OKEX(オーケーエックス)のトークンOKBの投資・分析について

今日は、OKEX(オーケーエックス)のトークンOKBの投資分析についての話です。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、OKBの該当カテゴリは、こちら4つ目のT2T DEXの領域ですね。

DEXは、仮想通貨市場にとって非常に重要な役割を果たす領域だけに、競合も多いです。現在、仮想通貨の売買は、中央集権型取引所が主流ですが、5年以内には、DEXが主流になると見ています。

僕のポートフォリオ戦略について詳しく理解したい方は、僕の「ポートフォリオ戦略」に関するブログを参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。ここは2つあります。

まず、一つ目のペインポイントです。

それは、ユーザーは、一つのアカウントで、たくさんのアルトコイン投資をやりたいということですね。

わかりやすい事例として、ブロックチェーンはインターネットの次の破壊的テクノロジーとして話に登ることが多いので、インターネット企業からの類似性を見てみたいと思います。

現在、インターネット産業には、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどをはじめ、1,000億円の時価総額を超える会社が、世界に数百社います。

単純に考えれば、ブロックチェーン市場にも同じぐらいのプロジェクトが出てきても全く不思議ではありません。

しかも、創業間もないベンチャーに投資できるのが仮想通貨投資の魅力の一つなので、将来的に生き残る会社が結果的に数百社に絞られてくることを考えれば、母集団のベンチャーの数は数千から数万に登ることは想像に難くありません。ベンチャーはたくさん倒産しますかね。

しかし、今の仮想通貨取引所は、使っている人はわかっていると思いますが、取引所によって上場されている銘柄に違いがあったりします。

二つの取引所にそれぞれアカウントを持つならまあガマンできますが、これが4つとか5つとかになってくると正直、かなり不便です。ですから、DEXにはこの問題をきちんと解決することが求められているわけです。

そして、二つ目のペインポイントです。それは、中央集権型取引所のハッキングリスクの高さです。

中央集権取引所は、ハッカーに狙われやすいです。

仮想通貨取引所は、過去、合計で1500億円近いハッキング事故を起こしており、すべて、中央集権型の取引所で発生しています。なぜか?

こちらは、DEXプロトコルの一つ0xのホワイトペーパーからの抜粋ですが、要するに、中央集権取引所は、一つのシステムにユーザーが保有・または売買する仮想通貨をプールして持っているため、一度のハッキングで、何十億という規模のお金が手に入る可能性があります。だから、ハッカーは狙うインセンティブがあるのですね。

一方、DEXはこととは全く異なります。ユーザーのウォレット単位で保有する仮想通貨が、分散しています。
このレベルまで分散していると、ハッカーにとっては、ハッキングする意欲が損なわれます。なぜなら、一つのウォレットアカウントをハッキングする労力は、一つの中央集権型取引所をハッキングする労力と同じなのに、手に入る可能性通貨の量が個人保有レベルだからですね。

しかも、どのウォレットのどの仮想通貨がどれぐらい保有されているかは、アタックしてみないとわかりません。

このような状態にあるDEXを「Non-Custodian」型、つまり、カストディーサービス(保管サービス)を持たない取引所システムと呼んでいます。

ですから、DEXに求められるペインポイントをまとめると、

1つは、ユーザーは、一つのアカウントで、豊富かつ流動性の高いアルトコインの売買ができる環境を求めている。

もう一つは、カストディーサービスを持たないシステムである。

ということです。

この点を踏まえて、次のプロダクト分析に移っていきます。

プロダクト分析

まず、かんたんにOKEXのおさらいです。

創業は2014年と、中央集権型の取引所の中でも比較的老舗の部類に入ります。本社、マルタに登記されていますが、実際の経営組織は香港にあります。

最近のDEX市場の成長に伴い、OKEXもようやく自前のDEXを2020年2月から立ち上げてきています。

では、ここから、いつものバリューカーブ分析に入っていきましょう。

比較対象として、中央集権型取引所のNo.1であり、DEXにも取り組んでいるBinance、そして、中央集権型の代表格Coinbase、そして、DEXプロジェクトとして、0xとUNISWAPを入れています。

まず、扱い銘柄の数に関しては、現時点では、OKEXなどの中央集権型取引所の方が、DEXに比べて勝っています。また、ステーキングサービスなど、長期保有ユーザー向けのサービスも充実しています。

また、OKEXも、遅ればせながら自前でブロックチェーンを発行し、その上でDEXプロジェクトを立ち上げていますから、この辺りのブロックチェーンベースである点や、ノン・カストディアン型である点は技術的に抑えられているのですが、中央集権型との併用になるため、完全DEX型に比べると詳細の技術レベルで何かと遅れているのが現状です。

その上で、DEX型の流動性やDAOについては、UNISWAPや0xなどに、かなり劣ります。今後、DEXが、中央集権型取引所のサービスレベルに追いついてくることが予想されます。

ですから、OKBは、早い段階で、事業モデルをDEX型に転換して行かないと、完全にDEXのプラットフォームに飲み込まれると見ています。

また、メジャーな仮想通貨の流動性は、DEX系プロジェクトは、古くから運用されているOKEXに比べると劣りますが、NFTなどの新興市場は、中央集権型もDEXも同時に競争がスタートするため、戦い方次第では、DEXが勝つ可能性もあるため、今後の勝負ポイントの一つです。

チーム分析

次にチーム分析です。僕がキーメンバーと見ている5人です。

CEOのJay Haoは、テック企業の経営経験豊富な人材です。直前もUnichip TechnologyのCEOをやっており、その前は、AmediaのVP of Engineeringをやっていました。ジョージア工科大学で、電子工学の修士号をとっている経営人材なので、優秀です。

次に、戦略ヘッドのAlysaは、キャリア情報が不明です。

そして、BDヘッドのAndyは、ニューヨーク大学で電子工学の修士号をとったのち、デジタル音楽系ITベンチャーのCEOをやっていた人物で、こちらも優秀なプロファイルです。

次に、テクニカル・ディレクターのFuは、アリババグループの技術スペシャリストをやっていた人物です。

そして、海外市場のBDヘッドのJasonは、NY大学でMBAを取った人物です。

優秀な人材が揃っているチームだと思いますが、DAO型の組織運営よりは、典型的な中央集権型組織の運営に長けたチームなので、DEXに取り組む上でのポテンシャルはちょっと見えづらいですね。

チームの実行力評価

次に、このチーム構成を踏まえた上での実行力の評価ですね。

まず、先ほど伝えたように、OKEXは、OKExChainと言うDEXを2020年に立ち上げています。


その上で、他の取引所との売買高比較です。

まず、中央集権取引所の市場においては、やはり、OKEXは老舗ですから、Top10にはだいたい常に入ってくるほどの実力は維持しています。

一方で、DEXについては、DEX大手のUNISWAPや0xに比べると、完全実績ゼロで、ランク外です。

うーん、正直、今からキャッチアップしていくのはかなり厳しいと予測しています。

もし、完全にDEXに負けてしまう場合、LEOの生き残る道は2つあると見ています。

一つは、DEXのエコシステムの一部となって、大型の流動性供給プレイヤーになることです。流動性のアグリゲーターの1社になると言うことですね。しかし、DEXは、より高い分散性を志向するため、ユーザーベースはかなり縮小する可能性が高いと見ています。

もう一つは、BaaSやブロックチェーン・インターオペラビリティ・プラットフォームの大手バリーデーターになることです。すでに一定規模のユーザーを持っているため、PoSやDPoS型のブロックチェーンが主流になりつつある現状を踏まえると、これで生き残れる可能性は高いと見ています。

 

トークンエコノミー分析

次に、トークンエコノミーです。

DEXは、こちらですね。

DEXの仕組みは、どちらからというとB2Bモデルなのですが、最終的には、ユーザーが、売買してくれないと流動性は上がりませんから、その点で、リーワード経済からネットワーク効果まで幅広く対応していく必要があるレイヤーです。

最重要のネットワーク効果について、0xを参考にお話します。

まず、中小規模のウォレットアプリや、仮想通貨のオンラインブローカー業をやりたい・またはやっているプレイヤーは、仮想通貨取引所に比べると流動性では太刀打ちできないため、0xのMesh Networkに参加することで生き残ろうとします。これが、主力の顧客層ですね。

そして、彼らに、より簡単にセキュリティレベルの高いP2Pのトレーディングのシステムを提供することで、0xのMesh Networkに参加するRelayersの数が増えます。すると、ユーザーの数も同時に増えますから、扱う売買対象のNFTやAltcoinの注文も増えてくるため、全体の流動性が引き上がり、カスタマーエクスペリエンスは向上していきます。このあたりは、BInanceの中央集権型取引所と同質の成長モデルで、直接、ユーザーを開拓していない点だけが異なるということです。

次に、ここで獲得したアクティブユーザーをベースに、更に流動性を高めていくためのもう一つのグローススパイラルを作り出しています。アクティブユーザーが増えることで、ZRXの保有者が自然と増えますから、先ほど紹介したMaket Maker Stakingを利用するユーザーが増えます。

すると、Maket MakerをやりたいStaking Poolのプレイヤーはより低いリスクで、Maker Maker事業に参加することができます。手持ちの現金が少なくても、ユーザーがZRXを貸してくれるからですね。

しかも、ここは成功報酬型ですから、リスクが低いです。そうすることで、0xのMesh Networkの流動性は更に引き上がります。ここに、他のDEXと接続する0x APIに、実際に他のDEXが参加してくると、一気に大きな成長スパイラルに入る可能性があります。

ですが、現状、OKBはこのようなネットワーク効果は構築できていません。

最後にガバナンスです。UNISWAPや0xなどの大型DEXが、DAOにもしっかり取り組んで成果を上げてきてる一日腕、OKBはかなり出遅れているのが現状です。

 

ハイプサイクル分析

最後に、ハイプサイクル分析ですね。

いつものガードナーのブロックチェーン産業のハイプサイクルの最新マップをベースに話をします。

DEXのプロジェクトは、ブロックチェーンを利用したAHC(Automated Clearing House)Paymentが該当します。ACHは、分散型の銀行間送金ネットワークで、DEXもこれをブロックチェーンを利用することで、送り手と受け手の間でよりセキュアで高速な送金を実現しようとしていることと本質的には同じです。目的が送金ではなく、投資の売買であるということですね。なので、まだ黎明期の段階です。

また、DEXはプラットフォーム型のプロジェクトですから、当然、DAOが中長期で重要になってきます。OKBに関しては、OKEXという巨大組織を抱えてしまっているので、正直、ここのポテンシャルはあまり高いとは言えないです。

投資の総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、DEXはこの業界にとって非常に重要なカテゴリの一つになり、ペインポイントの内容もクリアになっているので、5.0です。

そして、プロダクトは、DEXはリリースしたばかりで、流動性の規模も、詳細の技術レベルでDEX専門のUNISWAPや0xに比べてかなり劣るため、2.0としました。

チームも、DEX構築に必要な専門的な技術力はある程度あると見ていますが、いかんせん、OKEXと言う大規模な組織を抱えてしまっているが故、DEXにとって重要なDAOへの移行が、スピーディに進められないと見ており、2.5にしました。

チームの実行力は、DEXの実績を見れば一目瞭然で、UNISWAPや0xにかなり差をつけられているので、2.0です。

トークンエコノミー は、DEXとしてのネットワーク効果の設計も、DAOも含めてほとんど取り組みが進んでいないので、こちらも2.0です。

最後にハイプサイクルは、DEXは、まだ黎明期ですが、現時点で、UNISWAPや0xにかなり差をつけられしまっている点と、DAOへの取り組みも進んでいないことから、2.0です。

合計点は、15.5です。僕の最低の投資基準は25.0以上なので、投資推薦はできません。今後も、UNISWAPや0xとの溝をどれだけ埋められるかが焦点ですが、OKEXと言う巨大組織が邪魔になって、なかなか思うように進まないと見ています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事