケットが会員限定で購入できるなどですね。家族サービスや接待などに使えると思います。

いかがでしたでしょうか?

法人クレジットカードは、まず、審査の問題があり、その点から、現時点では選択肢は、自動的にアメックスに絞られていくのですが、実は、そのアメックスの付帯サービスというのが、国内外出張が多い商売をやっている方には、かなり重宝する内容に設計されています。

個人で商売をやる場合は、出張に、奥さんなどが同伴するケースも多いと思うので、実は、この付帯サービスは、とてもよく考えられるいるなと感心するものが多いのです。

アメックスの法人グリーンからスタートするか、法人ゴールドからスタートするかは、会社の財布との相談だと思います。下記に、アメックスの法人グリーンと法人ゴールドのそれぞれのサイトリンクを貼っておきます。両者とも、こちらのリンクから会員登録すれば、初年度の会費は無料になります。

追記:最近、ようやく他のカード会社でも審査基準をアメックスと同等レベルに緩めたクレジットカードを発行する会社が増えてきています。その仲でも、特にアメックスとの比較で検討に値するのは、Freee、三井住友、住信SBIネットの3つになると思います。それぞれ下記に比較記事をまとめているので参考にしてください。

Feee法人カードとアメックスの比較記事

三井住友の法人カードとアメックスの比較記事

住信SBIネットの法人カードとアメックスの比較記事

みなさんの独立開業がうまくいき、自由な人生を手に入れられることを心から祈っています!

関連記事