アルトコイン週次分析 -2020.04.06-04.12-BATの数字進捗が更に改善。LINKは一気に価格回復。

僕が投資しているアルトコインの週次分析で、期間は、2020.04.06-04.12です。

しばらくアルトコイン市場の相場展開全体が、ビットコイン次第の状態が続くと見ているため、個別チャート分析はせずに、個別銘柄の中で、特に注目すべきアップデートがあったものを中心に取り上げます。

ETH,TRX,EOS

まず、ETHを含む3大BaaSの数値です。いずれも堅調に推移しています。特にETHのベース数値の伸びが少しずつよくなってきているように思います。

 

BAT

 

つづいて、BATの基本数値のアップデートです。特に、ここが成長していることは重要と考えています。なぜねら、BraveBrowserは、プロダクトポジショニングとして、プライバシーコントロールが優れたブラウザ+広告システムが、ユーザーを惹きつけるポイントになっており、そこに仮想通貨経済が組み込まれているからですね。つまり、ここが成長し続けることで、自然と38億人にいるインターネットユーザーと仮想通貨経済との接点が生まれ続けるからです。この点において、BraveBrowserは、ビットコインよりはるかに重要な役割を果たしていると言えます。

先週はパブリッシャーの伸びが、更によくなってきています。毎週平均2%台だったのが、先週は、3.6%、そして、今週は、4.14%と更に改善してきています。その影響で、BATのアドレス保有者の成長率も2倍の1%台から2%に入っています。

Brave Browserの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

LINK

 

LINKの週足のチャートです。先週一気にモメンタムを回復しました。他のアルトに比べて勢いが圧倒的にありますね。ようやく個人投資家が、本質的な価値に気づき始めたことに期待です。

ChainLinkの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事にまとめています。

関連記事