アメリカでは流行らないキャバクラや合コンが日本で流行るのはなぜか?

 

僕は、日米での生活経験があるので、この点はよく理解しているので、僕の見解をまとめておこうと思います。

日本の男の大半は、異性を口説き、魅了し続ける自信がない

キャバクラや銀座のクラブに通う男は、要するに「自分に自信がないやつ」ですね。未婚の男であれば、キャバクラや銀座のクラブで働いているような綺麗な女性を魅了する能力がない。結婚している男であれば、奥さんに全然尊敬されていない。こういう連中で、とりあえず、手段は選ばず金を稼ぐことしか考えていない連中が、キャバクラやクラブに行って、お金で異性に対する承認欲求を満たす。お店の女性側も、当然、仕事だから、この手の男に多い、女性に対する紳士的ではない言動も多少がまんして褒めて上げて、お店にお金を落としてもらう。これが、夜のお店のビジネスモデルの根幹にある日本社会の特性ですね。

合コンも同じですね。要するに、日本の男性は、一対一で女性と対面して魅了していく自信がない。だから、複数対複数で会うことでしか自分を売り込めない。実に情けない。反吐が出る。

「港区女子」も、社会モデル的には、キャバクラと同じ

ちょっと考えればわかる話ですね。大企業の受付や総務の仕事しかできないが見た目のいい美人に対して、マンションを港区に借りてあげたり、高級バックを買って上げて、高級レストランに連れて行って上げる。

僕からすれば、キャバ嬢やホステスにしている行為と一ナノも違わない。

しかし、実は、僕は、日本のこれらの女性たちも問題視している。なぜなら、多くの女性は気づいていないのですね。これこそ、日本人男性がやり続ける「男女差別の極み」であるということを。結局、そこに女性が甘えてしまうことで、実は女性自身、自分達の社会的地位を落としてしまっているということです。その点を今から詳しく話をします。

女に社会的影響力、経済力を持たせないことで、威張ることしか考えない肝っ玉の小さい日本人の男性

アメリカ社会のように、女性の社会進出がどんどん進んでいると、彼らが、この銀座のクラブやキャバクラに通うことはできなくなります。なぜか?

理由の一つは、自分が稼げなくなるから。致命的です。しかし、当然ですね。出世における女性という新たな競合が増えるわけですから。もう一つは、稼く力とも関連していますが、アメリカ社会と同じで、そのようなお店に通っている男性は、女性社員から非難の対象になるので、出世しずらくなります。少なくとも、今の日本のおっさん共が、部下を連れて堂々とその手の店に行くなど、当然、非難の的になるし、顧客や取引先の接待目的で行く事など、絶対にNGになりますね。女性の役員が「経費の無駄」と反対するから。事実、アメリカの企業では当然、接待でキャバクラや銀座のクラブの利用など許可されない。行くなら自腹で行けと言われる。

だから、日本の男性は、女性を出世させたがらないのですよ。自分の経済的地位、社会的地位を低下させる都合が悪いことが起きるから。笑

これは、日本の男性の結婚観にも現れていますね。結婚相手の女性には、「仕事をするな」という奴が多い。理由の一つは、そうすると、他の男性との接触機会が増えるため、自分が捨てられるリスクがある。なぜ、このような恐怖心にかられるかと言えば、単純で、「自分に自信がない」から。

 

アメリカ人の大半が、キャバクラは「金の無駄」と考えるのはなぜか?

一方、日本に住んでいる僕の周りのアメリカ人のやつに、「キャバクラや合コンに行ったことがあるか?」と聞くと、「まず、キャバクラは行かない。金の無駄」と即答で帰ってきます。合コンについては、「バーに行って、声かければいいじゃん」これが一番多い回答です。

ハリウッド映画の恋愛ものの映画など見ると、よくバーなどで、男性側が女性に声をかけるシーンが描かれていますね。そのときに、大半、男性側は、気の利いた一言を女性に言う。ブラック・ユーモアが多いですね。その内容が、彼女のユーモアセンスにビビっとくるものだと、女性は、自分の席の横に男性を座らせて上げたり、お酒をいっぱい奢ってと言ってくる。こうして、出会いが生まれていく。

もしくは、ホームパーティやパーティで出会うシーンも多いですね。ここでも、基本は、男性と女性は、1対1です。だから、男性は、一人で異性を魅了する能力を問われる。

要するに鍛えられるわけですよ。僕もシリコンバレーで起業している中で、プレゼン冒頭に「アイスブレイク」をいれる能力はずいぶんつきました。でないと、投資家も含めて注目を自分に集めることができないからですね。異性を口説く能力も似たようなものです。

アメリカ社会が有名人にも求める平均レベル以上のユーモアのセンス

アメリカで人気のTV番組フォーマットとして、人気のピン芸人が、著名人ゲストを呼んで談話する、と言うのがあります。コンマリさんなども登場したことがありますね。アメリカで一定の人気を得た人は、必ずこの手の番組に登場します。

僕も、アメリカにいるときは、よく見ます。上のStephen ColbertのLate Showなんかは、とても人気がある番組の一つです。

あれも、実は、さっきの男女間の恋愛の世界と同じです。ただ、かっこいいだけではダメ、頭がいいだけではダメ。面白いことも話せないのは、人として評価できない。と言うのが社会の根底にあるから。

日本の場合は違いますね。もう終わってしまってしまいましたが、タモリさんが「笑っていいとも」でやっていたテレフォンショッキングが正にそうなんですが、正直、タモリさんが、ゲストからネタを引き出す側に回っており、ゲスト側が自ら話力をアピールしていくと言うことをしない。例えば、とても綺麗な女優さんがゲストの場合など特にそうですね。

こう言うところも、アメリカ社会と日本社会を見た場合の男女差別を感じます。要するに、女性はキレイであれば、それ以上求めないなど。これでは、社会全体の人間を、その人の容姿問わず、人間的に成長させていくと言うエネルギーが生まれてこないのは当然ですよね。魅力ある人材が育たないということ。

なので、僕の予測としては、「日本から、ホステスクラブやキャバクラが消えたときこそ、日本社会の男女機会均等が本当に達成されたとき」と考えています。それは、同時に、日本に「失われた30年」をもたらした既得権益者達が、社会から完全に抹殺されたことも意味します。ホステスクラブもキャバクラも彼らを満たすための存在だから。

当然ですが、僕も、キャバクラやホステスクラブも行きません。金の無駄だと考えています。そんなことに金を使うぐらいなら、仮想通貨に投資した方がまだよいし、実力で異性を魅了できるための自己投資に使うと言う考えです。

まあ、実は、この話、聖書に出てくる「アダムとイブの堕落」のエピソードの因果律そのもののことを言っています。ただし、ここまで知覚できている日本人はほとんどいないですね。アダムは、イブの誘惑に負けて、互いに堕落して行ったのですよ。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

 

by
関連記事