アルトコイン週次分析 -2020.03.23-03.29-3大BaaSのユーザー数・トランザクション数はキープ。Braveの数値の伸びも堅調。

僕が投資しているアルトコインの週次分析で、期間は、2020.03.23-03.29です。

しばらくアルトコイン市場の相場展開全体が、ビットコイン次第の状態が続くと見ているため、個別チャート分析はせずに、個別銘柄の中で、特に注目すべきアップデートがあったものを中心に取り上げます。

ETH

まず、ETHで、TRONやEOSとの比較データからです。先週、ETHの過去24時間のトランザクションが、異常にでかくなってこともあり、今週は、その分の下落という具合です。三大BaaSである3つのデータに特に大きな変化が見られない点を踏まえると、仮想通貨市場の実態のアクティブユーザーベースには大きな変化が起きていないことがわかります。つまり、市場全体の時価総額が下がっていても、仮想通貨の経済自体が停滞している訳ではないということです。

 

BAT

 

つづいて、BATの基本数値のアップデートです。特に、ここが成長していることは重要と考えています。なぜねら、BraveBrowserは、プロダクトポジショニングとして、プライバシーコントロールが優れたブラウザ+広告システムが、ユーザーを惹きつけるポイントになっており、そこに仮想通貨経済が組み込まれているからですね。つまり、ここが成長し続けることで、自然と38億人にいるインターネットユーザーと仮想通貨経済との接点が生まれ続けるからです。この点において、BraveBrowserは、ビットコインよりはるかに重要な役割を果たしていると言えます。

Braveに、BInanceのトレーディングウィジェットが追加されました。新規ユーザーの仮想通貨との接点を作る上でとてもよい機能追加だと思います。

Brave Browserの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

LINK

ChainLinkのユーザーに、新たにKAVAが加わりました。Kavaは、COSMOS HUBに参加しているMakerDAOの競合です。担保評価をする際の参照価格としてChainLinkを使うことが目的です。これでまたChainLinkのソフトウェア価値が高まりました。

その他、ChainLinkの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

 

0x

DEX市場で、0xの伸びが顕著です。合計で、UniswapとKyberにつぐ3位まで浮上してきています。素晴らしい進展です。

その他、0xの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

OGN

OGNが、Crypto.comのDEXにもリストアップされました。分散型コマースは、将来、Amazonをも超えてくると見ているので、期待大です。

その他、OGNの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

以上になります。

みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は全て自己責任です。

関連記事