今日は、C.R.E.A.M. Finance(クリーム・ファイナンス)のトークンCREAMのファンダメンタル分析についてお話しします。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

まず、僕のポートフォリオ戦略における、CREAMの該当カテゴリは, 3つ目です。

メインは、3つ目のToken Collateralized DeFiですが、その他、DEXのプロダクトも持っていますし、Defi アグリゲーターとして、1のB2C Dappsの領域も出てこようとしているようなので、そこもサブマッチングカテゴリとして該当します。

僕の「ポートフォリオ戦略」について詳しく理解したい人は、そちらのYouTube動画を参考にしてください。

分析視点は、いつもの6つの視点、つまり、ペインポイント分析、プロダクト分析、チーム分析、チームの実行力、トークンエコノミー 分析、そして、ハイプサイクル分析です。

また、それぞれの分析ポイントで何を重視しているかについては、詳しくは、「アルトコイン投資戦略のポイントについてのまとめ」のYouTube動画を参考にしてください。

ペインポイント分析

一つ目、ペインポイント分析です。

銀行ビジネスに関わる点です。

銀行の融資モデルは、非常に問題が多いです。期限、金利、担保などの条件を色々と細かく決めて行うからです。この背景は、銀行が、金融システムにおける「中間搾取者」になっているからですね。こちらの図を見てください。

銀行のビジネスモデルは、とてもシンプルです。お金が余っている人は、銀行に預ける。そして、金利収入を得る。一方、お金が欲しい人は、その銀行に預けられているお金を借りにくる。この仲介役の役割として、銀行員が存在します。銀行員は、お金を必要としている借り手から、「審査」して、お金を融資して、金利という形で支払ってもらい、その手数料の一部を預金者に還元します。

しかし、だれに融資するかは、銀行員が決めてますよね?これが、「中間搾取の問題」を引き起こしているわけです。これを理解するには、インターネットがなぜこれだけ成功したのか?を考えればわかります。

こちらの図を見てください。

インターネットの前のメディアの中心は、TVでした。TVにおけるコンテンツの流し方は、作っているアーティストがいて、それを芸能事務所、TV局、広告主などが中間搾取者としてどのコンテンツをユーザーに流すかを決めていました。だから、中には、ユーザーにニーズがあるのに、日の目をみないまま引退してしまうアーティスト達がたくさんいました。

インターネットは、これを破壊し、全て民主化、非中央集権化しました。だから、YouTubeやInstgram発の有名アーティストがたくさん生まれるようになったのですね。どのアーティストが優れているかは、TV局や芸能事務所が決めるのではなくユーザーが直接決める、これがインターネットが成功した背景です。

そして、ブロックチェーンによって、これが金融の世界でも起きはじめています。

今までの金融システムは、お金の余っている人と、必要な人の間に、銀行、ベンチャーキャピタリスト、そして、信用格付け会社などが中間搾取者としてビジネスをしていました。それが、ブロックチェーンによって、民主化され、非中央集権化され、お金の余っている人と必要としている人が直接やりとりできる仕組みが今後、当たり前になっていくということです。

もう一つは、DeFiにおいては、ノンカストディアン型のシステムが顧客資産をハッキングから守る上で必須であるということ。

中央集権型の取引所やレンディングプラットフォームは、ハッカーに狙われやすいです。例えば、仮想通貨取引所は、過去、合計で1500億円近いハッキング事故を起こしており、すべて、中央集権型の取引所で発生しています。なぜか?

こちらは、DEXプロトコルの一つ0xのホワイトペーパーからの抜粋ですが、要するに、中央集権取引所は、一つのシステムにユーザーが保有・または売買する仮想通貨をプールして持っているため、一度のハッキングで、何十億という規模のお金が手に入る可能性があります。だから、ハッカーは狙うインセンティブがあるのですね。

一方、DEXはこととは全く異なります。ユーザーのウォレット単位で保有する仮想通貨が、分散しています。このレベルまで分散していると、ハッカーにとっては、ハッキングする意欲が損なわれます。なぜなら、一つのウォレットアカウントをハッキングする労力は、一つの中央集権型取引所をハッキングする労力と同じなのに、手に入る可能性通貨の量が個人保有レベルだからですね。しかも、どのウォレットのどの仮想通貨がどれぐらい保有されているかは、アタックしてみないとわかりません。

このような状態にあるDEXや非中央集権型のレンディングプラットフォームを「No-Cutodian」型、つまり、カストディーサービス(保管サービス)を持たないシステムと呼んでいます。

では、この点の理解をベースに、プロダクト分析を進めていきましょう。

プロダクト分析

まず、CREAMのおさらいからです。

このプロジェクトは、2020年8月に台湾の連続起業家、Jeffrey Huangによって立ち上げられました。C.R.E.A.M.の名前の由来は、アーティストWu-Tang Clanの有名曲 C.R.E.A.M.(Cash Rules Everything Around Me)からとったものです。いいオマージュですね。CREAMは、現在イーサリウムとバイナンスチェーンの二つの上で稼働しています。しかし、DEXのことを考えたら、イーサリリウムがメインになるでしょう。

CREAMトークンは、いわゆるプレマイニングなしで発行されているので、ある程度の分散性が維持されています。また、2020年9月に総発行予定900万トークンの67.5%相当のバーンを実行し、総発行予定量は、2,925,000まで減っています。

次に、CREAMのプロダクトポーロフォリオです。ここを理解することがまず大切です。

まず、CREAMは、単一プロダクトではないです。まず、そもそも立ち上げてにリリースされたCREAM Finance、これは、Compoundからインスピレーションを受けて作っており、彼らと同じレンディング・プロトコルです。

次に、CREAM Swap、これはDEXプロトコルで、中身は、Balancerを山雨に作られており、UIは、Uniswapに近いです。最後に、creamY、これは、YFIやCurveなどからインスピレーションを得ており、AMMプロトコルの一つで、現在はインパーマネントロスリスクが低いステーブルコインペアにフォーカスし、Slippageの低いプロダクトを提供しています。

なので、このプロダクトポートフォリオを俯瞰すると次のことがいえます。

これは、YFIのプロダクトポジショニングの図です。彼らは、様々なDeFiプロトコルとウォレットアプリの間に立って、個人投資家の資産運用の最適化するエンジンを持つことが特徴です。

一方、CREAMは、このレッドマークにあるように、YFIのDeFiアグリゲーター領域から、彼らの下にあるDEXやLending プロトコルまで全て垂直統合プロダクトを生み出そうとしているということです。

これらの理解を踏まえた上で、いつものバリューカーブ分析をやっていきましょう。

僕の分析では、CREAMの競合は以下のように整理できると考えています。

まず、同じレンディングプロトコルのAAVE。そして、DEXのUniswap。そして、DeFiアグリゲーターのYFI。最後に、これら3つの領域を中央集権的に提供しているBinanceです。

ただ、見てわかる通り、色々と手を出していることもあり、正直、現時点で、CREAMが、これら主要な直接競合に比べて圧倒的に優れているという点は、まだ獲得できていません。

ただ、この図からも言えることは、こういうことだと思います。

要するに、CREAMは、非中央集権型のBinanceのようなプロダクトを生み出そうとしているということです。DeFiの主力層を全て自ら手がけることで、最終的に統合プロダクトを考案しようと考えていると見ています。

ここで、重要なポイントについて、お話します。

一見、この垂直統合型のプロダクト、すごく可能性のある話に聞こえると思いますが、ソフトウェアビジネスの世界ではかなり注意が必要です。

良い例として、zyngaの創業者で元CEOのマーク・ピンカスが、Zyngaを手がける前に創業していたTribeというSNSの話をします。

Tribeはもう今は存在しないSNSですが、2003年のSNSの黎明期において、コアファンを一定数獲得するほど人気を得た時期がありました。

しかし、なぜ、今では成功できなかったのか?こちらをご覧ください。

それは、垂直統合型のソフトウェアを成功させるのは至難の技だということ。Tribeは、3つのSNSの要素を持っていました。フェイスブックと同じ実名式で、自分の属するコミュニティに応じて使うSNS。そして、スキルやキャリア経験などをもとにしたプロフェッショナルネットワークSNSとして人材採用によく利用されるLinkedin、最後に、評価経済を使ったコンテントキュレーションメディアのReddit。Triveは、この3つを全て機能として持っていました。

一部のコアファンはついたのですが、結果的に、この3つは、全て、別々のSNSとして成功し、3つとも持つTribeはダメになってしまったのですね。

ここから得られる教訓は何か? 垂直統合型のソフトウェアというのは、その分、多機能にもなるため、ネットに詳しいかつ好きなユーザーにとっては、素晴らしい存在なのですが、多くの一般ユーザーにとっては、使い方を学ぶのに手間がいるSNSになってしまったのです。ですから、それぞれ別の目的別に立ち上がったよりシンプルなSNSに負けてしまったということです。

僕は、これと同じことがCREAMにも起きるリスクがあると見ています。

チーム分析

次に、チーム分析です。キーメンバーの3人でみな台北市ベースです。

まず、創業者のJeffleyは、トークンエコノミー版RedditのMithril、そして、NFTデジタルアートのマーケットプレイスであるMachiの創業者でもあります。ブロックチェーン市場の連続起業家ですね。

次に、Leoも共同創業者で、Machiの創業者でもあり、Mithrilの元暫定CDだった人物でもあります。州立ミシガン大学でMBAを、UCバークレーで、経済学の学位をとっています。

最後に、Wilsonは、DAOメンバーで、Steakerの創業者。MithrilのプロダクトとエンジニアリングのVPでもあり、その前は、Yahoo!のシニアソフトウェアエンジニアでした。国立台湾大学でコンピューターサイエンスの修士号をとっています。

これに加えて、5-10人のメンバーがおり、かつ、Compoundが、セキュリティとテクノロジーのアドバイザリーとして手伝っています。

チームの実行力の分析

次に、チームの実行力です。

DeFi PULSEのデータによれば、CREAMは、現在主力のCOMP、AAVEと同じレンディングプロトコルの実績で言うと、2021年1月の時点で、業界第5位につけています。ただし、MKR、COMP、AAVEとはかなり大きくTVLを引き離されている点は注意してみておきましょう。

 

トークン・エコノミー分析

次にトークン・エコノミーです。該当するのは、B2C DappsとCollateralized DeFi とDEXです。

最重要のネットワーク効果の分析からみていきましょう。

ただ、最終的に統合プロダクトを作り上げる点を踏まえて、かつ、顧客との直接の接点が、YFIのプロダクトと同様の具合になることを想定し、参考までに、YFIのネットワーク効果を共有しておきます。

まず、仮想通貨保有者で、イールド・ファーミングや流動性プールに興味があるけど、あまりリスクを取りなくないユーザーが、yEarnに運用してもらうというのがスタートラインになるでしょう。すると、YFIに参加するDeFi運用の”戦略”製作者は、どんどん収益機会が増えていきます。

そして、ここが最も肝心で、ここで、様々な”戦略”で高い収益率を上げると、顧客満足度は上がりますから、そのうわさを聞いて、更に多くの投資家がyEarnに自分が保有している仮想通貨を預けるようになるわけですね。これが、一番目の成長メカニズムで、資産運用のプール資金の成長になります。次に、この第1の成長メカニズムが成立すると、より多くのウォレットアプリが、yEarnに接続してきます。すると、扱う資産対象の種類も、メインのビットコインのみならず、アルトコインやNFTなど豊富になっていき、yEarnのイールド・ファーミングや流動性プールで稼ぐ収益機会も増えるため、より多くの個人投資家がYFIに流れてくることになり、顧客体験は改善されていきます。

そして、DAOですが、分散型銀行を目指すのだから必須ですね。

この点は、すでにソフトウェア自体が分散型であるCOMPやAAVE, YFI、Uniswapに比べて、CREAMは、まだ全然追いついていません。参考までに、こちらもYFIのDAOをご紹介しておきます。

YFIのDAOは、他のDeFiプロジェクトと比べても群を抜いてDAOが発達しています。

ですから、近しいプロダクトを提供するCREAMは、ここにどれだけ高速にキャッチアップしていけるかが重要な評価視点の一つになります。

ハイプサイクル分析

最後にハイプサイクル分析です。

ガートナーハイプサイクルの2020年版です。

該当カテゴリは、ブロックチェーン・アセット・トークないゼーションと、Dappsです。ブロックチェーンアセットは、向こう3-5年の超重要テーマの一つですが、いずれも、紹介したCOMP、AAVE、Uniswap、YFIなどにくらべて強力な差別化ポイントが獲得できていないのが現状です。

投資に関わる最終的な総合評価

そして、最終的な総合評価は以下の通りです。

まず、ペインポイントは5.0です。仮想通貨市場に長期投資家や個人投資家を呼び込む目的からも、Token Collateralized DeFiはとても重要な役割を担っており、かつ銀行という中間搾取業者をこの世からなくすためにも、このペインポイントは非常に大きいと言えます。

プロダクトは、やはり、垂直調合形で3つのレイヤー全てにプロダクトを提供しようとしているものの、強力な強みを全くまだ獲得できていない点と、そもそも垂直統合型で先行する大型競合に対抗しようしている点で、プロダクト戦略がかなり難易度が上がると判断し、3.5です。

チームの能力は、経験豊富な連続起業家とその元同僚によって立ち上げら得れているので、練度の高い実行力が発揮できており4.0です。

チームの実行力の評価は、実績の上がっている秀力実行力は競争の激しい、DeFiのレンディングで勝負していながら、第5位まで入ってくるレベルなので、それなりに高いと評価し、4.5です。

トークンエコノミー を4.0にした背景は、そこそこの実績は上がっているものの強力なネットワーク効果をえらえるプロダクトにまだ到達していない点を踏まえて、4.0です。

ハイプサイクルは、非常にポテンシャルの高いブロックチェーンアセットの領域で一定レベルの実績を上げている点は評価し4.0です。

合計点は、25.0です。

僕の最低投資基準は、25.0以上なので、投資推薦は可能な銘柄です。

もし、本当にシンプルでかつ統合的なDeFiプロダクトができればかなり便利ではあるので破壊力があります。ただ、私が推測している非中央集権型のバイナンスを作ることの難易度を踏まえると、相当の努力が必要と踏んでいます。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。