僕が、なぜ、BancorのトークンBNTに投資するのか?

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

 

こんにちわ。mrmasaです。

今日は、BancorのトークンBNTの投資評価についての話です。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、BNTの該当カテゴリは、こちら4つ目のT2T DEXの領域ですね。DEXは、仮想通貨市場にとって非常に重要な役割を果たす領域だけに、競合も多いです。現在、仮想通貨の売買は、中央集権型取引所が主流ですが、5年以内には、DEXに取って代わられると見ています。Bancorはその有望株の一つです。


分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。ここは2つあります。


まず、一つ目のペインポイントです。それは、ユーザーは、一つのアカウントで、たくさんのアルトコイン投資をやりたいということですね。

わかりやすい事例として、ブロックチェーンはインターネットの次の破壊的テクノロジーとして話に登ることが多いので、インターネット企業を見てみたいと思います。

現在、インターネット産業には、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどをはじめ、1,000億円の時価総額を超える会社が、世界に数百社います。

単純に考えれば、ブロックチェーン市場にも同じぐらいのプロジェクトが出てきても全く不思議ではありません。

しかも、創業間もないベンチャーに投資できるのが仮想通貨投資の魅力の一つなので、将来的に生き残る会社が結果的に数百社に絞られてくることを考えれば、母集団のベンチャーの数は数千から数万に登ることは想像に難くありません。ベンチャーはたくさん倒産しますかね。

しかし、今の仮想通貨取引所は、使っている人はわかっていると思いますが、取引所によって上場されている銘柄に違いがあったりします。

二つの取引所にそれぞれアカウントを持つならまあガマンできますが、これが4つとか5つとかになってくると正直、かなり不便です。ですから、DEXにはこの問題をきちんと解決することが求められているわけです。

そして、二つ目のペインポイントです。それは、中央集権型取引所のハッキングリスクの高さです。

中央集権取引所は、ハッカーに狙われやすいです。仮想通貨取引所は、過去、合計で1500億円近いハッキング事故を起こしており、すべて、中央集権型の取引所で発生しています。なぜか?

こちらは、DEXプロトコルの一つ0xのホワイトペーパーからの抜粋ですが、要するに、中央集権取引所は、一つのシステムにユーザーが保有・または売買する仮想通貨をプールして持っているため、一度のハッキングで、何十億という規模のお金が手に入る可能性があります。だから、ハッカーは狙うインセンティブがあるのですね。

一方、DEXはこととは全く異なります。ユーザーのウォレット単位で保有する仮想通貨が、分散しています。

このレベルまで分散していると、ハッカーにとっては、ハッキングする意欲が損なわれます。なぜなら、一つのウォレットアカウントをハッキングする労力は、一つの中央集権型取引所をハッキングする労力と同じなのに、手に入る可能性通貨の量が個人保有レベルだからですね。しかも、どのウォレットのどの仮想通貨がどれぐらい保有されているかは、アタックしてみないとわかりません。

このような状態にあるDEXを「No-Cutodian」型、つまり、カストディーサービス(保管サービス)を持たないシステムと呼んでいます。

ですから、DEXに求められるペインポイントをまとめると、

  • 1つは、ユーザーは、一つのアカウントで、豊富かつ流動性の高いアルトコインの売買ができる環境を求めている。
  • もう一つは、カストディーサービスを持たないシステムである。

ということです。

この点を踏まえて、次のプロダクト分析に移っていきます。

プロダクト分析

まず、Bancorについて一つ理解しておくべきは、彼らは元はICOプラットフォームとして創業されているのですね。なので、DEXにピボットを踏んだのは最近のため、DEX市場では後発組です。ただ、武器の一つは、2017年のICOで153億円集めていることです。資金力は豊富です。

そして、いつものバリュカーブ分析です。

比較対象として、中央集権型取引所のNo.1であり、DEXにも取り組んでいるBinance、そして、Bancorと同じDEXプロトコルのUniswap、KyberNetwork、0xを入れています。

Bancorのユニークな点は、DEXとして、扱っている仮想通貨やブロックチェーンゲーム内の仮想アイテムを中心としたNFTである点と、DEXとして初めからDAOに取り組んでいることです。

このNFTであるところが、まず論点の一つです。Binanceも含めて、今の中央集権型取引所の大半は、ビットコインとアルトコインの取り扱いがメインです。だからこそ、BancorなどのDEXプレイヤーは異なるユーザー層をターゲットするために、NFTから市場参入しているわけですね。しかし、取引規模でいうと現時点では、アルトコインの方が圧倒的に大きいです。しかし、まだ仮想通貨自体のマスアダプテーションが開始しているわけではありません。特に、マスアダプテーションの鍵の一つは、ブロックチェーンゲームにあると考えています。

その点からすると、DEXが、今のBinanceが強みを持っているアルトコインから立ち上がることになるか、それとも、NFTから立ち上がることになるか、ここは未来を読むのが難しいポイントです。こういう場合は、両方に投資するのが的確なポートフォリオバランスの取り方だと考えています。

また、Non-Custodian型であることは、当然ですね。

しかし、Non-custodian型のシステムではいえば、中央集権取引所から事業をスタートしているBinanceは、0xやKyberNetworkに比べてテクノロジー面で劣ります。

一方、Binanceは、BaaSプロジェクトのステイキングサービスも提供できていることで、トレーダーだけでなく、長期投資家も惹きつけることができています。この辺りは、今後のDEXにも必要になってくるでしょう。

なので、DEX市場は、まだ中央集権型取引所に対して圧倒的優位性を持ったプロダクトが出てきていないと言えます。

それらの点を踏まえて、Bancorのテクノロジーについて、1つだけ触れておきます。

彼らは、SmartTokenというBNTトークンを活用したDEXトランザクション処理を採用しています。これは、例えば、BATとUSDTを売買する場合、異なるブロックチェーン間の取引で実行すると処理に時間がかかってしまうため、間にBNTトークンがSmartTokenとして仲介することで、取引処理を早めるための工夫です。あらかじめ、投資家が預けているBATやUSDTに同量のBNTトークンを割り当てておき、実際に売買が行われる場合は、そのBNTの所有権を移動させるだけにするという工夫ですね。

チーム分析

次にチーム分析です。僕がキーメンバーと見ている6人です。全員がイスラエルベースです。

まず、Guyは、シリコンバレーでも2社のテックベンチャーを創業し、売却した経験のある連続起業家です。

そして、Yudiは、その2つのベンチャー時代の共同創業者で、常にChief Architectとして技術面を見てきた同じく連続起業家です。

そして、Eyalは、イスラエル防衛省のITシステムのヘッドだった人物で、かつ、テックベンチャーの起業経験もあることから、かなり技術力の高いプロダクトアーキテクトです。

グロースヘッドのNathanielは、直前は、シリコンバレーのテックベンチャーでセールス・ディレクターをやっていた人材で、起業経験もあります。

コミュニティヘッドのAdamは、イスラエルの法務関連サイトのコミュニティヘッドをやっていた人物ですから、PR・コミュニケーションが得意な人材ですね。

インフラ・リードのEfiは、イスラエルのトップテック大学のIITでコンピューターサイエンスを専攻していた人物です。

全体構成としても、起業経験豊富な連続起業家がリードしており、非常に技術力の高く、事業開発力も高いチームです。

チームの実行力分析

次に、このチーム構成を踏まえた上での実行力の評価ですね。

こちらは、直近の中央集権型取引所とDEXの1日あたりの売買高を比較したものです。まだ、35倍ほど市場の開きがあります。

Bancorは、だいたいDEX市場では、Uniswap、Kyber、0xについで第4位か5位に入ることが多いです。

トークンエコノミー分析

次に、トークンエコノミーです。

DEXは、こちらですね。最終的には、ユーザーが、売買してくれないと流動性は上がりませんから、その点で、B2Cアプリの要素も多分にあるため、リーワード経済からネットワーク効果まで幅広く対応していく必要があるレイヤーです。

最重要のネットワーク効果についてまとめてました。

まず、投資家がDEXに参加する初期のモティベーションは、中央集権取引所では扱っていない銘柄を売買できることです。そして、投資家の増加とともに取り扱い銘柄も増え、売買高の成長とともに取引手数料も低下し、全体的に顧客満足度が上がっていきます。

すると、中間取引トークンとしてのBNTの流動性も上がるため、DEXに流動性を供給するマーケットメイカーの参加動機も強化され、これによって流動性がさらに上がっていき、顧客満足度が上がります。

その上で、Bancorの強みは、資金力です。自らマーケットメーカーになること資金力もあるため、それで初期の立ち上げを加速させることもできます。

最後にガバナンスです。Bancorは、DEXプロジェクトの中では、後発になることもあり、DAOは、Uniswap、Kyber、0xに比べると少し遅れている感があります。

ハイプサイクル分析

最後に、ハイプサイクル分析ですね。

いつものガードナーのブロックチェーン産業のハイプサイクルの最新マップをベースに話をします。DEXのプロジェクトは、ブロックチェーンを利用したAHC(Automated Clearing House)Paymentが該当します。ACHは、分散型の銀行間送金ネットワークで、DEXもこれをブロックチェーンを利用することで、送り手と受け手の間でよりセキュアで高速な送金を実現しようとしていることと本質的には同じです。目的が送金ではなく、投資の売買であるということですね。なので、まだ黎明期の段階です。

BNTの投資の総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、DEXはこの業界にとって非常に重要なカテゴリの一つになり、ペインポイントの内容もクリアになっているので、5.0です。

そして、プロダクトもB2Cアプリレベルまで作り込まれており、インフラ側の技術もしっかりできています。しかし、1st Mover Advantageは持っていないので、4.0です。

チームは、シリコンバレーでの経験豊富な連続起業家がリードしており、セキュリティ技術に強いイスラエルの優秀なエンジニアを採用できており、ビジネスサイドも強いので、4.5です。

実行力は、ICOプラットフォームからDEXプラットフォームに切り替えて、一気に数字を伸ばしている点も評価しつつ、ただし、後発組なので、先行組に勝つにはかなり難しいと見ており、4.5です。

トークンエコノミー は、他のDEX系と基本は同じです。差別化ポイントが、中央集権取引所との取り扱い銘柄の違いなどが初期のポイントになってくるので、強力なネットワーク効果を作り出すには時間もかかることから、4.0です。

ハイプサイクルは、DEXはまだ黎明期なのでポテンシャルは高いのですが、Bancorは後発組なのでその恩恵を受ける部分は少し減ると見ており、4.0にしています。

合計点は、26.0です。先行しているUniswapなどを追い抜くのはかなり厳しいと見ていますが、DEX市場はかなりポテンシャルが大きいので、投資する価値はあると思います。

Bancorの競合の0xやKyberについてもまとめているので参考にしてください。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事