mrmasaのKlaytn by KakaoのトークンKLAYの投資評価

 

こんにちわ。mr.masaです。

今日は、Klaytnのファンダメンタル分析についてお話しします。Klyatnは、韓国最大のメッセンジャーアプリであるKakaoによって運営されているブロックチェーンプロジェクトです。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略(詳しくは「こちら」)における、Klaytnの該当カテゴリはこちらの2つです。すでにKakaoという大きなプラットフォームを持っているので、BaaSと自前も含めたDappsという垂直統合型のプロジェクトになっています。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。詳しくみてきましょう。

一つ目、ペインポイント分析です。

ペインポイント分析

ブロックチェーンアプリ開発者にとって、事業の初期段階でP2Pのコンピューターリソースを獲得するのは大変な作業であると言うこと。

詳しくお話しします。

 

まず、現在のインターネットのインフラは、GAFAに代表される巨大IT企業が全て支配しています。これらの会社は、P2Pコンピューターネットワークでは運営されていないので、ブロックチェーンの思想と真逆のシステムです。

ですから、これからブロックチェーンを使ったアプリ開発をしたいと考えているプログラマはどうしなくてはならないか?

基本的に、このコンピューターリソースを自前で持ってこなくてはなりません。しかし、これはとても大変です。そこで、この裏方の仕事であるP2Pコンピューティングネットワークのリソースを提供してくれるのがBaaSです。

こちらのトークンエコノミー のマトリックスで示しているように、リワード経済や証券経済、ネットワーク効果など様々なことを考えなくてはならず、その上で、DAO型のP2Pコンピューティングネットワークも自前で構築するとなる大変すぎるのですね。

この裏方の仕事、つまり、DAO型のP2Pコンピューティングネットワークのリソースを提供してくれるのがBaaSです。

実は、これは、インターネット産業の発展においても同じことが起きているので、とても参考になります。

それは、2006年から2007年にかけておきた「コンピューティングビックバン」と言われる現象です。このときから、アプリが大量に市場に出回るようになったのですね。このお陰で、インターネット産業は、一気に大きく成長しました。非常にインパクトのある出来事でした。

そして、そのキッカケとなったが、中央集権型クラウドのアマゾンのAWSと、アップルのiPhoneです。BaaSと関連しているのは、前者です。

AWSが普及する前は、アプリ開発者は、データセンターを借りる必要がありました。毎月、最低、数十万円は支払う必要がありました。お金がとてもかかったのですね。だから、なかなか簡単にアプリを作ってリリースすることができませんでした。

しかし、AWSがこの問題を解決してくれました。なんと秒単位で課金してくれたのです。この場合、ユーザーが少ない段階であれば、毎月数千円の支払いですみます。このお陰で、たくさんのプログラマがアプリを開発するようになったのですね。

BaaSは、このAWSのブロックチェーン版です。ブロックチェーンの世界では、AWSのようにサーバーはアマゾンが中央集権的に管理しているのではなく、ビットコインのマイナーと同じで、みな自分の自由意志でネットワークに参加して来ますから、BaaSは、このマイナー達をアプリ開発者に変わって大量に集めてくることで、その上で、誰でも簡単にブロックチェーンを使ったアプリを提供できる世界を作り出しました。

つまり、このペインポイント解決は、ブロックチェーン産業の発展にとって、とても重要ということです。

では、ここからこの点を踏まえてプロダクト分析を進めていきます。

プロダクト分析

まず、Klaytnのプロジェクトの全体像についてお話しましょう。

モデルは、Facebookのリブラに近いです。

Kakaoのグループ企業を基点に企業連合を作り上げて、BaaS プロジェクトを立ち上げています。

スマホメーカーのLGや、オンライン銀行のUnion Bankなども参加しています。この点を踏まえると、彼らは、Libra同様にパーミッションブロックチェーンのBaaSとしてスタートを切っています。

この点を踏まえて、

では、いつものバリューカーブ・プロポジショニング分析をしていきましょう。

最大BaaSであるイーサリウム、そして、Klaytnに近いプロダクトポジショニングであるLINEのLINK+BitBox、そして、FacebookのLibraと比較します。

まず、Klaytnは、世界初のBaaSではないため、イーサリウムが持つ1st Mover Advantageは持っていません。ですから、的確な差別化戦略が求められます。

LINEは、すでにBitBoxという取引所を運営していますが、Klaytnはこの領域には進出していないですね。代わりに、Kakao Payや韓国ではかなり普及していおり、また、独自ゲームの優良タイトルも複数抱えているので、このあたりが強みになってきます。

その上で、SNSビジネスとしては、韓国では圧倒的No.1ですが、グローバルではさすがにFacebookファミリーには全く太刀打ちできていません。

この3社比較で行くと、韓国市場をベースにしつつ、強みの独自アプリと決済ネットワークのモデルでどこまで海外に出ていけるか?というのが分析の焦点になってくると思います。

まず、イーサリウムとの比較を深く見ていくと、まず、この1st Mover Advnatageの威力を理解しておくことが重要です。

 

こちらは、BaaSのTop10を比較したグラフです。オレンジがBaaS単体の時価総額、ブルーが、その上で稼働しているDappsの時価総額の合計です。イーサリウムが圧倒的にですね。これが、ブロックチェーン業界における1st Mover Advantageの威力です。

現在、Klaytonはこのランクには入ってきていません。

そして、イーサリウムの上では、Klaytnの企業連合と互角以上の様々なDappsプロジェクトが動いています。例えば、ステーブルコインのMakerDAOや、DEXでは、Kyber、0x、Uniswapなど。決済では、Crypto.com、広告はBraveBrowser、純粋なDappsとして、OriginやDENTなどです。これ以外にも2,000近いDappsがイーサリウムの上で稼働しています。

そして、もう一つ深く見ておくべきは、FacebookのLibraですね。世界最大のSNS事業を展開しています。まず、Facebookだけで2017年時点で、20億人の月間アクティブユーザーを持ち、インスタグラムは7億人、WhatsAppとMessengerは12億人です。

それが、Libraの企業連合を運営しています。VISA、PayPalと行った決済系のプレイヤーがLibraから離脱してしまいましたが、それでも、かなり強力な企業連合です。

その上で、KakaoのSNSとしての実績を見てみると、月間アクティブユーザーの大半は韓国で、4500万人、韓国における普及率は87%と韓国市場は完全に抑えていますね。しかし、海外にはほとんど出て行けていません。

もう一つみておくべきは、仮想通貨取引所です。中央集権型の取引所とDEXの二つあります。現時点で、マイナーな取引所では、Klaytnは上場されていますが、大型の取引所には全く上場されていません。今後、上々される可能性はあるのか?

LINEの場合、BitBoxという取引所を自前で持っている以上、大手取引所はLINEのLINKを上場させるメリットが全くありません。一方、Klaytnは取引所はやっていないです。これがどう出るか?

大手取引所に上場された方が、圧倒的にトークンのアセットバリューは上がりやすくなります。資本アクセスが良くなるからですね。多くの企業が、アメリカのNYSEやNASDAQに上場させたいと考えるのと同じことです。

ただし、Klaytnは、すでに確立されたビジネスを持っているため、商売敵になるリスクがある点を警戒する大手の仮想通貨取引所からは敬遠される可能性があります。

次にチーム分析です。

チーム分析

僕がキーメンバーと見ている5人です。いずれも韓国ベースです。

Kakaoの創業者でChairmanのBrian氏は、韓国のIT起業家としてはよく知られた人物で、ハンゲーム、LINEの親企業であるNaverなどを育てた人物です。

次に、KakaoのCEOであるMason氏。

そして、Kakao GamesのCo-CEOであるNkay氏とLeo氏。Game DappsはKlyatnの成功にとっては重要な役割を果たすと見ています。

そして、Kakao PayのCEOであるAlex氏。LINE Payと違い、Kakao Payは韓国内ではかなり普及しているので、LINEとは異なる事業戦略の展開が可能です。

 

次に、このチーム構成を踏まえた上での実行力の評価ですね。

チームの実行力評価

こちらは、dapp.comからのデータです。現時点での、Dapp.comのデータはほとんどがB2Cアプリです。現時点では、Klaytnの実績は反映されていません。

次にアプリのカテゴリ分析ですが、こちらも数字はありません。

次に、トークンエコノミーです。

トークンエコノミー分析

Klaytnは、複数のプロダクトカテゴリで運営されています。この2つですね。Kakaoという母体があるため、このような垂直統合型のプラットフォームでも十分立ち上げていけるとは思います。

その上で、僕がKlaytnでカギとなるネットワーク効果はこのように見ています。

まず、韓国の強みであるKakao Gamesから優良なDappsが育つことで、NFTを稼げるユーザーが増えます。そして、このNFTをDEXでトレーディング可能にする。そこで稼いだお金を韓国内で普及しているKakao Payで利用できる、また利用時に、韓国ウォンを使うよりお得にする。すると、最終的にKakao自体のアクティブユーザーの増加につながるというネットワーク効果です。

当然、韓国内ではほぼ無敵だと思いますが、課題は、これをどこまで海外市場に広げていけるかだと思います。グローバルプラットフォームを狙える可能性がないと、投資対象としての検討は厳しいです。

最後にDAOです。

ここは少し疑問があります。特にKakao自体が、従業員2,000人以上を抱える公開企業であることです。果たして、イーサリウムなどと比べてどこまで本質的にDAO化できるのか?

こちらを見てください。Kakao株自体が公開株です。Klaythをそれとの比較でどこまで魅力を見いだせるのか? つまり、Kakaoに投資するのがよいのか、Klaythに投資するのがよいのかということです。トークンエコノミー の観点からここは重要です。現時点では、評価しにくい点ですね。

最後に、ハイプサイクル分析ですね。

ハイプサイクル分析

いつものガートナーのブロックチェーン産業のハイプサイクルの最新マップをベースに話をします。

垂直統合型のプラットフォームなので、該当カテゴリも多いです。

BaaSとしては、まず、この本格的な成長期に入りつつある「DLT」の領域や「Blockchain」領域が該当します。一方、自らブロックチェーンアプリも提供でき、特にゲームカテゴリ、Blockchain in Gamesのカテゴリでの成長や、Kakao Payをブロックチェーンで運用するなどの可能性もみることができます。

多くのBaaSがターゲットしている「DAO」は正直どこまでやりきれるかは微妙と見ています。かなり大変ですからね。そして、「SmartAsset」はGameにおけるNFTを使うことで、大きな成長が期待できます。

総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、ペインポイントは5.0です。BaaSは、ブロックチェーン産業の発展の不可欠と言えます。

次にプロダクトは、4.5にしました。BaaSから独自Dapps、そして決済も抑えられているので、かなり競争力があるプラットフォームだと思います。

次にチームですが、Kakaoのリソースを使うことができるので強いです。ただし、DAO化を最後までやりきれるか不透明なので、その点を踏まえて、4.5にしています。

チーム実行力は、こちらもKakaoの経営資源をフル活用できる一方、海外展開の部分が厳しいと見ている点も踏まえて、4.5です。

トークンエコノミーも3.0です。理由は、やはり、海外市場への展開が可能なグロースメカニズムを作り出せないと、すぐに成長が止まってしまうため、現時点で、海外拡張が積極的に起こりそうな状況は見えていないので、その点を踏まえての評価です。

ハイプサイクルは、複数のカテゴリには該当しているのですが、やはり、プロジェクト自体が、Kakaoが、他のブロックチェーンベンチャーに負けないため、守るための性質が強いため、強烈な成長ポテンシャルを見出せない点から、3.0にしています。

合計点は、24.5です。僕の投資基準の裁定は25.0以上なので、残念ながら基準クリアならずです。韓国市場以外に一気に拡張していける可能性が見出せるまでは、25以上のスコアになることはないというのが基本的な考えです。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事