アルトコイン週次分析-2020.08.10-08.16-DENTは着実な布石。LINKは更に一段高を狙いにいくか。

つづいて、アルトコイン市場です。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

イーサリウム、EOS、TRONの市場動向

イーサリウム、EOS、TRONの3大BaaSからです。

dapp.comのデータです。

今週は、TRONとイーサリウムの数字がとても良いです。TRONは、アプリがまた10以上増えていますね。

また、ETHのチャート分析です。まずは、1時間足です。

先週、$300台から、一気にブレイクアウトし、17日に$444を超えてきました。やはり、ビットコインよりブルトレンドです。

ETHの日足です。

ただ、この$444の数値は、ボリンジャーバンドの上部ラインに相当する価格のため、前回のようなこの上部ラインをうわぬけるほどのパワーは出ていないことが確認できます。

そして、週足です。

ETHは、BTCに比べて売買高の伸びも堅調なことから、BTCに比べると地合いは強いと言えます。

次に、EOSの動きです。

彼らも、TRONのDlive同様に、垂直統合のプロダクト戦略を本格化させてきていますね。

VOICEがその答えです。WhatAppなどに近いメッセージング型SNSです。CEOに就任したSalah氏は、元起業家で、米フォーブス社に自身が立ち上げたベンチャーが買収され、その後、フォーブスのCDOを務めていた人物ですから、ソーシャルも含めたコンテンツビジネスには明るい連続起業家であることがわかります。

Braveの市場動向

次に、BATの動きです。

パブリッシャー数はプラス1.88%、BATアドレス保有者も1.3%と、ほぼ通常レベルの増加モードになっています。

MakerDAOの市場動向

次は、MakerDAOです。

Defiレンディング市場全体の動向を追いながら、MKRの動きを見ています。8月17日現在のDeFiレンディング市場に供給されている資産総額は、3390億円で前週比+19.3%と再び大きく伸びてきています。牽引役は、AAVEですね。預かり資産で、Compoundを追い抜きました。市場が盛り上がってきており、よい傾向です。

0xプロトコルの市場動向

次は、DEXの0xプロトコルです。

中央集権型取引所とDEXの売買高の比較です。

それぞれの売買高の開きは、先々週の28:1から、16:1と再び差を縮めています。

Chain Linkの市場動向

次に、ChainLinkです。

1時間足チャートです。

8月16日に、$20を超えて、歴代最高値を更新しました。その後、相場は少し落ち着いています。

次に日足チャートです。

日足チャートを見ると、ほぼ階段を踏み上げていくような形で価格が上昇して言っているのがわかります。かなり強気の展開が続いていますね。ただ、仮想通貨市場はフラッシュクラッシュが一時的に発生することもあるので、注意はしておきたいところです。

DENTの市場動向

次に、DENTです。

DENTのeSIMモバイルデータパックを、今度は、BraveのBATトークンで買えるようになりました。いい感じですね!ますます、利便性が上がっています。北米進出に向けた着実な機能アップデートが続いています。

THETAの市場動向

次に、THETAです。

THETA.tvに新たにプレミアムコンテンツパートナーとして、コメディコンテンツを提供するFailArmyが参加しました。Netflix型のコンテンツ戦略を確実に進めているのが分かります。

NKNの市場動向

次に、NKNです。

NKNのP2P型CDNに参加しているノード数が、27,000を超えました。この数値は、ブロックチェーン・プロジェクトとしては最大です。着実に実績をあげています。

Originプロトコルの市場動向

次に、Originプロトコルです。

Originプロトコルが提供するD2C型オンラインショッピングサービスのDShopが、Google Cloudにインテグレートされました。これによって、WordPressなどと同じようにGoogle Cloudユーザーは、即時DShopが使えるようになります。こちらも着実に機能が拡充されて言っています。

さて、いつもの最後のスライドです。

アルトコインへの投資は、基本、創業期のGoogleやFacebookに投資するのと同じテックスタートアップ投資であることを理解してください。

ここで目覚ましい投資結果を出している投資家のレイド・ホフマンやピーター・ティール、そしてロン・コンウェイなど、みな共通しているのは「長期保有」であるということです。

この点は、バイナンスリサーチの結果からも裏付けられています。

長期保有者ほど、仮想通貨はリターン率が高いということです。

なので、僕も基本、個人投資家の人にはトレーディングではなく長期保有をおすすめしています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事