草津温泉1泊2日の旅-湯畑周辺の素泊まりプランがオススメ

先日、草津温泉に1泊2日で行ってきたので、旅の記録をまとめておきます。

草津温泉までのアクセス

一番、便利な生き方は、JR上野駅から出ている「特急草津号」を使うことです。ただ、本数が限られているため、事前にこちらの時刻表をチェックすることをオススメします。

特急草津号時刻表サイト

特急草津号が出る近くの改札口は、車中のお弁当やお酒のお店がとても充実しています。できれば、出発時刻の20分前には駅について買い出しすることをオススメします。プラスチックのシャンパングラスなどもあってとても便利です。

草津温泉は、かなり山の中にあることもあり、この特急は、草津温泉の温泉街までには通じていません。「長野原草津口」という駅が終電です。約2.5時間で到着します。

長野原草津口駅に到着すると、特急の到着時刻に合わせて、草津温泉の温泉街までいくバスがあります。駅を出たらすぐわかる場所に止まっているので迷うことはないでしょう。一人片道700円です。

30分程度で、温泉街近くの大型バス停に到着します。タクシーだと20分ぐらいで、金額は5,000円弱ぐらいですね。

湯畑

草津と言えば、「湯畑」です。草津は源泉温度が90度近くと非常に高いため、そのままでは入れません。しかし、湯量が豊富なので、だいたいどこも「源泉掛け流し」で入ることができます。ただ、昔は、現代のような冷やす技術がなかったので、湯畑という木製の小川のよう仕組みを作って、外の空気に晒してお湯を冷ましていたのですね。今では、見世物になっています。ただ、ポイントは、宿は、湯畑周辺が一番オススメということです。

なぜか?というととても便利だからですね。草津は、実は「素泊まり」宿が豊富にあります。ご飯の心配をする人も多いと思いますが、この湯畑周辺に、結構レベルの高いご飯屋さんが複数あります。

コスパでいうと、素泊まり+外食が、一番満足度が高いですね。湯畑の近くにコンビニもあるので、お酒やおつまみも充実してますし、その近くにテイクアウト可能な焼き鳥屋さんがあったりもします。

また、この湯畑から、草津のゲレンデまでの無料シャトルも出ています。なので、スキー・スノボ目的の草津旅行でも、湯畑周辺はかなり便利になっています。我が家は、温泉50:スキー・スノボー50ぐらいで楽しみたいので、湯畑周辺に滞在することが多いです。

オススメ素泊まり宿

今回は、こちら素泊まり専門宿の「佳乃や」さんにしました。

湯畑の宿「佳乃や」

オススメレストラン

素泊まりする方向けにオススメのレストランをこちらにのせておきますね。

湯畑草菴

湯畑の目の前にある足湯カフェです。ただ、ここのメニューにあるローカルフードの「おっきりこみ」という味噌煮込みうどんは、かなり美味しいです。2階が素泊まり専門の宿にもなっており、とても綺麗なので滞在先としてもオススメです。

龍燕

その近くのビル2階にある中華料理店です。ここの春巻きとシュウマイは抜群に美味しいです。ボリュームもかなりあります。また、生ビールの入れ方がとても上手で、これも素晴らしいですね。

三國家

ローカルフードの田舎そばはオススメです。また、天ぷらがかなり美味しいので、必ず頼むといいでしょう。ここはだいたい何を食べても美味しいお店です。ただ、注意は、そばも含めてネタが切れると店じまいしてしまい、かつ予約は受け付けてくれませんが、人気店で並んでいることも多いです。一番並ばずに食べる方法は、昼ごはんに11時オープンなので、5分ぐらい前に行くとそのまま入れることが多いです。

和牛ビストロ 三國家

上の蕎麦屋さんが、別に出しているお店で、和牛専門店です。ここも、レベルが高いお店です。色々なビーフメニューが楽しめるので、焼肉屋よりはいいと思いますね。

食事処たむら

草津で唯一「うなぎ」が食べられるお店です。味もよいので、我が家はよくいきます。難点は、お店が湯畑から歩いて20分ほど、草津熱帯園よりさらに奥にあることですが、散歩がてらいくつもりで向かうのがよいでしょう。特にきになる距離ではないです。

みなさんの草津温泉のプラニングの参考にしていてだければ幸いです。

by
関連記事