僕が、なぜ、EthereumのトークンETHに投資するのか?

EthereumのトークンETHの投資評価について、まとめましたので参考にしてください。僕のポートフォリオ戦略においては、BaaSが該当します。

こちらの内容は、Youtubeにもまとめています。日本語字幕です。合わせて参考にしてください。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。

ブロックチェーンアプリ開発者にとって、事業の初期段階でP2Pのコンピューターリソースを獲得するのは大変な作業であると言うこと。

詳しくお話しします。

 

 

まず、現在のインターネットのインフラは、GAFAに代表される巨大IT企業が全て支配しています。これらの会社は、P2Pコンピューターネットワークでは運営されていないので、ブロックチェーンの思想と真逆のシステムです。

ですから、これからブロックチェーンを使ったアプリ開発をしたいと考えているプログラマはどうしなくてはならないか?

 

こちらのトークンエコノミー のマトリックスで示しているように、リワード経済や証券経済、ネットワーク効果など様々なことを考えなくてはならず、その上で、DAO型のP2Pコンピューティングネットワークも自前で構築するとなる大変すぎるのですね。

 

この裏方の仕事、つまり、DAO型のP2Pコンピューティングネットワークのリソースを提供してくれるのがBaaSです。

実は、これは、インターネット産業の発展においても同じことが起きているので、とても参考になります。

 

 

 

それは、上の図にあるように2006年から2007年にかけておきた「コンピューティング・ビックバン」と言われる現象です。このときから、アプリが大量に市場に出回るようになったのですね。このお陰で、インターネット産業は、一気に大きく成長しました。非常にインパクトのある出来事でした。

そのキッカケとなったが、中央集権型クラウドのアマゾンのAWSと、アップルのiPhoneです。BaaSと関連しているのは、前者です。

AWSが普及する前は、アプリ開発者は、データセンターを借りる必要がありました。毎月、最低、数十万円は支払う必要がありました。お金がとてもかかったのですね。だから、なかなか簡単にアプリを作ってリリースすることができませんでした。

しかし、AWSがこの問題を解決してくれました。なんと秒単位で課金してくれたのです。この場合、ユーザーが少ない段階であれば、毎月数千円の支払いですみます。このお陰で、たくさんのプログラマがアプリを開発するようになったのですね。

BaaSは、このAWSのブロックチェーン版です。ブロックチェーンの世界では、AWSのようにサーバーはアマゾンが中央集権的に管理しているのではなく、ビットコインのマイナーと同じで、みな自分の自由意志でネットワークに参加して来ますから、イーサリウムは、このマイナー達をアプリ開発者に変わって大量に集めてくることで、その上で、誰でも簡単にあブロックチェーンを使ったアプリを提供できる世界を作り出しました。

つまり、このペインポイント解決は、ブロックチェーン産業の発展にとって、とても重要ということです。

では、ここからこの点を踏まえてプロダクト分析を進めていきます。

 

プロダクト分析

 

では、ここからこの点を踏まえてプロダクト分析を進めていきます。

まず、BaaS市場は、成熟段階に入っており、イーサリウム、TRON、EOSの三強体制がほぼ固まってきています。そして、何より、この業界には、強力な「1st Mover Advantage」が働き、その恩恵はBaaS第1号のイーサリウムが受けています。

まず、イーサリウムのシステム全体像について理解を深めましょう。

こちらの図を見てください。

BaaSの下に、マイナーたちがいます。彼らは、コンピューター資源とネットワーク資源を提供してくれています。

そして、上に、ブロックチェーンアプリが動いています。これらは、イーサリウムを使ったメジャーなブロックチェーンアプリの一部です。

アプリを運用するために、マイナー達のコンピューターやネットワークを使いたいアプリ提供者は、まず、ETHを購入し、そのETHと一定の交換レート取引されているGASを購入します。このGASが利用料であり、マイナーの報酬です。

GASは、多く支払うほどマイナーが儲かるため、マイナーは優先的にそのアプリに関わる仕事を処理してくれます。つまり、ここには競争原理があります。多く報酬を払えるブロックチェーンアプリほど、マイナー達から優先的にコンピューターやネットワーク資源を提供してもらえると言うことは、一部のアプリにマイナーリソースが集中してしまうリスクがあります。この点は、AWSと大きく異なります。AWSは、料金レートが一定なので、一極集中が起きるリスクはありません。

参考までに、これは、BaaSの将来的な課題として議論される対象の一つで、ネットワークコンジェスチョン問題といいます。解決策も活発に議論されています。

そして、これが、ETH-GASステーションのサイトです。ここから、アプリ開発者が、GASを購入します。ETHは、取引所などで購入します。

ランキングも表示されており、どのアプリがヘビーユーザーかもわかります。USDTを提供するTetherや、DEXプロジェクトの0xがヘビーユーザーですね。

そして、イーサリウムを理解する上で、重要なのが、このスライドです。

中央集権型クラウドとBaaSと言う非中央集権型クラウドを比較したものです。クラウドコンピューティングシステムは、一般的に3つの機能を持っています。トランザクション処理システム、ストレージシステム、そして分析システムです。

そして、BaaSと言うのは、この図でいうとトランザクション処理システムのことを指します。ブロックチェーン自体が、トランザクション処理システムの技術だからです。ストレージ機能や分析機能は持っていません。

なので、ブロックチェーンの技術を拡張してそれらの機能性を持たせていく必要があります。

この点が、イーサリウムと他のBaaSを比較する上でのヒントにもなります。

では、いつものバリューカーブ・プロポジショニング分析をしていきましょう。

3大BaaSであるEOSTRONと比較します。

まず、機能性においては、イーサリウムは、実はEOSに比べて劣ります。ストレージシステムと分析システムを現時点で持っていないからです。そして、EOSはリリース時点からPoSで運用されており、TRONは、COSMOSに近いDPoSで稼働しています。一方、イーサリウムは、現在、PoWからPoSに移行を進めています。BaaSと言うソフトウェアの性質を踏まえると、PoWは、トランザクション処理システムにしか向かないため、PoSの方が圧倒的に望ましいです。

また、イーサリウムやEOSは、自前のアプリを持っていませんが、TRONDliveBitTorrentなどを自前で持つ垂直統合戦略で差別化を計っています。

その上で、イーサリウムの強さを圧倒的に支えているのは、何か?というと間違いなく、1st Mover Advatnage(先行者益)にあると評価しています。これは、ブロックチェーン産業ならではの特徴です。インターネットやパーソナルコンピューター産業では、1st Mover Advatnageの法則は働いていませんが、ブロックチェーン産業では強烈に効いています。詳しく知りたい人は、僕の1st Mover Advatnageに関する動画を参照してください。

その結果が、こちらの図ですね。BaaSの時価総額合計のTop10を比較したものです。2019年のデータです。

 

オレンジが各BaaS単体の時価総額で、ブルーがその上で稼働するブロックチェーンアプリの時価総額の合計です。イーサリウムが、圧倒的ですね。

それは、イーサリウムが、業界初のBaaSと言う1st Mover Advatnageを獲得しているからです。ICOというキラーソリューションもイーサリウムが生み出しました。つまり、他のプレイヤーは、基本そのコピーです。

今後、アルトコイン市場が育ってくることで、イーサリウムのこのブルー領域はさらに伸びることが予想され、これによって、イーサリウムの1st Mover Advatnageがさらに強化され、不動の地位を確立していくと見ています。

チーム分析

 

次にチーム分析です。イーサリウムは、DAOも進んでおり、開発コミュニティもかなり発達しているので、必ずしもチーム分析が重要なプロジェクトではなくなっている点は、注意してください。

僕がキーメンバーと見ている4人です。


まず、イーサリウムの考案者であり創業者のビタリックですね。僕は、2014年に日本で彼に会ったことがあります。彼は、今は、リサーチャーと言う立場で活動しています。イーサリウムのDAO化に配慮し、Linuxのリーナス・トーバルズのように支配的な立場を取らないようにしています。

次に、宮口あやですね。彼女は、イーサリウム財団のエグゼクティブ・ディレクターとして、イーサリウムのエコシステム開発に取り組んでいます。実は、僕は、彼女がKraken時代に一緒に、Mt.Gox

事件直後から、日本の仮想通貨・ブロックチェーン市場を正常化し、立ち上げる活動を一緒にしてきた仲間の一人で、業界の友人でもあります。非常に人格が優れた女性です。

また、現在はイーサリウムの開発や活動には積極的に関わってはいませんが、重要な貢献者が二人いますね。

一人は、Gavin Wood。元CTOです。イーサリウムの全体のアーキテクチャの設計と実装をリードした優秀なコンピューターサイエンティストです。現在は、ブロックチェーンインターオペラビリティやWeb3.0の活動に主軸を移しており、COSMOSの最大競合のPolkadotを率いています。

もう一人が、Joseph Lubinで、元COOです。イーサリウムの全体のオペレーションを統括していた人物で、今のこの役割は、宮口あやに引き継がれています。

彼は、現在、イーサリウム上のブロックチェーンアプリ開発を普及させるためのスタートアップスタジオであるConsensysを立ち上げ、活動の主軸をそちらに移しています。

 

チームの実行力分析

次に、このチーム構成を踏まえた上での実行力の評価ですね。

こちらは、dapp.comからのデータです。同じく、EOSTRONと比較します。

まず、アプリ数は,唯一1,000を突破しており圧倒的ですね。

トランザクションの金額合計は、日によってブレることが多いので、参考程度に見ています。

一番注目しているのは、アクティブユーザーとですね。昔は、TRONEOSに比べて劣っていたのですが、今では完全にNo.1になりつつあります。これは、イーサリウム上で動くブロックチェーンアプリ自体の成長を意味しています。有望なアプリを複数抱えているので、今後も楽しみです。

そして、トランザクション数は、まだ、TRONEOSに比べて劣りますが、順調に伸びています。

次にアプリのカテゴリ分析です。

まず、イーサリウムの最大の強みは、ゲームカテゴリが圧倒的に強いこと。これは、BaaSが中長期で生き残る上で僕が重要視しているポイントです。なぜか?

ゲームアプリが、COSMOSなどを使って自前でブロックチェーンを持って運用することはまずないと見ているからですね。ゲームは、ブラウザやSNSなどのアプリに比べてやはり寿命が短いため、自前でブロックチェーンを持つことは考えにくいです。となると、BaaSを使い続けることになります。その点で、イーサリウムは、ゲーム内トークンのNFTを業界初で提供した点も含めて、ゲームアプリ開発者向けの機能が他に比べて優れているため、この点からもBaaSとして最も成長力が高いと評価しています。

また、ブロックチェーン産業で中長期で重要な領域である、取引所、金融、SNSなどのカテゴリも他BaaSに比べて圧倒的に強いので、やはり、BaaSNo.1プレイヤーと評価できます。

トークンエコノミー 分析

次に、トークンエコノミーです。

BaaSは、5番目が該当します。証券経済とDAOが特に重要ですね。ネットワーク効果はBaaSはそこで重要ではないのですが、イーサリウムに関しては、独自の見解があるので詳しくお話しします。

こちらを見てください。

 

先ほどお話ししたように、アプリ開発者の負荷を下げると言うのがスタートポイントです。すると、ICOIEOがイーサリウム上で増えますが、一つの課題は、ETHが資金調達したスタートアップがETHを売ることで、ETHの下落圧力が強まるため、証券経済としてあまり望ましくありません。

そして、PoSに移行するETHは、インフレ型がほぼ確定になります。PoSで供給制限型のモデルはまだ優れたアイデアが出てきていないからですね。

すると、インフレとICOによる売り圧力があるため、価格が上がりにくくなってしまいます。

その点を踏まえた上で、ブロックチェーンアプリが成長していくとアクティブユーザーが増えて行きますから、当然、GASの需要は増える。すると、ETHの買い圧力も増えてきます。

ここから、独自の見解で、鍵は、MakerDAODAIです。なぜか?

現時点で、ICOによるETHの売り圧力が課題になっているのは、ICOしたプロジェクトが、ETHを法定通貨に変えてしまうからです。社員などへの人件費を払うためですね。つまり、ETHとは全く関係のない外の世界にETHを換金してしまうことになり、純粋な売り圧力が生まれてしまいます。

しかし、MakerDAODAIのようにイーサリウムを使ったステーブルコインが、一般の加盟店、つまり、スーパーなどでも利用されるようになると、法定通貨に交換する必要がなくなります。そして、DAIのトランザクション処理には、GASが必要になるため、これが、ETHの買い圧力上昇につながります。

つまり、DAIの加盟店ネットワークが拡大することは、ETHの証券経済としての価格上昇力を作り出すネットワーク効果が得られると言うことです。

最後にガバナンス、つまり、DAOについてです。BaaSなのでとても重要ですね。今、絶賛、開発中というところで、そこの動き自体、初期のメンバーの影響力は低く、開発コミュニティなどが自律的に構築する動きをとってきているため、とてもよいと思います。

 

ハイプサイクル分析

最後に、ハイプサイクル分析ですね。

いつものガートナーのブロックチェーン産業のハイプサイクルの最新マップをベースに話をします。

BaaSとしては、まず、この本格的な成長期に入りつつある「Blockchain」の領域です。しかし、黎明期に該当するところで、「DAO」や、先ほどのMakerDAODAINFTとの組み合わせによる「SmartAsset」にも該当することをやっているため、この辺りはとても将来性が高いと思います。

 

総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、ペインポイントは5.0です。BaaSは、ブロックチェーン産業の発展の不可欠と言えます。

次にプロダクトは4.5にしました。背景は、PoSへの移行とまた、EOS同様のほか機能の拡充がまだ追いついてない点です。しかし、1st Mover Advantageを持っているので、いずれ克服していくと見ています。

次にチームは、文句なしの5.0ですね。

その点もあり、実行力も5.0です。文句なしの結果が出ています。


トークンエコノミーも5.0にしました。先ほど話をしたMakerDAODAIとの組み合わせのネットワーク効果を評価しているのと、DAOへの取り組みが、他BaaSと比べても最も進んでいるプロジェクトの一つだからです。


ハイプサイクルは、すでに本格成長段階に入りつつあるBaaS市場と言う視点を配慮して、4.5です。

合計点は、29です。十分投資する価値があると思います。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事