Deriswap(デリスワップ)の投資分析・評価について

今日は、Deriwap(デリスワップ)のファンダメンタル分析についてお話しします。

Deriswapはまだトークンは発行されていませんが、発行される可能性もあると見ているので、先行してレビューしておきます。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、Deriswapの該当カテゴリは3つです。

基本は、DEXやCoratelizaed DeFiの支援ツール的なプロダクトだと分析しています。Dappsとしてカテゴライズすることもできますが、万人向けというよりかは、プロ向けツール的な位置付けのプロダクトだと考えています。

僕の「ポートフォリオ戦略」について詳しく理解したい人は、そちらのブログを参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。詳しくみてきましょう。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。ここは2つあります。

まず、詳細のペインポイント分析に入る前に、しっかりと理解して欲しいことがあります。

僕の分析でよく使うキャズム理論です。大半の新しいプロダクトは、この理論をベースに、普及度合いを説明することができます。

5つのユーザーベースから構成されており、イノベーター、アーリー・アダプター、そして、キャズムを超えて、アーリー
マジョリティ、レイト・マジョリティ、そして、レイトマスです。全てのプロダクトは、左側から右側に向けて普及していきます。

その点を踏まえて、インターネットの類似性からYFIについて考えましょう。Google、Facebook、Amazonは、世界最大のインターネット企業ですね。それぞれメインのプロダクトは異なります。Googleは検索エンジン、FacebookはSNS、そして、アマゾンはEコマースです。しかし、3つとも、このキャズム理論をベースに共通している点があります。

それは、5つのユーザーベース全ての人に使われるプロダクトを提供しているということです。

リスクを取ることを恐れず、新しいもの好きなイノベーターやアーリーアダプターだけでなく、リスクを怖がり、簡単に使えるものではないと使わないキャズムの向こう側にいるアーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、レイトマスまでも、簡単に使えるプロダクトを提供しているということ。

しかし、現状のDeFiはそうなっていません。その点から、ペインポイント分析をしていくと、Yearn.Financeとそのエコシステムを支えるDeriswapの価値が見えてくると思います。

まず、一つ目のペインポイントが、Collateralized DeFiにおける資産配分の最適化ですね。

ここで、僕がよくみなさんにお話ししているインターネットとブロックチェーンの類似性のおさらいです。こちらは、AAVEが扱っている仮想通貨のリストです。

現時点で30種類ぐらいですが、今後、NFTで発行されたゲームアイテム市場なども成長してくると、何百などにすぐ増えるでしょう。

それぞれにリスクとリターンのバラツキがあります。あなたは、これを自分で分析し、資産配分の最適化を考えるのは、かなり面倒です。

この場合に、いわゆるアグリゲーターと言われるプレイヤー(ロボット・アドバイザリーと言ってもよい)が、アルゴリズムで最適化してくれれば、かなり手間が省けますよね。

もう一つのペインポイントは、DEXに関わるものです。流動性プールにおけるインパーマネントロスリスクをどれだけ引き下げられるか?です。

まず、UniswapなどのDEXに参加するあなたのメリットの一つは、流動性プールに参加するだけで、報酬として、UNIトークンがもらえることです。あなたが、ETHなどの仮想通貨を長期保有しておくつもりなら、それを預けるだけで増えたお得ですね。これが、流動性プールに参加するあなたの動機です。

そして、DEXは、この流動性プールのサイズが大きいほど、多くのトレーダーに収益機会を提供できるので、このサイズを増やそうと頑張ります。

しかし、あなたにとっては、この流動性プールに参加する上で、一つ重要なリスクを理解しなければなりません。それがインパーマネントリスクです。

詳しい理解は、数字ロジックのリテラシーが一定レベル以上ないと無理なので、ここでの説明は省きますが、このリスクが生まれる背景には、UniswapなどのDEX特有の価格決定メカニズムの影響があります。

このプールサイズの比較による価格決定アルゴリズムは、流動者供給者が、実際に自分の保有する仮想通貨資産を流動性プールに預けてから、価格が、変動するほど大きくなります。

実際の想定値は、こちらのUniswapのホワイトペーパーの抜粋にまとめられています。

例えば、流動性プールを参加してから価格が、1.25倍%以上変化すると、流動性プールに預けずに、ただホールドしている状態に比べて、追加で0.6%の損失が発生します。

これはまだ小さい方で、仮に価格が5倍以上に下がるか上がるかした場合、25.5%の追加の損失が発生します。

最も理解しておくべきことは、この追加損失リスクは、価格が上昇しても下落しても発生することです。

ただし、誤解してはならないのは、この損失が確定するタイミングは、あくまで、あなたが、自分のトークンをUniswapのプールから引き上げるタイミングで確定します。

ですから、現物を預けているわけですから、価格が実際に上昇している場合は、損失自体は生まれていないものの実際にETHを保有してるよりは損をしていますから、この損失分を上回るだけのインセンティブがもらえないと、ユーザーがUniswapに流動性を供給しようとは思わないという理解が必要です。

しかし、個人投資家が、参加タイミングも含めて自分でコントロールしながらやるのは大変です。

プロダクト分析

では、これらの理解を元に、Deriswapのプロダクトを見ていきましょう。

まず、詳細の分析に入る前に、Deriswapのおさらいです。

2020年11月にYFIやKP3Rを作ったAndre CronjeがMediumにポストした新プロダクト構想がスタートポイントです。

現在、Andreが作ったDeriswaoのプログラムは、ブロックチェーン監査企業によってレビュー中です。

そして、Deriswapがどのようペインポイントを解決しようとしているプロダクトなのか、まず、彼のMediumの投稿をこちらに整理しました。

まず、コンセプトは、流動性マイナー達が、暗号資産のトレードだけでなく、オプション取引、先物取引、ローンなど様々なDeFiソリューションを統合的に簡単に扱えて、収益を稼ぐことを支援するツールです。

この点を理解する上で、彼が言及している3つの大きなDeFi市場についてまとめておきます。

まず、Futures市場。ここは、未来の特定日までのリスク・リターンを想定したヘッジ取引が主に使い道で、流動性マイナーは、ここに流動性を供給することで、プレミアム手数料などを稼ぐことができます。

次に、ローン市場。ここは、仮想通貨の担保を差し出すか代わりに、金利を払いながら、別の仮想通貨を借りることができ、それを使った投資などで、収益機会をえる市場です。

最後にセカンダリー市場。ここは現状、DeFi市場でも立ち上がってきてはないのですが、上にあげた、ローン契約、先物契約、オプション契約自体をNFT化して、売買可能にする市場です。既存の金融市場にも存在しています。

これらの3つの市場を巧みに使いながら、収益を上げる機会を狙うのがDeFiプログラマー達です。

その上で、こちらを見てください。

Deriswapの画面ですが、このようにに上の3つの市場を組み合わせた投資戦略を作り出すことができるツールです。

ただ、これを一般の個人投資家が上手く使いこなせるか?というと、ちょっと疑問ですね。ハードルが高いと思います。

どちらかというと、Yearn.Financeなどに投資戦略のプログラムなどを提供して、マージン手数料を稼いでいるDeFiプログラマーなどへのプロ向けツールというのが僕の理解です。

これらの理解を踏まえた上で、こちらのスライドを見てください。

僕の分析では、Deriswapは、Yearn.Financeの一部の機能として使われるのが的確ではないか?と考えています。現状、コードレビュー中である点を踏まえても、Yearn.Financeの実験プロジェクトの一つということです。

詳しくお話しします。

YFIは、現時点では、他のウォレットアプリに接続する形で、ユーザーから資産を預かり、そして、Uniswapの流動性マイニングや、AAVEなどのレンディングプラットフォームで運用して、収益をユーザーに配分。その際に、一部手数料をもらうというビジネスモデルです。いわゆるアグリゲーターのプロダクトポジショニングですね。

いずれは自前のウォレットも出してくるとは見ています。

YFIでは、開発コミュニティに参加しているDeFiプログラマー達が、DeFi市場を活用した様々な投資戦略を立案し、YFIでユーザーから預かった資産を運用し、成功報酬を稼いでいます。

ここで、僕がよくみなさんにお話ししているインターネットとブロックチェーンの類似性のおさらいです。

インターネットのテクノロジーは、メディアの世界を非中央集権化しました。

インターネットが普及する前は、TVがメディアの中心でした。そこでは、アーティストは、自分たちの作品を、芸能事務所、TV局、広告主などの「中間搾取者」を通してしか、ユーザーに届けることができませんでした。

しかし、インターネットは、彼ら「中間搾取者」を全て取り除きました。Google、Youtube、インスタグラムなど、どのアーティストの作品に需要があるかは、ユーザーが直接決めることができるメディアフォーマットをたくさん生み出しました。

そのお陰で、TV中心の時代では決して日の目を見ることがなかったたくさんのアーティストが大成功を収めています。

今、これと同じ問題が金融の世界で起きています。

現在の金融システムは、ユーザーが預けた余っているお金を、それを必要とする他のユーザーのだれに配分するかは、「中間搾取者」である銀行、VC、信用格付け会社が判断しています。

しかし、ポスト資本主義の社会では、インターネットで起きたことと同じように、ユーザーが直接決めることができるようになるでしょう。それを実現するキラープロダクトがたくさん出てくるでしょう。

YFIは、この一つになる可能性があると考えています。なぜか?

こちらを見てください。

Googleは、インターネットに起こしたイノベーションは、インターネット上に無数にあるコンテンツの中から、あなたが欲しいコンテンツをキーワード検索で見つけてくる仕組みを作り上げたことですね。インターネットは、メディアの技術ですから、コンテンツ発見ツールにこそ価値があるのは当然ですね。

一方、ブロックチェーンは、金融の世界を相手にしている技術です。金融の世界の存在理由は、投資や融資、資産運用などです。つまり、YFIは、仮想通貨市場でみんなが手軽に稼げる仕組みを作り上げようとしているわけです。

Googleと似ていると思いませんか?

更に、噛み砕いて話をします。

Googleの最大の発明の一つは、ページ・ランクです。

これは、インターネット上にあるコンテンツのリンク関係を分析するアルゴリズムで、記事の信頼度や検索キーワードとの関連性の高いページをスコアリングする仕組みです。このおかげで、ユーザーは、恐ろしく簡単に探している情報ソースの中でも最も信頼度の高いコンテンツに瞬時に辿りつけるようになりました。本当に便利なのですね。素晴らしいイノベーションです。しかし、アルゴリズム開発は中央集権的でした。

一方のYFIはどうしているか?というと、彼は、先ほどペインポイントで説明した個人投資家にとっては難易度が高すぎるイールド・ファーミングや、流動性マイニングを、様々なプログラマは自由にアイデアを出して、儲かるアルゴリズムを個人投資家に提供しています。しかし、その手法は、Googleとは真逆の非中央集権的です。

その人気投資戦略の一つを紹介します。yETHというyVAULTの商品の一つです。

あなたは、長期保有しているETHをyETHのVAULTs(=バーチャル金庫)に預けます。そして、yETHのアルゴリズムは、このETHを、MakerDAOで預けて、DAIを借ります。担保率は現時点で200%。そして、今度は、このDAIをCurve FinanceのDAIの流動性プールに預けます。Curve Financeはステーブルコインペアが得意なDEXですから、そこの流動性プールにDAIを預けて運用するわけです。また、ステーブルコインペアは、現状、インーパーマネントロスリスクが低いので、収益が上げやすいです。

すると、報酬として、CurveFinanceのトークンCRVがもらえます。そのCRVをDEXで、ETHに換金します。

最後に、このアルゴリズムは予め決めていた成功報酬を一部もらい、残りを預けたユーザーのバーチャル金庫に戻すわけです。

これで、ユーザーはYFIのプロダクトを使って、DeFiで儲けることができるわけですね。

YFIの開発コミュニティでは、日々、このような新しいアイデアの提案がされており、そのことを「戦略」と呼んでいます。投資戦略ということですね。つまり、アルゴリズム開発は全て内製化しているGoogleとは真逆で、戦略は、常に非中央集権的なDAO型モデルで運用しているということです。

しかし、YFIに運用を任せっきりのあなた達にとってはブラックボックスのような存在かもしれませんが、DeFIプログラマー達にとってみれば、様々なDeFi市場を駆使した戦略立案と実行を支援してくるツールは、彼らの作業効率を上げる上でかなり助かります。

 

ですから、僕は、Deriswapをインターネットとのアナロジーで考えると、DeFiにとっての”WordPress”のような存在になると考えています。

インターネットにおいて、大半の人は、ブログなどのコンテンツを見る側ですが、ブログを運用する側にとっては、HTMLやCSSなどを色々と覚えたり、ホストサーバーのセットをするのは大変です。WordPressは、そのような問題を解決するために作られたプロダクトで、今でもブロガーの間では非常に重宝されています。

だから、プロ向けのツールという評価をしています。これが、僕のDeriswapのプロダクト評価です。

チーム分析

次に、チーム分析です。

DeFiの父と言われる、YFIやKP3Rなどを創ったアンドレが、立ち上げたプロダクトです。彼は、南アフリカにあるStellenbosch Universityで、法律の学位をとり、その後、CTI Education Groupで、コンピューターサイエンスを学んでいます。結構、異色の経歴です。

また、彼はすでにYearn.Financeを去っています。まるで、ビットコインをリリースして約一年後に去ったサトシ・ナカモトのようですね。そして、現在は、彼がリードして作った12人のフルタイムの開発チームと、日々成長続けている開発コミュニティによってyEarnの改良が進められています。

DeriswapのチームもYearn.Finance同様の道を辿ると考えています。

このチーム体制は、後ほど、トークンエコノミーのところで触れますが、最もビットコインに使い運用モデルです。

つまり、創業メンバーがいないオープンソースソフトウェアプロジェクトということですね。

チームの実行力の分析

次に、チームの実行力です。

現在はコードレビュー中にあるため、プロダクトもリリースされておらず、実行力の評価はできない状態ですが、YFIやKP3Rの成功を見ても、それなりの成果を上げてくると見ています。

トークン・エコノミー分析

次にトークン・エコノミーです。

該当するのは、Dapps、DEXとCollateralized DeFi の3つですね。ただ、基本、DeFiの支援ツールと見ているので、Collateralized DeFiとDEXの2つがメインです。

そして、最重要のネットワーク効果ですが、トークンがまだ発行されていないため、YFIをベースに、Deriswapの果たす役割について理解を深めてもらえればと思います。

まず、仮想通貨保有者で、イールド・ファーミングや流動性プールに興味があるけど、あまりリスクを取りなくないユーザーが、yEarnに運用してもらうというのがスタートラインになるでしょう。

すると、YFIに参加するDeFi運用の”戦略”製作者は、どんどん収益機会が増えていきます。

そして、ここが最も肝心で、ここで、様々な”戦略”で高い収益率を上げると、顧客満足度は上がりますから、そのうわさを聞いて、更に多くの投資家がyEarnに自分が保有している仮想通貨を預けるようになるわけですね。

ここに貢献するのが、Deriswapのプロダクト価値です。DeFiプログラマーが効率的に、優れた投資戦略を立案、実行できる支援ツールということです。ですから、ここが活性化するほど、y.Earnのプール資金の増殖パワーは増していきますよね。

これが、一番目の成長メカニズムで、資産運用のプール資金の成長になります。

次に、この第1の成長メカニズムが成立すると、より多くのウォレットアプリが、yEarnに接続してきます。

すると、扱う資産対象の種類も、メインのビットコインのみならず、アルトコインやNFTなど豊富になっていき、yEarnのイールド・ファーミングや流動性プールで稼ぐ収益機会も増えるため、より多くの個人投資家がYFIに流れてくることになり、顧客体験は改善されていきます。

そして、もう一つ重要なことが、DAOのガバナンスですね。

こちらもまだトークンが発行されていないので、未知数ですが、YFI同様にガバナンストークンを発行してくると見ており、かつ、YFIのDAOは、とても優れているので、この水準には到達してくると見ています。

参考までに、こちらは、YFIのDAO運用の画面の一部ですが、YFIのDAOは、非常に活発です。新規の投資”戦略”の提案だけでなく、様々な改良案の議論が活発にされており、投票に基づき、意思決定が行われています。

ここで、DAOを考える上で、創業者チームの存在がもつリスクについて考えましょう。ビットコインの凄さがわかる話です。

こちらをご覧ください。

よい事例として、ビットコインと同じオープンソースソフトウェアであるリナックスがあります。

作ったのは、リーナス・トーバルスという北欧に住む天才プログラマです。リナックスは、OSとして大成功していますが、DAOの観点で評価すると大失敗です。

なぜなら、創業者のリーナスが、全てを決めてしまうからなんですね。つまり、先ほどのアメリカの大統領と同じ話で、リーダーが存在していること自体が、ソフトウェアプロジェクトとしてのリスクを引き上げています。

このわかりやすい例は、イーサリウムで実際に起きたことです。

2017年6月25日、匿名オンライン掲示板の4チャンネルで、イーサリウムの創業者のビタリックが、交通事故で亡くなったというフェイクニュースが流れました。結果、ETHの価格は数時間で大暴落しました。

これがリーダーの存在がもたらすリスクです。DAOとは、このリスクが存在しない組織です。

つまり、サトシ・ナカモトが存在しないビットコインの開発コミュニティは、実は、最もリスクが低くく、かつ持続性の高い組織であり、ビットコインの開発コミュニティ自体、全く組織化されずに、世界最大の仮想通貨として、成長してきている時点で、実は、最も、強力なDAOとして成長していることにもなるのです。

Andreは、この点をよく理解しているプログラマであり、すでに、YFIで成功モデルを作り上げているので、Deriswapにおいても、この点を期待できると考えています。

ハイプサイクル分析

最後にハイプサイクル分析です。

ガートナーの2020年版のブロックチェーン産業のハイプサイクルです。

該当カテゴリは、Blockchain Asset Tokenizationがメインで、サブカテゴリにとして、Dappsが該当すると考えています。Blockchainを使った様々なアセットクラスの登場は、向こう2-5年で一気に成長する市場と見ています。ただ、このハイプ評価にあるようなバブルのピークに近づいている市場ではないかと思います。まだまだ成長ポテンシャルの高い市場です。

 

投資家に関わる最終的な総合評価

 

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、ペインポイントは5.0です。DeFiは、ブロックチェーン市場の基幹産業の一つであり、DeFiプロダクトが、キャズム理論における5つのユーザーベース全てに利用されることは、この産業の成功可否に関わるほど重要なことです。Deriswapはその後方支援ツール的な存在として、この重要問題の解決に側面支援していると言えます。

そして、プロダクトは、4.5としています。きちんとペインポイントをクリアにしたプロダクトであり、UIのファーストビューを見てもどのようなことをAndreがこのツールを使ってやりたいのかイメージはわきます。

チームは、YFIの成功体験のあるAndreがリードしているので、それほど不安要素はないのですが、まだ、YFIの開発コミュニティが支援するなどの点がクリアにはなっていないなどの未知数がある点を踏まえて、4.0にしています。

実行力は、まだコードレビュー中ですから、こちらは評価が実質不可の状態です。ただ、Andreがリードするプロジェクトなので、相応分の実行力は出てくると見ており、4.0としています。

トークンエコノミー も、チームの実行力と同様で、まだトークンが発行されていないので未知数です。また、僕がプロダクト分析で伝えたように、このプロダクトはどちらかというと、YFIの中に組み込まれた動くプロダクトなので、必ずトークンを発行するかまだちょっと見えていないところもあるため、3.5と低めに評価しています。

ハイプサイクルは、アセットトークナイゼーションというDeFiの急成長かつ重要テーマに該当しますが、間接的な支援ツールになるため、その点を少し低く評価し、4.0としています。

合計点は、25.0です。

僕の投資の最低基準は、25.0以上なので、投資推薦可能な銘柄です。

もし、トークンが発行されるなら、Andreのいつもの手法で、Uniswapに登録される形になると見ています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事