今週の価格分析No.2は、

DOT, LINK, 1INCH, そしてSUSHIを深く見て行きたいと思います。

DOTの価格分析

まず、DOTです。

4時間足チャートからです。

1月17日5amに$19.4をマークしてより持ち合い相場が続いています。これがいつまで続くのか?というと、転換シグナルが日足チャートに出始めています。

日足チャートを見てみると、ボリンジャーバンドの中間ラインに、チャートが差し掛かってきているのがわかりますね。ここで反発すればもう一段高を狙うチャンスが出てきます。ただ、アルトターンも2月中旬手前ぐらいで一旦終わると見ているので、大きな上昇はあまりないと見ており、ボリンジャーバンドの上値ラインと下値ラインも追いついてきているので、このおいつき具合に合わせて、次のアルトターンがくるまでの修正局面がくると見ています。

LINKの価格分析

続いて、LINKです。

まず、1時間足チャートです。こちらも、DOTと少しにたい展開で、1月31日9amに$24.678をマークしていますが、全体としては持ち合いの展開です。

日足に目を移してみると、1月25日にマークした、$25.7824のATHのあとの修正局面であることがわかります。ただ、全体の地合いは強く、ボリンジャーバンドの中間値ラインを反発ラインとして上昇トレンドが継続しています。アルトターンがあと1週間程度で終わると予測している点を踏まえると、ボリンジャーの下値ラインの切り上がりを待ちつつ、中期の修正局面に入るのではないかと見ています。

1INCHの価格分析


次に、1INCHです。

1時間足チャートです。

1月29日1pmの$2.846から、1月31日1pmに、$5.55まで上昇し、ATHを更新しています。その後、ボリンジャーバンドの上値ラインと下値ラインをベースにした持ち合い相場に入っていることがわかります。

ただ、この継続性は長くは続かないとみています。

日足チャートに目を移してみると、KDJにそのシグナルが出てきています。現在は、上昇トレンドの傾向にはありますが、収束局面に入りつつあります。もうしばらくすると、一旦、下落展開になるのではないかと見ています。

SUSHIの価格分析

最後に、SUSHIです。

まず、関連ニュースです。

 

Sushiwapが、ハッカーから攻撃を受け、81ETHを盗まれた模様。価格への影響を次に見ていきましょう。

 

1時間足チャートを見るみると、

ニュース報道は1月28日ですから、ほとんど影響なく1月31日にATHを更新し、$11.3をマークしたのち、ボリンジャーの下値ラインにヒットする短期の下落が起きていますね。今はなんとか、中間ラインに戻そうという動きが出ているのがわかります。4時間足チャートを見てみると、中間ラインをしばらく耐えてから、数日間上昇が続いており、ニュースをキッカケに修正局面に入ったことがわかります。

一旦は、4時間足のボリンジャーバンドの中間ラインまでは値段を戻す動きになると見ています。

さて、いつもの最後のスライドです。

 

アルトコインへの投資は、基本、創業期のGoogleやFacebookに投資するのと同じテックスタートアップ投資であることを理解してください。ここで目覚ましい投資結果を出している投資家のレイド・ホフマンやピーター・ティール、そしてロン・コンウェイなど、みな共通しているのは「長期保有」であるということです。この点は、バイナンスリサーチの結果からも裏付けられています。長期保有者ほど、仮想通貨はリターン率が高いということです。なので、僕も基本、個人投資家の人にはトレーディングではなく長期保有をおすすめしています。以上になります。

そして、全ての動画の内容は、教育目的で作成しており、投資リターンを確約するものではありません。最終的な投資判断は自己責任でお願いします。

他にも色々とアルトコインの分析やブロックチェーンの関連動画を配信しているので、是非、チャネル登録をお願いします。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。