アルトコイン週次分析-2020.07.27-08.02-ETHは、BTCより一足先に2019年の最高値超え。BraveとDENTのプロダクトは益々、強化

つづいて、アルトコイン市場です。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

イーサリウム、EOS、TRONの市場動向

イーサリウム、EOS、TRONの3大BaaSからです。

dapp.comのデータです。

今週は、ETHとEOSは、穏やかな動きで、TRXの数字が伸びていますね。24時間あたりのアクティブユーザー数、トランザクション数、そして、トランザクションの総額も大きく伸びています。

また、ETHのチャート分析です。

まずは、1時間足です。

8月2日に$415をマークした後に、BTCのフラッシュクラッシュに引っ張られて急落し、$325をマークし、その後、回復基調に入っています。Bitcoinに比べて地合いの強いのがわかります。ただ、$385-388近辺に価格抵抗ラインがあるようですね。

続いで日足です。

見ての通り、上昇カーブは、ビットコインより強いです。

そして、週足です。

BTCは、去年6月24日につけた$13,970はまだ超えられていないのですが、ETHは、$366を今回のブル相場で超えてきています。これが、ETHの方が、BTCに比べてよりブルトレンドが強い証拠と言えます。

Braveの市場動向

次に、BATの動きです。

パブリッシャー数はプラス1.43%、BATアドレス保有者も0.9%と、ほぼ通常の増加率モードになっています。

関連ニュースです。

Braveにとって新たなチャンスです。Google Chromeが進めているWeb USB、Bluetooh、NFCの実装は、ハッカー達が、ユーザーがUS Bメモリなどで管理しているID・PW情報をChromeブラウザを通じて盗める可能性があるため、ハッカー達に動機付けになってしまうリスクが指摘されています。

このままChromeがこの実装を予定通り実施する場合、一部ユーザーがのChrome離れが発生する可能性もあるのため、ユーザーベースを拡張するチャンスです。

続いて、

また、Braveは、Braveのブラウザソフトを利用したVPNサービスをGuardian Appと提携して開始します。ますますエコシステム化が進んでいきますね。Orchidなど、VPN系のブロックチェーンスタートアップはますます厳しくなるでしょう。

MakerDAOの市場動向

次は、MakerDAOです。

Defiレンディング市場全体の動向を追いながら、MKRの動きを見ています。

8月3日現在のDeFiレンディング市場に供給されている資産総額は、2630億円で前週比+17.1%と引き続き、堅調に伸びています。

関連ニュースです。

MakerDAOが発行するステーブルコインのDAIが、ブロックチェーンゲームの賞金として扱うケースが出てきています。DAIの日常普及のカギになるため、いい感じです。

0xプロトコルの市場動向

次は、DEXの0xプロトコルです。

先週は、また、中央集権型取引所の数値が大きく伸びました。フラッシュクラッシュの影響もあったでしょう。DEXとの売買高の開きは、先々週の13:1から、36:1と再び押し戻された具合です。

ChainLinkの市場動向

次に、ChainLinkです。

また、ChainLinkを使った面白いユースケースの登場です。

風呂ックチェーンゲームでよく知られたタイトルのBlockLoadsが、プレイヤーのゲーム内での活動に応じた報酬システムの提供を開始し、その分配アルゴリズムのデータインフラとして、ChainLinkを活用しています。これも、他のゲームでも応用が効くユースケースですから今後が楽しみです。

DENTの市場動向

次に、DENTです。

アップルのiPhoneに次ぐ、スマートフォンのハードウェアシェアを持つサムスンが、サムスンのブロックチェーンウォレットが、DENTのeSIMのモバイルデータパックを決済手段に追加されました。これで、アンドロイドOSのスマートフォンからもDENTのモバイルデータパックが簡単にできるようになります。素晴らしい進捗です

さて、いつもの最後のスライドです。

アルトコインへの投資は、基本、創業期のGoogleやFacebookに投資するのと同じテックスタートアップ投資であることを理解してください。

ここで目覚ましい投資結果を出している投資家のレイド・ホフマンやピーター・ティール、そしてロン・コンウェイなど、みな共通しているのは「長期保有」であるということです。

 

この点は、バイナンスリサーチの結果からも裏付けられています。

長期保有者ほど、仮想通貨はリターン率が高いということです。

なので、僕も基本、個人投資家の人にはトレーディングではなく長期保有をおすすめしています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

 

関連記事