Nexus Mutual(ネクサス・ミューチュアル)のトークンNXMの投資分析・評価について

今日は、Nexus Mutual(ネクサス・ミューチュアル)のトークンNXMのファンダメンタル分析についてお話しします。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、NXMの該当カテゴリは3つです。

基本は1.のB2Cアプリですが、DeFi市場と深く関連しているプロダクトなので、3のToken Collateralized DeFi、そして、4のToken to Token DEXも該当します。僕のポートフォリオ戦略について詳しく理解したい方は、僕の「ポートフォリオ戦略」に関するブログを参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。詳しくみてきましょう。

 

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。

ここは2つあります。まず、一つ目です。

保険システムをニッチニーズや社会的な重要ニーズに対応するため、いかに民主化するか?

これは、既存の保険市場を見るとよくわかると思います。

例えば、損保市場を参考にしましょう。損保市場でメジャーな市場といえば、自動車保険、家財保険(火災や地震含む)、そして、物流ですね。

しかし、世の中ではこれ以外にもニーズの高い保険市場があります。

例えば、自然環境を破壊してしまった場合の被害補償、もしくは、ベビーシッターが子供に対して事故を起こしてしまったとき、または衣食住の不可欠領域としての農業。不作時にどうするかなどですね。

これらの多くは、保険会社は商品化しないか、もしくは政府が保険精度を運用しているケースが多いです。なぜか?

儲からないからです。単純です。大してニーズが見込めないものや、リスク計算の難易度が高いものは、保険会社はビジネスにならないのでニーズとして無視します。これは、非道い話ですね。

ブロックチェーンは、ポスト資本主義を追求する技術なので、このようなニーズに対応できる保険システムを生み出すことも非常に重要なことです。

二つ目です。

保険商品におけるソーシャルマイノリティや障害者に対して不公平性の根絶です。

この問題を理解するには、アメリカなどでよく取り上げられるいわゆる「レッド・ゾーン」問題を理解する必要があります。

貧困層などが多く住む地域では、犯罪率や殺人率が高いため、生命保険にそもそも入れないや、入れたとしても、保険料金が、富裕層や中間層の住む地域に比べて異常に高いというものです。

完全に、経済格差による負のスパイラルが起きているのが分かりますか? 貧困層の方が、生命保険の保険料を金持ちより高く払わなければならない。ありえないことですが、統計的なデータしか考慮しない保険会社はこのようなことを当たり前のように行っています。これでは、いつまで経っても経済格差は解消しないですよね。

プロダクト分析

では、これらの理解を元に、NXMのプロダクトを見ていきましょう。

まず、詳細の分析に入る前に、NXMのおさらいです。

2017年11月に、保険会社出身のHughによって起業されました。金額は非公開ですが、4社ほどのブロックチェーン市場にフォーカスしたVCから資金調達しています。

そして、彼らの保険ビジネスの運用の特徴としたユーザーがETHで支払った保険料を、ETH2.0のステーキングに参加して運用するというモデルです。通常の保険会社は、リスクが低い言わられている米国債などで運用するのが特徴ですが、仮想通貨業界に身をおくNXMは、ETHで運用するわけです。既存の保険ビジネスと一線を引くユニークなポイントの一つです。

そして、NXMのプロダクト概要です。

まず、基本的なモデルは、保険会社の既存のビジネスをブロックチェーンを活用いて非中央集権化するモデルです。

現時点で、Nexus Mutualは、保険商品の開発、それらの保険手数料の初期値、そして、保険用プール資金の資産運用については、中央集権的にやる想定です。ただし、運用先は先ほど話をしたようにETH2.0のステーキングなので、実質、自動運用です。

では、どこを非中央集権的にやるかというと、顧客の保険金請求の評価や、保険対象のリスク評価、プール資産の運用金額の上限ラインを決める判断は、全体のガバナンスなどです。

ですから、このDAOモデルは、いわゆるクラウドソーシングを活用したある程度専門スキルを持った人材に、評価経済などを活用しながらアウトソースするモデルに近いといえます。

次に競合と比較したバリューカーブ・プロポジション分析に移ります。

よく間接競合として比較される予測マーケットプレイスのAugurと比較します。

端的に違いを言うと、NXMの方は、保険商品を非中央集権的に運用するモデルを追求しようとしている一方で、Augurは、保険ビジネスのやり方自体を変えようとしています。

予想ゲームによって、リスク評価や、保険請求の評価、資金管理などを、ディールの市場価格によって、運営するモデルということ。

ですが、課題は、これを使いこなせるユーザーは、一定レベルのリテラシーがないと難しいと言う点ですね。ユーザーの頭の中で、何かに対するリスクヘッジの行う際に、実際のディール内容を自分で設計しなければならないからです。

一方、NXMの方は、保険商品を非中央集権的に運用するモデルを追求していますから、とても分かりやすいです。

そして、DAOについては、NXMはかなり積極的に取り組んでおり、Augurよりより体系的に取り組んでいます。

これらの理解を踏まえた上で、NXMがまず参入した市場は、仮想通貨取引所のハッキング保険です。

業界ニーズが完全に顕在化している市場ですから、いいところ目をつけていますね。対象は、DEXやレンディングプラットフォームも入ります。

ここで一つ注目してほしいのは、このAAVEの保険プロジェクトですね。まだ、Coverと呼べる保険商品を買うことができません。なぜか?

AAVEのハッキングリスクを補償できるだけの最低プール資金が集まっていないからです。この点については、後ほどまた詳しく説明します。

まず、すでに保険商品化されている対象は、このように対象のCoverを購入することで、利用できます。

例えば、こちらは、DEXの0xのハッキングリスク用保険です。

補償金額に対して、一定の%が決まっています。現在は、年間2.6%ですね。これを365日で割って、1日からの利用で、保険を購入することができます。現時点は、最長1年(365日)です。支払いは、ETHやDAIで可能です。

条件を決めて、Coverを購入すると、その条件期間中は保険が適用されます。

具体的に、0xをモデルのNXMのプロダクトモデルを説明します。

まず、NXM側が0xのハッキング対策保険を設計し、初期のCover手数料を決めます。

そして、次には、あなたが、このCoverを例えば1年間などの期間を決めてETHで購入します。この時点で、この0xのハッキング対策保険商品は、MCR(Minimum Capital Requirement)と言って、最低限の積立金レベルに到達していないと保険商品としてはリリースされません。

そして、NXM側は、あなたがETHで払ったトークンの一部は保険金支払い用の資金プールに預け、残りは、ETH2.0のステーキングサービスに預けて、金利を受け取り資産運用します。これがあるから、保険の利用料などを安くすることができます。

そして、実際にハッカーが0xを攻撃し、一部の資金を盗みます。

そして、0xは、ハッキング事件が起きたので損失補償をNXM側に求めます。いわゆる保険金請求ということです。そしたら、NXM側は、クラウドソーシングのように外部の請求鑑定人に依頼し、実際にそのハッキングが起きたのかなどについて監査を行います。問題なければ、あなたは、ハッキングによって失った資金分を損失補填してもらうことができます。

また、このハッキング事件を通じて、一般的な自動車保険などと同じように、0xは、保険査定の評価が下がり、保険料は上がります。この最終判断は、NXM保有者が投票で決定します。

これが、NXMの商品プロダクト運用の一連のプロセスです。

この点を踏まえて、一つ確認しておきたい点があります。それは、保険プロダクトは、DeFiのキラーアプリの一つになれるか?ですね。

インターネットを例に取りましょう。

TV市場にいた中間搾取者を排除したインターネット。そこで、キラーアプリとなったのは、テキストメディアでは、Googleの検索エンジン、写真メディアでは、インスタグラム、として、動画メディアはYouTubeでした。

一方、ブロックチェーンは、金融の世界です。銀行、VC、信用スコア会社などの中間搾取者を取り除き、金融システムを非中央集権化することがゴールです。

先ほどペインポイントでもお伝えしたように、保険の市場においても、保険会社が中間搾取者になっている点は多々見受けられます。ですから、僕は十分可能性はあると見ています。

チーム分析

次に、チーム分析です。

まず、創業者のHughです。彼は、直前は、再保険市場の世界大手であるMunich ReでCFOをやっていました。その前は、オーストラリアの国立銀行で、生命保険事業をやっていました。ですから、正に専門家ですね。

次にCTOのRoxanaです。直前にテックスタートアップの起業経験があり、その前は、Facebookでテックリードをやっていました。イギリスのトップ大学の一つ、インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドンでコンピューターサイエンスの修士号をとっています。

次に、アドバイザリーメンバーのひとちGraemeは、保険会社向けのリスクアセスメントコンサルティングを長らくやっていた人物で、保険世界大手のアリアンツで事業開発もやっていました。

最後に、ソフトウェアエンジニアのDanは、彼も、インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドンでコンピューターサイエンスの修士号をとっており、直前は、ブロックチェーンスタートアップで、バックエンド開発チームのヘッドをやっていました。

これに加えて、数名のメンバーがいます。サイズもコンパクトで、かつ保険ビジネスの専門性と強い技術力を持ったとてもよいチームです。

チームの実行力

次に、チームの実行力です。

DeFi Palseのデリバティブ市場のデータです。

Nexus MutualとAugurにロックアップされているアセット規模の比較です。この規模が、ほぼ対象にできる保険市場の規模を決めるため、参考になるでしょう。Augurとの比較で言うと、Augurに比べて後発組ですが、10倍近い開きがあります。

 

トークン・エコノミー分析

次にトークン・エコノミーです。

該当するのは、Dapps、DEXとCollateralized DeFi の3つですね。

まず、証券経済のところです。NXMについては、ここをきちんと理解しておく必要があります。

まず、NXMを購入する=NXMのDAOメンバーになることが条件になっています。ですから、Nexus Mutualのサイトからしか購入することができません。約1程度のメンバー手数料を支払ってなるのですが、合法が認められた国家の居住者のみなることができます。保険プール資金の提供者としてKYCが求められると言うことです。インセンティブは、NXMの価格上昇のリターン、そして、NXMのETH2.0のステーキング報酬のレベニューシェアです。ただ、DAOの役割もこなすことが求められます。責任が相応分求められると言うことです。

一方、一部のNXMを購入できない人は、WNXMというラッピング商品を購入できます。これは、バイナンスなどWNXMが上場されていれば購入できます。しかし、メンバーではないので、NXMホルダーとは異なり、DAOの役割はなし、ETH2.0のステーキングレベニューシェアももらえません。ただ、NXMの価格上昇によるリターンは得られます。

NXMとWNXMは、1:1の比率で交換が保証されています。ですから、将来的に、あなたの国でNXM保有が合法化されれば、晴れて正式メンバーになることができるわけです。

2020年12月現在で、NXMメンバーになることが合法化されていない国です。日本も入っています。

次に、最重要のネットワーク効果の分析をみていきましょう。

まず、個人投資家で、NXMのメンバーになって、投資リターンをETH2.0ステーキングリワードを欲しい人が、NXMにプール資金を提供します。

すると、ネクサスミューチュアルのプール資金のMCR達成率が上がり、様々な保険商品が商品化可能になります。同時に、プール資金の拡大は、NXM側のETH2.0のステーキング報酬の増加をもたらすので、NXM側は、保険利用者のCover手数料を下げることができます。すると、顧客体験が改善されますから、保険手数料の収入増加によるプール資金増額が起きるため、MCR達成率は更に改善します。

そして、このプール資金の清張が、NXMのアセット価値を高めていきます。まず、プール資金が大きくなるほど、様々な保険商品の開発が可能になります。すると、また多くの保険利用者のニーズを取り込むことができます。

結果、NXMの購入者が増加するため、NXMの価格が上がり、プール資金も更に大きくなるので、顧客体験がまた改善されることになるのですね。

そして、もう一つ重要なことが、DAOのガバナンスですね。

NXMは、創業当時よりDAOモデルを採用しているので、運用がとても活発です。素晴らしいことです。

ハイプサイクル分析

最後にハイプサイクル分析です。

いつものガートナー社のハイプサイクル分析をもとに説明します。該当するのは、ブロックチェーンの保険市場への適用とDAOですね。後者は非常にポテンシャルが高いのですが、課題は前者です。すでにバブルピークを超えて一旦、バブル崩壊後の停滞期に入っている可能性があるため、DEXやLendingに比べると、強力なモメンタムが得られにくい状態にあると見ています。

投資の最終的な総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、ペインポイントは4.5です。DEXやレンディング市場を支える重要パーツの一つと見ています。その点から、DEXやレンディングよりは少しペインポイントレベルが下がると見ており、4.5です。

そして、プロダクトは、とても精巧にできていますが、消費者が気軽に利用するにはまだちょっとハードルが高い印象があり、玄人向け感があるため、少しマイナス評価し、4.5です。

チームレベルは、専門性と技術力共に高く4.5です。

実行力は、DEX含む仮想通貨取引所やレンディングプラットフォームのハッキング対策保険から参入している市場参入戦略の秀逸さや、そこでの優れた実績作りも踏まえて、文句なしの5.0です。

トークンエコノミー 4.0にした背景は、DAOの点は非常に優れているのですが、NXMメンバーになるのに法的ハードルが入ってしまうビジネスとしてデザインされている点から、ネットワーク効果が少し得にくい点を踏まえて、マイナス評価を少し入れています。

ハイプサイクルは、DAOは高いポテンシャルがあるのですが、保険市場は、バブルがピークアウトしており、モメンタム形成に少し時間がかかると見ていることから、3.5にしました。

合計点は、26.0です。

僕の投資の最低基準は、25.0以上なので、投資推薦可能な銘柄です。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事