ビットコインSV、BSVの投資分析の評価について

今日は、Bitcoin SVのファンダメンタル分析についてお話しします。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、BitcoinSVの該当カテゴリは、まさにここ。デジタルゴールドの領域です。この仮想通貨業界にとって最重要の領域とも言えます。僕のポートフォリオ戦略の詳細については、「こちらの記事」を参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。

詳しくみてきましょう。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。

まず、BitcoinCashに関わるペインポイントは2つです。

一つ目は、基軸通貨ドルにのみ依存している世界経済は、リスクが非常に高く、持続性に欠けるということ。

詳しくお話しします。

まず、こちらの図を見てください。

これは、世界の中央銀行が保有する国際通貨のシェアです。IMFがまとめたデータで、2009年、2015年、2019年を定点観測したものです。

青が、アメリカドル、オレンジがユーロ、イエローが日本円、ライトブルーがイギリスポンド、そして、グレーが中国元です。

見ての通り、アメリカドルのシェアは60%を超え続けており、文字通り、世界唯一の基軸通貨です。

これが、世界の金融システムにおいて、どういうことを意味しているか?

こちらを見てください。

それは、多くの法定通貨の信用は、アメリカのドルが裏付けているということです。

これは、実際の世界の中央銀行に共通するバランスシートです。どの国の法定通貨も、このバランスシートに基づいて発行・運用されています。

法定通貨を発行する場合は、必ず、その資産の裏付けをもつことがルールになっています。言い換えれば、その裏付け資産を担保にして、法定通貨は発行されているわけです。

そして、この資産の部分の大半を占めるのが、アメリカのドルだったり米国債だったりするのですね。これは、新興国になるほど顕著です。

これがどのようなリスクを世界の金融システムにもたらしているのか?

アメリカは、大統領制によって運営されている政府です。直近の三人の大統領です。オバマ大統領のように、本当に素晴らしい人格と能力を持った人が大統領である時期もあれば、軍事産業や石油産業など一部の産業の意見を代表した人が大統領の時期もあったり、今のように、自分のことしか考えないポピュリストが大統領になってしまうときもあります。民主主義にもとづく選挙で大統領を決めていてもこういうことが起きるわけです。

つまり、アメリカの誰が大統領になるかによって、ドルの信用が大きく変化します。これは、正直、持続的な金融システムとは言えません。金融リスクが非常に高いです。

ですから、ブロックチェーンの発明が正にそうであるように、今のドル一極に依存した経済システムではなく、信用がより分散的に管理されている仕組みに移行した方が、世界経済の運営リスクが下がることが見えてきます。

そして、二つ目。

資本主義が、人間社会に、構造的な貧困と経済格差をもたらしているという事実です。

詳しくお話しします。

資本主義は、過去2世紀にわたり、人類社会に多くの問題を引き起こしてきました。資本に関わる中間搾取者を生み出しています。

これを理解するには、インターネット産業とのアナロジー(類似性)を考えるのがわかりやすいです。

インターネットのテクノロジーは、メディアの世界を非中央集権化しました。

インターネットが普及する前は、TVがメディアの中心でした。そこでは、アーティストは、自分たちの作品を、芸能事務所、TV局、広告主などの「中間搾取者」を通してしか、ユーザーに届けることができませんでした。

しかし、インターネットは、彼ら「中間搾取者」を全て取り除きました。WordPress、Youtube、インスタグラムなど、どのアーティストの作品に需要があるかは、ユーザーが直接決めることができるメディアフォーマットをたくさん生み出しました。

そのお陰で、TV時代では決して日の目を見ることがなかったたくさんのアーティストが大成功を収めています。

典型的な成功例は、モデルのイスカ・ローレンスです。彼女は、線が太いということで、モデル事務所をクビになってしまいました。しかし、彼女は、あきらめず、インスタグラムに、線の太い人でも着こなせるコーディネート写真をアップし続けることで、同じような悩みをもつ女性から爆発的な人気を得て、フォロワー数は300万を超え、今では、有名ブランドのアメリカン・イーグルと年間広告契約を結ぶまでのモデルに成長しました。

今、これと同じ問題が金融の世界で起きています。

現在の金融システムは、ユーザーが預けた余っているお金を、それを必要とする他のユーザーのだれに配分するかは、「中間搾取者」である銀行、VC、信用格付け会社が判断しています。

しかし、ポスト資本主義の社会では、インターネットで起きたことと同じように、ユーザーが直接決めることができるようになるでしょう。それを実現するプロダクトがたくさん出てくるでしょう。

例えば、アメリカの貧困・差別問題を一気に噴出された黒人ジョージ・フロイドの白人警官による暴力死は、その典型です。

アメリカの多くの黒人の人たちは、まともな金融サービスを受けることができていません。それは、彼らの多くが、貧困街に住んでいるからであり、貧困街には犯罪が多いため、銀行などから、社会的信用がないと口座開設を渋られたり、ローンを組ませてもらえなかったりします。保険についても、犯罪率が高い地域に住んでいるため、保険も加入できないか、加入できたとしても犯罪率が低い地域に住む白人に比べて高い保険料を払わなければなりません。これは、完全に悪循環です。構造的貧困と言ってよいです。

そして、世界には、同じことを理由に、銀行口座をもつことができず、きちんとした金融サービスを受けることができない「アンバンク」と言われる成人が、25億人も存在します。世界の20歳以上の成人の約53%、つまり、半数以上を占めます。

資本主義社会がもたらした、深刻な構造的な社会問題です。

しかし、今の資本主義社会には、この問題を解決する力はありません。だから、新しい経済システムを作り出す必要があります。

しかし、その新しい経済システムを作り出すにも、お金がかかります。特に人件費ですね。ですから、資本主義の社会に大量にあるお金が、この新しい経済システムに流れていく仲介的な役割を果たす触媒のような機能が必要であり、私はその役割のことを「デジタル・ゴールド」と名付けており、この役割に最もふさわしい存在が「ビットコイン」だと考えています。

プロダクト分析

では、ここから、よりプロダクト分析に進んでいきましょう。

まず、BitCoin SVの歴史について簡単にお話しします。

Bitcoin SVは、Bitcoin Cashからハードフォーク(ブロックチェーンの完全分岐)を経て、生まれた仮想通貨です。なぜ、このようなことが起きたかと言うと、Bitcoin Cashのブロックサイズを問題と考えている人々がいました。

2018年当時のビットコインキャッシュのブロックチェーンにおける1ブロックあたりのサイズは32MBでした。しかし、別のグループは、128MBに引き上げようとしました。理由は、一つあたりのブロックサイズを大きくした方が、秒間あたりの処理件数を上げることができるため、より日常決済として使いやすくなります。そして、これによって、1件あたりの処理コストも下がるため、なおよしです。しかし、ここには重要なトレードオフが存在します。ブロックサイズを上げてしまうと、より強い資金力のあるマイナーが有利になってしまうため、マイナーの寡占化が進むリスクがあります。その結果、このグループの提案は、ビットコインキャッシュのキーマン達から拒否され、彼らは、ビットコインキャッシュからハードフォークさせて、新しい仮想通貨を立ち上げることにし、これが、Bitcoin SVとなり、現在に至ります。

では、まず、いつものバリューカーブ・ポジショニングからです。

デジタルゴールドとの比較において、実際のゴールド、そして、ビットコインSVと同じデジタルゴールドとしてのプロダクト性質を持っているビットコイン、日常決済としての利用を志向していることから、ダッシュやMakerDAOの発行するステーブルコインであるDAIなどを比較対象として用意しました。

まず、みなさんに知ってもらいたいのは、1st Mover Advantageですね。仮想通貨・ブロックチェーン業界では非常に重要です。

世界初の仮想通貨であり、ブロックチェーンを生み出し、そしてデジタルゴールドとしての役割を果たしているのは、ビットコインのみです。つまり、ビットコインだけが、1st Mover Advantageをえることができます。

つまり、ビットコインSVはこのアドバンテッジを得ることはできません。そして、リーダー組織を持たないという点で、DAO(非中央集権型組織)の点からも、ビットコインは最も優れています。また、マイナーの多様性においても同じです。

さらに、同じ希少性(=供給制限性)をもつゴールドとの比較においては、偽物の作成が不可能である点と、低いセキュリティコストで持ち運べる点で、圧倒的に優れています。

また、ビットコインSVは、日常決済として利用されることを想定して生まれた仮想通貨です。その上で、絶対求められることは、「価格の安定性」です。この点で、最も強力なライバルになるのは、Maker DAOが発行するステーブルコインのDAIです。

残念がら、価格の安定性においては、ビットコインSVはビットコインやゴールドよりもボラティリティが高いため、全くDAIと勝負になっていません。

そして、1st Mover Advantageについて詳しく話をします。こちらをご覧ください。

ビットコインと他のビットコインと同じデジタルゴールドタイプのアルトコインの時価総額を比較したものです。

ビットコインが圧倒的ですね。これが、1st Mover Advantageの威力です。

この点は、仮想通貨の他の産業カテゴリでも裏付けられています。BaaS市場がそうです。こちらをご覧ください。

Ethereumと他のBaaSの時価総額を比較したものです。オレンジが、BaaS単体の時価総額で、ブルーがBaaSの上で稼働する多数のアプリの時価総額の合計です。

Ethereumが圧倒的ですね。それは、Ethereumが世界初のBaaSだからです。

次にマイナーの多様性です。

ビットコインの方がビットコインSVより、マイナーの多様性があります。この点からも、ビットコインの方がより分散的なネットワークであることがわかります。

次に、ゴールドとの比較です。

まず、理解すべきは、ゴールドは偽物を作り出すことができます。しかし、ビットコインでは、技術的に絶対不可能なのですね。ブロックチェーンの存在価値のひとつはこれです。

もう一つは、携帯性とセキュリティコストです。

当たり前ですが、自分で常に持ち歩けないと本当の自分の資産とは言えません。しかし、大量のゴールドバーを持ち歩くなんて現実的じゃないですよね。しかも、ゴールドを常に身につけていると強盗に襲われて、命を落とすリスクがあります。

しかし、ビットコインは違います。

強盗もパスワードがわからなければUSBメモリを盗んでも仮想通貨が手に入らないので、あなたが命を落とす危険もありません。

この点からも、供給制限の性質を持った暗号通貨はゴールドより優れたラストリゾート資産であると私は考えています。

チーム分析

次にチーム分析です。

ビットコインSVのハードフォークをリードしたのは、実質、このクレイグ・ライトです。

ビットコインの開発コミュニティは、数百名規模と言われている一方で、ビットコインSVの開発コミュニティは、数名程度と言われておりとても貧弱です。

その上で、僕が最も問題視しているのは、このクレイグ・ライト自身です。

彼は、ビットコインSVをハードフォークする際に、「自分こそサトシナカモト」だと言い出した詐欺師です。

なぜ、詐欺師なのか?それは、ビットコインの作者である「サトシナカモト」にまつわる4つの重要な要件を見れば、すぐにわかります。

これは、Wikipediaなどの情報を参考にしたサトシナカモトを特定するための4つの情報です。

僕が、クレイグ・ライトが、絶対にサトシナカモトではないと考える理由は、この最後、4つ目の情報です。サトシナカモトは、ビットコインの初期の唯一のマイナーとして活動していたことから、100万BTCを保有していると言われています。これは、全体の発行量の約5%に相当し、現時点でも最大のBTC保有者です。発明者ですから当然と言えます。

クレイグ・ライトがサトシナカモトであれば、彼は、この100万BTCの入ったウォレットアドレスの秘密鍵を持っているはずです。作った本人のサトシナカモトが、秘密鍵をなくすなんておかしすぎる話ですよね。あり得ないことです。

しかし、クレイグ・ライトは秘密鍵は持っていません。だから、彼は、絶対にサトシナカモトではありません。僕はサトシナカモトはすでに亡くなっていると見ています。その点については、僕の「サトシナカモトは誰か?」の記事を参考にしてください。

チームの実行力分析

次に、実行力分析です。

まず、理解して欲しいことは、プロダクト分析のところ述べた通り、デジタルゴールドの役割は、1st Mover Advantageをもつビットコインにしか果たすことができません。

つまり、ビットコインと似たようなタイプのアルトコインは、他に生き残る道を探す必要があります。その参考例として、DASHがあります。

彼らは、僕の目から見ると、ビットコインのデジタルゴールドのポジションは狙っていないと見ています。むしろ、地域通貨のような形で生き残ることを目指してように見えます。だから、マーチャント数など、地域通貨としての成長指標を追っていると評価しています。これは、デジタルゴールド系のアルトコインとしては正しいアプローチだと思います。

ですから、ビットコインSVが生き残る道の一つは、ここです。地域通貨を目指すということです。全世界で使われるのではなく、特定のコミュニティで使われる通貨です。これは、地理的なコミュニティも意味すれば、仮想のコミュニティもあります。

しかし、その可能性を追求した場合、もう一つ強力なライバルが存在します。地域特化型などのBaaSですね。

例えば、TomoChainなどはよい例だと思います。彼らの活動拠点は、ベトナムで、メンバーもベトナム出身。将来的にTomoChainのBaaS上に様々なローカルアプリが登場し、TOMOトークンを地域通貨のような形でユーザー利用する可能性があると考えています。TomoChain BaaS上のアプリでTOMOを使うということですね。

この地域通貨モデルが普及すると、BaaS機能を持たないビットコインSVのようなアルトコインは、存在価値が低下していくため、かなり苦境を強いられると見ています。

トークンエコノミー分析

続いて、トークンエコノミー分析です。

デジタルゴールド系のビットコインSVは、僕が作ったトークンエコノミーのデザインマトリックスで具体的に該当するものはないです。これは、アルトコイン用に作ったものだからです。

しかし、ネットワーク効果とDAOのところについては、話をしましょう。

まず、参考までにデジタルゴールドとしてのビットコインのネットワーク効果は、非常にシンプルです。世界経済が危機に陥るほど、ビットコインは成長します。なぜか?

既存の世界経済システムが、資本主義に基づくものだからであり、ブロックチェーンの上に作られている経済が、ポスト資本主義に基づくものだからです。古いシステムから、新しいシステムにシフトしていくということです。

ただ、ビットコインSVがこの役割を担うのは、力不足というのが僕の評価です。その最大の理由の一つに、ビットコインSVの抱えるDAO上の問題があります。

DAOを考える上で、創業者チームの存在がもつリスクについて考えましょう。

よい事例として、ビットコインと同じオープンソースソフトウェアであるリナックスがあります。

作ったのは、リーナス・トーバルスという北欧に住む天才プログラマです。リナックスは、OSとして大成功していますが、DAOの観点で評価すると大失敗です。

なぜなら、創業者のリーナスが、全てを決めてしまうからなんですね。つまり、先ほどのアメリカの大統領と同じ話で、リーダーが存在していること自体が、ソフトウェアプロジェクトとしてのリスクを引き上げています。

このわかりやすい例は、イーサリウムで実際に起きた事件です。

イーサリウムの創業者のビタリックが、交通事故で亡くなったというフェイクニュースが流れました。結果、ETHの価格は数時間で大暴落しました。

ですから、創業者の影響力が大きすぎる組織というのは、DAOの観点からすると持続性に欠け、創業者にトラブルが起きたときのリスクが高いということなのですね。補足しておくと、イーサリウムにおいては、ビタリックは自身、自分の影響力をガバナンスからは極力排除するよう務めており、この点は素晴らしいことです。

以上が、リーダーの存在がもたらすリスクです。DAOとは、このリスクが存在しない組織です。

一方、ビットコインSVのDAOはどうかというと、正直、クレイグ・ライト以外含めて数名のプログラマが支えていると言われています。

また、クレイグライトの詐欺事件によって、ほとんどのプログラマは、彼に失望して去っていると言われています。つまりところ、ほとんどまともにDAOが機能している仮想通貨プロジェクトでは亡くなってしまっていると言うことです。

これらのことを踏まえると見えてくるのは、実は、サトシ・ナカモトが存在しないビットコインの開発コミュニティは、最もガバナンスリスクが低い持続性の高い組織であり、数百名規模を誇るビットコインの開発コミュニティ自体、全く組織化されずに、この業界で最も、強力なDAOとして成長していることにもなるのです。

ですから、その点で、補足の話を一つすると、僕は、ビットコインは、「シンギュラリティ」における最高の成功事例だと考えています。

シンギュラリティとは、AIを含めたテクノロジーの発展によって、人類の知性がそれまでの水準から、劇的に上昇することを意味しています。文明社会に革命的な進化が起きると言われています。

なぜ、私がこう考えるのか?

それは、「信用」という世界から、物質主義を排除し、テクノロジーにとって確立させることに成功したからです。

人は、経済取引における仲介的な役割として貨幣を発明し、長らくその「信用」を、ゴールドという物質に頼っていました。

それが、やがて、「国家の信用」に基づく紙幣に移っていくのですが、これは先ほどから何度も指摘しているように中央集権性のリスクを常に抱え、持続性に欠けるものでした。

それが、ビットコインは違います。既存の米ドルに代表されるような中央集権性のリスクを排除し、かつ、ゴールドよりも機能性で優れていながら、ビットコイン自体を信用するかしないかは、個々人に委ねるという中で、信用を確立して言っています。既存の米ドルに代表される法廷通貨のように国家権力を使って、信用力を得ていない、自由通貨と言う点で、正にシンギュラリティの最高事例の一つと言えます。

その点から、僕は、ビットコインは、21世紀において、世界初のシンギュラリティの成功事例として、注目しています。

ですから、僕は、ビットコインは、現在、時価総額は、約22兆円ですが、現在、800兆円あるゴールドの時価総額を超える日が近い将来やってくると見ています。

現在の時価総額差は、37倍です。ビットコインの半減期を通過するたび、この差は埋まっていくと見ています。

ビットコインが、ゴールドの時価総額を超えたとき、それは正に、人類の社会に「シンギュラリティ」が起きる歴史的瞬間となると見ています。

ハイプサイクル分析

では、最後に、ハイプサイクル分析です。

いつものガートナー社のハイプサイクルの図を元にお話しします。

ビットコインSVが該当するのは、この「暗号通貨」の領域ですね。その意味で、本格的な成長期に入りつつあります。

その意味では、大きなポテンシャルは見込めないのですが、その大きな可能性を見出せるのは、DAOの領域だと見ています。しかし、ビットコインSVは、ここでは目覚ましい成果は挙げられていないため、ポジティブな評価をするのは厳しいと見ています。

投資の総合評価

では、投資の総合評価です。

僕のビットコインSVの総合評価は、0点です。なぜか?クレイグライトの単なる詐欺プロジェクトだからです。正直に言って、仮想通貨・ブロックチェーン産業における黒歴史と言っていいでしょう。業界の恥です。

僕の最低投資基準は、25.0以上なのですが、BitcoinSVが、25以上になることは未来永劫ないと断言しておきます。

後にも先にも、BitcoinSVのような詐欺案件が出てこないことを心から祈ります。また、そのようなプロジェクトが出てきた場合は、個人投資家のみんなを守るためにも、僕のこのYouTubeチャネルやブログで、容赦無く凶弾していきます。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事