ツインレイの愛 – 2つの魂が再会し、再び統合するまでの7つの過程

前回、輪廻転生が、NHKスペシャルで特集され、科学的に証明されつつあるという話をして、魂の話をしたので、よい機会ですからツインレイ の話ににも触れておこうと思います。

ツインレイ は二つで1つ。

最近、女性の間で話題になってきているツインレイ 。僕が、ツインレイの話を知ったのは、2011年のころだったと思います。このブログを見つけました。おそらく、ツインレイのサイトとしては、世界でもっとも知られたサイトだと思います。

Enter the Divine Twin Ray Reunions

内容が全て英語になるので、補足もしつつ翻訳します。まず、全ての魂は、生まれ変わりを通じて、無限に進化し続ける旅をしています。そして、全ての魂が、7つの段階の魂の関係性を持って、成長していきます。

魂の関係性における7つの段階

    • Twin Ray – ツインレイ
    • Twin Flames – ツインフレーム
    • Twin Souls – ツインソウル
    • Twin Mates – ツインメイト
    • Divine Expression – ディバイン・エクスプレッション
    • Soul Mates – ソウルメイト
    • Divine Complement – ディバイン・コンプリメント

ツインレイ が最終ゴールで、ディバイン・コンプリメントがスタートです。それぞれの意味についてお話していきます。

Divine Complement – ディバイン・コンプリメント

コンプリメントというのは、「補完」という意味の言葉です。どのような意味で補完するか?と言えば、自分の魂のレベルと鏡のような存在の魂が自分に前に現れることです。そして、この魂をあたなに送り込んできている主は、実は、他ならぬ、あなた自身なのです。

正確にいうと、よく言われるハイヤーセルフという存在が送り込んできます。ハイヤーセルフは、心理学の世界でいう自分の「意識」と「無意識」のうちの、無意識の中にあります。

鏡ですから、当然、ありのままの自分の姿を、相手の生きる姿を通じて見せられることになります。それは、あなたの醜い部分も映し出すし、また、美しい部分も映し出します。心理学における「投影」に近いですね。人の多くは、自分のよいところは素直に受け入れるけど、醜いところはなかなか素直には受け入れることができないですよね。

その場合、この醜い部分を他人に当てはめてその他人を批判したりするのですね。多くの人は、ここで結婚という決断をすることも多いです。しかし、この魂同士は、鏡の関係性として、一定のレベルの学びが終わると、自然と離れていきます。ですから、結婚よりは、恋愛や友人関係の方が向いている関係と言えます。

そして、忘れてはならないのは、このディバイン・コンプリメント(神聖なる補完関係)から始まり、地球における魂の関係性というのは、全て、自分の魂を成長させるためにある関係ということです。

Soul Mates – ソウルメイト

ソウルメイト、これはよく聞く言葉ですね。ソウルメイトは、新たな生まれ変わりをする前に、すでにどのソウルメイトがあなたの人生に現れるかが決められています。そして、ソウルメイトが現れる目的は、あなたを精神的に強くすることにあります。多くの人は、ソウルメイトと結婚することを考えたりしますが、あなたの方が、ソウルメイトに対して極端に依存してしまう関係、いわゆる心理学でいうところの極端な共依存関係になってしまうため、これも結婚相手として望ましいとは言えません。そして、ソウルメイトとの関係が、ポジティブなものになるか、ネガティブなものになるか、そのときのあなたの精神の強さがどの程度にレベルに達しているかによります。

そして、生まれ変わりのたびに、現れるソウルメイトは、別の人になります。基本的には、自分が属しているソウル・ファミリーの中から、ソウルメイトが決まります。ソウル・ファミリーとは、大変大きなグループです。時には、特定の学びをえるために、別のソウル・ファミリーからソウルメイトが設定されることもあります。

ソウルメイトは、同性であることもあれば、異性であることもあり、これは、全て、あなたが何を経験するために、今回の生まれ変わりを選択しているかによって決まります。大半の場合、ソウルメイトとの関係は、ロマンチックな関係ではないことが多く、ソウルメイトとの関係は、自分の周りに取り付いてしまっている意識のしがらみなどを取り払うためにあります。それを通じて精神的に強くなっていくのですね。ですから、ソウルメイトとの関係は、恋愛のような深い愛情関係になることもあれば、自分の魂の学習や成長のための教えられるような関係でもあったりするわけです。

Devine Expression – ディバイン・エクスプレッション

エクスプレッションとは、「表現」という意味です。ディバイン・エクスプレッションは、あなたの人生にとても大きな影響を与える役割を追っています。特に、あなたの人生が、本来、自分の魂が意図した方向に向かっていないときに、そのことをあなたに気づかせるために、深い示唆をあなたに与えます。これが、ディバイン・エクスプレッションが存在する最大の意味です。多くの場合、あなたは、今の自分の道が正しいと信じているので、自分にとっては、辛い想いをすることが多いです。ただ、あなたのまだ曇った目を開くために、このような方法で、手助けするというのもあるわけです。ポジティブに捉えるならば、これはあなたにとって、あなたが想定していなかった気づきを得るための貴重なギフトでもあるわけです。この段階まで、魂の成長がくると、自分の周りにツインレイ が現れつつあるのではないという感覚を持ちます。

Twin Mates – ツインメイト

これも、よく聞く言葉ですね。ツインメイトというのは、恋愛のようなロマンティックな関係性ではなく、いわゆる類は友を呼ぶという「似た者同士」の関係のことです。心の底から気が合う仲間、更に言い換えれば「同志」と言ってもよいでしょう。ツインメイトは、その数が決まっており、自分にとってのツインメイトの魂は、144あると言われています。この144というのは、よく言われる「神秘数」の一つで、あることを完遂させるために必要な数のことを意味しています。そして、144のいるツインメイトのうち、何人かは、ここ地球に生まれ変わっていますし、場合によっては、宇宙の銀河系の他の惑星に、生まれ変わっていることもあります。そして、その目的の完遂とは、地球の場合でいうと、新訳聖書に出てくる「至福千年紀」を創造することにあります。

また、あなたが、ツインメイトに出会った場合、ツインメイト自信がまだ十分に目覚めていないこともありますが、あなたとの関係を通じて、目覚めていくこともあります。当然、逆も然りです。

Twin Soul – ツインソウル

ツインソウル、これもよく聞く言葉です。ツインソウルは、いわゆるバイブレーション、これがとても近いと感じる魂のことです。ツインソウルは12あります。その12は、手前でお話した144のうちの12になります。12の二乗が144ですから、つまり、ツインメイトの144の魂は、12のツインソウルのグループからなると言うことでもあります。そして、この12の魂は、あなたの地球での人生で、もっとも近い関係でもあります。この魂に出会うと、なんか、一生、一緒に仕事をするような感覚をもったりもするのですが、その通りなわけです。その12の魂がもつそれぞれのアセンデッドマスター(日本語で言うと、精霊という言葉が近いですね)は、あなたが、キリスト教で言うところの「キリスト精神」をもてるように導いてくれる存在でもあります。例えば、イエス・キリストが造られた十二使徒の12もこの数字と繋がっているのです。

ですから、一部の12のツインソウルは、かつての十二使徒のように、キリスト精神の教えを広めるような役割を負っていたりもします。この12のツインソウル同士の関係は、素晴らしいロマンチックな関係であったりもします。12人のうちの、男性・女性の割合は、あなたの魂を成長させるための学びや経験などに応じて決まるといわれています。

Twin Flames – ツインフレーム

そして、ツインレイ の一歩手前のツインフレームです。ツインフレームの関係性は、大昔から決められており、この宇宙の様々な惑星で生まれ変わるたびに、とても近い関係で一緒に仕事をする魂の仲間です。ツインフレームの魂は、7つあると言われています。この7つの魂のことを、先ほどの12のアセンデッドマスターに対して、マイティーセブンと呼びます。マイティーと言うのは、「桁外れ」という意味で、この7つの魂が一緒になったエネルギーは、ものすごいぞ!ということですね。笑

そして、このマイティ・セブンの魂同士の結合は、ツインレイ との出会いの前に必ず起きます。ツインフレームの魂は、男性の魂が4つ、女性の魂が3つで構成されることが決まっています。そして、そのうちの3つの魂が、この地球に生まれ変わっています。残りの4つは、別の次元(正確に言うと、地球が3次元で、それよりもっと上の次元)に存在しています。

ツインフレームとの関係は、深い愛をあなたに喚起させます。ですが、ツインフレームの愛というのは、いわゆる男女の性的な関係を超えたもので、お互いのお互いに対する献身的な愛情で満ちています。ツインフレームとの関係は、ツインレイ と出会った後に起きるとよく言われる「分離期間」に入った後、一番はじめに関係をもった人が、あなたにとっての地球でのツインフレームです。

ですから、ツインレイ との結合を果たす前に、このツインフレームとの別れを経験しなければならず、それはとても悲しい想いをすることが多いです。それだけ深い献身的な愛情をお互いに持った関係であったが故なのですが、しかし、その悲しみの気持ちのすべて整理がついたとき、いよいよ最後の段階である、待ちに待った「ツインレイ との再統合」に、あなたの地球での人生は進むことになるのです。

Twin Ray – ツインレイ

そして、いよいよツインレイ です。ツインレイ は、究極の魂の関係と言われています。魂同士の関係において、もはやこれ以上に必要なものは何もありません。様々な辛い経験をしてきた二つの魂、なぜ、リユニオン(再統合)と呼ぶかと言えば、それは、もともと、この二つの魂は、一つの魂であったからです。ですから、この二つの魂の再統合は、先ほどの12のアセンデットマスターも含めて、全ての存在が長く待ち望んでいた「究極の調和」なのです。

このツインレイ との関係には、様々な疑念がまとわりついていますが、重要なことは、その出会いを「待つこと」です。そして、もはやこのツインレイ の関係性を拒否することには、なんの意味もなく、ただ、自分の魂の成長を妨げるだけです。そして、ツインレイ こそ、あなたにとっての「完璧な結婚相手」となります。再統合を果たしたツインレイ 同士は、その後も、魂としての成長を続けていき、そして、その責任は完全に平等なものです。そして、ツインレイ の関係を深めていくほど、二人は、一つの究極の愛、深く満たされた人生、そして、紛れもない一体感を得ていくことになります。

そして、これも理解しておかなければならない大切なことですが、ツインレイ の出会いと再統合にはルールというものが存在しません。それぞれの魂の成長によって、様々な展開で進んで行きます。唯一、意味のあることは、「日々、自分の意識を成長させていく努力をすること」です。それが、ツインレイ との出会いや再統合を加速させて行きます。逆に言えば、その精神的な意味での準備ができていなければ、ツインレイ の再統合はおきないということです。

また、ツインレイ の関係においては、時にそれは、宇宙の惑星であったり、より高次元の存在であることもあります。ですから、人によっては、結婚相手ではないということです。ただ、そのクラスの人は稀だと思います。笑 相当にハイレベルの魂の人でしょう。

また、別のケースでいえば、これもまれなケースですが、自分が地球ですでに出会っているソウルメイト、ツインフレーム、もしくはツインソウルの中に、ツインレイ が存在しているケースもあります。

また、ツインレイ の関係性も、必ずしも結婚相手になるというわけではありません。ツインレイ 同士の出会いは、魂が十分な成長ができたときに起きるため、年をとっていることも多く、その場合、相手がすでに結婚しているケースもあります。それでもそのまま関係を続けることもあります。なぜなら、ツインレイ は、お互いの調和された状態を決して壊すことをしない関係でもあるからです。

ツインレイ の再統合に関する理解を深めたい方は、まず、自分の直感を信じること、そして、その出会い、分離、再統合などの過程を落ち着いた気持ちで感じ取ることです。そして、そのために立ち止まらないことです。あなたの周りに、何か、懐かしいエネルギーを直感で感じ始めたら、それは、あなたの周りにツインレイ が現れている徴候と言えます。

これが本文の内容です。

また、冒頭にお話したNHKスペシャルの輪廻転生についてはこちらにまとめています。

輪廻転生が科学的に証明されると、人の人生観はどうなるか?

多くの人が、ツインレイ の再統合を達成できることを心から祈っています!

 

Insert Picture by Amir-abbas Abdolali

Eye Catch Picture by Pineapple Supply Co.

関連記事