Hegic(ヘジック)のトークンHEGICの投資分析・評価について

今日は、Hegic(ヘジック)のトークンHEGICの投資分析についての話です。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、HEGICの該当カテゴリは、こちら4つ目のT2T DEXの領域ですね。

 

DEXは、仮想通貨市場にとって非常に重要な役割を果たす領域だけに、競合も多いです。現在、仮想通貨の売買は、中央集権型取引所が主流ですが、5年以内には、DEXが主流になると見ています。僕のポートフォリオ戦略について詳しく理解したい方は、僕の「ポートフォリオ戦略」に関するブログを参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。ここは2つあります。

まず、一つ目のペインポイントです。それは、ユーザーは、一つのアカウントで、たくさんのアルトコイン投資をやりたいということですね。

わかりやすい事例として、ブロックチェーンはインターネットの次の破壊的テクノロジーとして話に登ることが多いので、インターネット企業を見てみたいと思います。

現在、インターネット産業には、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどをはじめ、1,000億円の時価総額を超える会社が、世界に数百社います。

単純に考えれば、ブロックチェーン市場にも同じぐらいのプロジェクトが出てきても全く不思議ではありません。しかも、創業間もないベンチャーに投資できるのが仮想通貨投資の魅力の一つなので、将来的に生き残る会社が結果的に数百社に絞られてくることを考えれば、母集団のベンチャーの数は数千から数万に登ることは想像に難くありません。ベンチャーはたくさん倒産しますかね。

これに、NFTなどを加えると、最低でも10万相当の銘柄が常時市場で流通していると考えるのが妥当でしょう。

しかし、今の仮想通貨取引所は、使っている人はわかっていると思いますが、取引所によって上場されている銘柄に違いがあったりします。二つの取引所にそれぞれアカウントを持つならまあガマンできますが、これが4つとか5つとかになってくると正直、かなり不便です。ですから、DEXにはこの問題をきちんと解決することが求められているわけです。

 

そして、二つ目のペインポイントです。それは、中央集権型取引所のハッキングリスクの高さです。

中央集権取引所は、ハッカーに狙われやすいです。仮想通貨取引所は、過去、合計で1500億円近いハッキング事故を起こしており、すべて、中央集権型の取引所で発生しています。なぜか?

こちらは、DEXプロトコルの一つ0xのホワイトペーパーからの抜粋ですが、要するに、中央集権取引所は、一つのシステムにユーザーが保有・または売買する仮想通貨をプールして持っているため、一度のハッキングで、何十億という規模のお金が手に入る可能性があります。だから、ハッカーは狙うインセンティブがあるのですね。

一方、DEXはこれとは全く異なります。ユーザーのウォレット単位で保有する仮想通貨が、分散しています。

このレベルまで分散していると、ハッカーにとっては、ハッキングする意欲が損なわれます。なぜなら、一つのウォレットアカウントをハッキングする労力は、一つの中央集権型取引所をハッキングする労力と同じなのに、手に入る可能性通貨の量が個人保有レベルだからですね。しかも、どのウォレットのどの仮想通貨がどれぐらい保有されているかは、アタックしてみないとわかりません。

このような状態にあるDEXを「Non-Custodian」型、つまり、カストディーサービス(保管サービス)を持たない取引所システムと呼んでいます。

ですから、DEXに求められるペインポイントをまとめると、

1つは、ユーザーは、一つのアカウントで、豊富かつ流動性の高いアルトコインやの売買ができる環境を求めている。

もう一つは、カストディーサービスを持たないシステムである。

ということです。

この点を踏まえて、次のプロダクト分析に移っていきます。

プロダクト分析

まず、かんたんにHegicのおさらいです。

Hegic は、Synthetixと同じ、仮想通貨も含めた様々な金融資産のトレーディングを提供するデリバティブDEXの一つです。イーサリウムの上で動いています。

2020年2月、匿名プログラマー=0MOLLY WINTERMUT3によって立ち上げられました。

Synthetix同様のノン・カストディアン型で、KYCもないです。その上で、特徴の一つが流動性マイニングを提供している点です。

2020年10月にベータ版メインネットがローンチされ、その時点からインセンティブがWBTCやETHのもらえる流動性マイニングが提供されています。これらのインセンティブの原資は、オプション契約の手数料です。

また、Hegicのシステムの概要についてもお話ししておきます。

 

Hegicの特徴を理解するには、Synthetixの特徴を理解すると分かりやすいと思います。簡単に言えば、Hegicは、Synthetixのトークンエコノミー を改良したデリバティブDEXと言えます。

まず、Synthetixは、デリバティブDEXですから、オプション取引含む先物銘柄を扱うので、Uniswapのようにイーサリウム上で動くトークンに限定されてません。BATやCrypto KittiesのNFTのように、イーサリウム上のトークンだけでなく、他のブロックチェーン上のアセット、例えば、ビットコインなどもトレーディング対象にできますし、テスラやゴールド、アメリカのドルなども扱うことができるのが特徴です。

しかし、SNXのトークン自体はイーサリウム上で動いているためのその制約条件があります。仕組みは、個人投資家で、Synthetixを利用したいユーザーは、SNXトークンを購入します。そして、これをStynthetixにロックアップすると、担保率750%の評価で、Synthsというトークンを借りることができます。このあたりは、MakerDAOからインスピレーションを得ているのがわかりますね。

そして、Stynthsを、バイナンスのBNBのように使って、各金融資産のトレーディングを行います。つまり、Synthetixにリストされているアセットは、全て、Synthsのペアで売買されるということです。

また、SNXをステーキングをするユーザーは同時に、Synthetix内で発生した売買のトレーディング手数料のレベニューシェアを受け取ることができ、現時点で、その年率は、32-34%となっています。これは、SNXのステーキングを促す上で十分効果の狙えるインセンティブです。しかし、その分、トークンエコノミー としては、SNXのインフレ率が上がるため、価格上昇力が抑えらえることになります。

一方、Hegicの場合、どのようにデザインしているかというと、まず、流動性プロバイダーが、Hegicのトークンを購入し、これをHegicにロックする。このロックされた流動性を利用してトレーダー達は、オプション取引を行います。流動性マイニングの収益の原資は、これらのオプション取引の手数料です。

ただ、現時点では、Synthetixと異なり、どの程度の報酬が得られるかは、まだクリアになってきていないようです。

また取り扱い銘柄はデリバティブDEXですから、Synthetixと同じで幅広く扱うことができます。

ですから、改めてまとめると、Hegicは、Synthetixでは、流動性を供給する人と、その流動性を利用してトレーディングする人が、一人二役でトークンエコノミー をデザインしている一方で、Hegicは、この役割を分割することで、事業のスケーラビリティを上げようとしていることがわかります。

また、細かい点ですが、報酬も、WBTCとETHという最もメジャーな仮想通貨にすることで、Synthetixとの差別化を図っていることもわかります。

しかし、この程度は、Synthetixもすぐに対応できてしまうので、決して、強力な差別化になるとは言えないでしょう。

では、ここから、いつものバリューカーブ分析に入っていきましょう。

比較対象として、まず、同じデリバティブDEXを提供しているSynthetixとFTXです。FTXは、SerumというデリバティブDEXを運用しています。彼らは、Binanceと同じように中央集権取引所からスタートして徐々にDEXにシフトしていくことを考えています。

また、中央主権型のデリバティブ取引所機能も持つBinance。そして、現物DEX市場No.1の売買高と流動性を持つUniswapです。

まず、Uniswapなどの現物DEXとの差別化ポイントは、デリバティブ取引所で価格しか扱わないため、イーサリウムで発行されたトークン以外のトークンを簡単に扱えることです。

この点のスコープをさらに広げると、Binanceとの差別化の一つは、種類が非常に多いNFTや、テスラ株など既存の株式を扱える点です。

そして、Synthetixと比べると、やはり、流動性マイニングを持つことが最大の強みでしょう。一日で、DAOは、Synthetixがかなり先行していると評価しています。

チーム分析

次にチーム分析です。

Hegicのチーム構成はユニークです。

まず、創業者は、0MOLLY WINTERMUT3 という匿名プログラマーで、Tiwtterアカウントがあります。複数人である可能性もあります。

もう一人は、YFI、KP3Rをはじめとする優れたDeFiプロジェクトを立ち上げているAndre Cronjeです。彼は、Hegicの創業者ではありませんが、立ち上げから色々とサポートしているようです。Hegicのトークンエコノミー のセンスを見ていると、このあたりは、Andreがかなり知恵を与えていると見ています。

これ以外にチーム情報は、現状、全くないです。

チームの実行力の分析

次に、このチームの実行力の評価ですね。

こちらは、DEFI PULSEのデータからです。

デリバティブDEXの領域では、Stynthetixの市場シェアは、80%を超えており、文字通りNo.1企業です。

一方、後発のHegicは、現在第3位につけています。しかし、正確にいうと、2位のMutual Nexusは保険プロダクトに特化しているため、UXとテクノロジーが、HegicやSynthetixとだいぶ異なります。その点を踏まえると、Hegicは、実質的には、Synthetixにつぐ、No2ポジションのデリバティブDEXと言えます。

Synthetixが圧倒的なマーケットリーダーになるため、Hegicがどこまで巻き返しできるか?が焦点ですね。BaaSにおけるイーサリウムの一人勝ちお状態を踏まえとも、ここまで差がついている状態をひっくり返すのは、至難の技と見ています。

トークンエコノミーの分析

次に、トークンエコノミーです。

DEXは、こちらですね。

DEXの仕組みは、どちらからというとB2Bモデルなのですが、最終的には、ユーザーが、売買してくれないと流動性は上がりませんから、その点で、リーワード経済からネットワーク効果まで幅広く対応していく必要があるレイヤーです。

最重要のネットワーク効果について、まとめました。

まず、スタートラインは、Uniswapなどと同じで、流動性マイニングに興味のある個人投資家が、HEGICトークンを購入し、ロックするとこから開始します。

それで流動性が増加していき、流動性が上がってくると、自ずと、鳥あつい銘柄が増えてくるので、顧客満足度は上がっていきます。

これが、流動性プールの成長スパイラルですね。次に、この流動性プールが育つと、自ずと、売買高の成長もおきます。

流動性プールが多くなるほど、Non-ETHのトークンや、トークナイズされた株式の取引などに興味のあるトレーダーが流れてくるため、売買高が成長していきます。

すると、流動性マイニング参加者のもらえるWBTC やETHのインセンティブも増えていくため、顧客満足度が上昇し、結果的に、流動性マイナーが増えていくことになる、というトークンエコノミー ですね。

Synthetixのトークンエコノミー と比べるとこちらの方が優れていると思います。

そして、DAOですね。参考までに、直接競合のSynthetixは、DAOが非常に進んでいることでよく知られています。

DAOは主に3つあります。まず、ソフトウェアのアップデートについて管理しているプロトコルDAO。そして、Stynethixのエコシステムを成長させるための投資活動について意思決定を行うためのGranstDAO。最後に、ビジネスモデルやサービスモデルの改善を進めるためのSNX投資家やユーザーが参加するSynthetixDAO。

また、2020年7月よりは、それまでこのDAOのガバナンスは、Styenthetix財団がリードしていたのですが、これも完全にコミュニティに委ねていく活動に切り替えています。かなり、先進的な取り組みですね。

という具合に、SynthetixのDAOがかなり進んでいるため、ここに追いつくのはかなり大変でしょう。

ハイプサイクル分析

最後に、ハイプサイクル分析ですね。

いつものガードナーのブロックチェーン産業のハイプサイクルの最新マップをベースに話をします。

DEXのプロジェクトは、ブロックチェーンを利用したAHC(Automated Clearing House)Paymentが該当します。ACHは、分散型の銀行間送金ネットワークで、DEXもこれをブロックチェーンを利用することで、送り手と受け手の間でよりセキュアで高速な送金を実現しようとしていることと本質的には同じです。目的が送金ではなく、投資の売買であるということですね。なので、まだ黎明期の段階です。

また、DEXはプラットフォーム型のプロジェクトですから、当然、DAOが中長期で重要になってきます。

Hegicは、Synthetixと比べると、DAOについても取り組みは、かなり差が生まれているので、どこまでキャッチアップできるか、というところです。

投資に関わる最終的な総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、DEXはこの業界にとって非常に重要なカテゴリの一つになり、ペインポイントの内容もクリアになっているので、5.0です。

そして、プロダクトは、Synthetixと比べるとトークンエコノミーの設計がかなり改善されているので、4.5と評価しました。

ただ、チーム力は、匿名性が非常に強く、Andreも創業者ではないため、求心力も未知数になるため、少し保守的に評価し、3.5です。

チームの実行力は、もちろん、実績を見るとそれなりのレベルですが、いかんせんSynthetixとの差がつきすぎているため、容易に追いつけないことを踏まえて、こちらも保守的に評価し、3.5です。

トークンエコノミー は、Synthetixに比べて、ネットワーク効果がかなり改善されているので、4.5にしました。
最後にハイプサイクルは、基本、Synthetixと同水準と評価し、4.0です。

合計点は、25.0です。

僕の最低の投資基準は25.0以上なので、投資推薦はできます。

デリバティブDEXは、強力な競合もSynthetixとFTXぐらいと少ないので、No.2は十分狙えると見ていることから、それなりの成長は見込めると見ています。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。

関連記事