アルトコイン週次分析 -2020.04.13-04.19-イーサリウムとNKNが共に世界大手ウェブサービスに採用される。着実な進捗。

僕が投資しているアルトコインの週次分析で、期間は、2020.04.13-04.19です。

しばらくアルトコイン市場の相場展開全体が、ビットコイン次第の状態が続くと見ているため、個別チャート分析はせずに、個別銘柄の中で、特に注目すべきアップデートがあったものを中心に取り上げます。

こちらの内容はYoutubeにもまとめています。合わせて参考にしてください。

ETH,TRX,EOS

まず、ETHを含む3大BaaSの数値です。ETHの数字の伸びがとても堅調ですね。3ヶ月ほど前は、3大BaaSの中では、一番、24hのアクティブユーザー数が少なかったのですが、今では、1位のTRONの背中が見えるところまできました。トランザクション数も並行して伸びていますからよい傾向です。

素晴らしいニュースが入ってきました。ソーシャルキュレーションサイトのRedditが、Ethereumを使って、トークンエコノミーを導入する予定とのことです。前から噂にはなっていたことなので、いよいよという具合ですね。Redditは、月間アクティブユーザーは430万人います。投稿者や良質コメンテーターは、自分のカルマスコアに応じて報酬がRedditトークンによる報酬がもらえるようになります。一般個人が仮想通貨に触れる機会が増える素晴らしい機会なので、とても期待しています。

BAT

 

つづいて、BATの基本数値のアップデートです。特に、ここが成長していることは重要と考えています。なぜねら、BraveBrowserは、プロダクトポジショニングとして、プライバシーコントロールが優れたブラウザ+広告システムが、ユーザーを惹きつけるポイントになっており、そこに仮想通貨経済が組み込まれているからですね。つまり、ここが成長し続けることで、自然と38億人にいるインターネットユーザーと仮想通貨経済との接点が生まれ続けるからです。この点において、BraveBrowserは、ビットコインよりはるかに重要な役割を果たしていると言えます。

先週・先々週とかなり好調な伸びが続きましたが、今週はいつもの平均レベルに戻りました。

Brave Browserの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事」にまとめています。

NKN

NKNが素晴らしい実績を出したました。中国のバイデュグループが保有するビデオストリーミングサイトのiQiyi(月間アクティブユーザーは2019年1月時点で4.5億人)がNKNのP2PCDNサービスを採用しました。いよいよ僕が以前から伝えているP2PCDN市場が投資家にも注目されてくる実績が整ってきていると言えます。

NKNの技術分析、チーム分析、戦略評価などについては、「こちらの記事にまとめています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は、自己責任です。

関連記事