今週の価格分析No.2は、CRV, CREAM, SNX,  そしてZRXを深く見て行きたいと思います。

こちらの内容はYouTubeにもまとめています。日本語字幕付きです。合わせて参考にしてください。

早速、はじめていきましょう。

1.CRVの価格分析

まず、CRVです。

関連ニュースです。

 

2月9日、CRVが、PolkaDotのネットワークに参加することになりました。これは興味深いです。

なぜなら、Polkadotはすでに、PolkerStarterというクロスチェーンDEXを開始し、実績も出てきているからですね。イーサリウムDEXとどのような協業モデルを考えているのか?継続ウォッチです。

このニュースがやはり内容的に微妙だったこともあるので、

CRVは、6日に$3.666をマークしていましたが、このニュースで発生した上昇では、その直近高値を超えることができず、そのままビットコインの急落に巻き込まれて、日足チャートのボリンジャーバンドの中間ラインを割るレベルの下落になっています。

ブルトレンドをキープしてきただけにこれは痛いです。

下落の下限ですが、ボリンジャーバンドベースでいうと、下値ラインの②の$2.0まで下げてから反発する可能性も十分高いと思います。

①の$2.8あたりで下げ止まるためには、この日足ベースで、中間ラインより大きく上のラインまで反発する必要があります。

ただ、中期的にはブルトレンドを継続していると見ており、週足チャートベースでいうと、KDJで、短期ラインが、中期ラインと長期ラインに接触すると反発する動きが1度起きているので、今回も似たような展開になる可能性が高いと見ています。

2.CREAMの価格分析

続いて、CREAMです。

関連ニュースです。

 

2月13日、CREAMが、37.5億円のフラッシュローンアタックを受けました。DeFiアセットプレイヤーとして、最高額です。

このニュースを受けて、チャートをみるてみると、

4時間足ベースでは、2月4日にATHの$380をマーク以降、ボリンジャーバンドの中間ラインで反発するブルトレンドをキープしていましたが、

ビッチコインの急落に巻き込まれて、中間ラインも割ってしまいました。

ボリンジャーの下値ラインも並行ライン入ってきている点を踏まえると、一旦$140あたりまでは下げると見ています。

また、週足チャートをみると、

大きな上ヒゲを出した後に、下落のロウソク足チャートが出ているので、ベアトレンドに入ったことが分かります。

KDJをみても、短期ラインが、中期ラインと長期ラインに対して下方ブレイクしているため、この点からもベアトレンドに入っていることが分かります。

ビットコイン相場が再び上向いてくると、ほぼあらゆるアルトが恩恵を受けられるので、それまでは辛抱の相場展開と言えます。

 

3.SNXの価格分析

次に、SNXです。

関連ニュースです。

2月10日、デリバティブDEXのStythetixで、Tesla株の価格をリスティングする投票が開始しています。いよいよですね。すでにFTXなどではリストされていますが、DEXではまだでした。

簡単におさらいしておくと、SNXは、Stythetixは、デリバティブDEXですから、現物DEXではないので、新たゆる金融資産を上場して売買することが可能です。

 

僕は、これは、株式投資家の呼び水になると見ています。いきなり仮想通貨投資をするより、慣れている株式投資から入る方が楽だからです。

その点から、今回のコミュニティからの提案は、他の株式銘柄でもどんどん加速していくと見ています。

このニュースを受けて、2月14日に、SNXの価格は、$28.981まで上昇、ATHを更新しました。

現在は、ビットコインの急落に巻き込まれて下落していますが、日足チャートのボリンジャーバンドの中間ラインで強く反発しているので、ブルトレンドをキープできているのが分かります。

ただ、週足を見てみると、KDJで3つのトレンドラインが収束する動きが出てきているので、後、1ヶ月から2ヶ月後ぐらいには一旦ベアに入る可能性があり得ます。

4.ZRXの価格分析

最後に、ZRXです。

関連ニュースです

2月10日、0xは、現在V4の開発を進めており、ここで一気にDAO化も進めています。

競合のUNIが、DAOを積極的に進めていますから、ZRXもここは遅れを取るわけにはいかないという感じですね。V4はかなり色々な魅力的な機能が追加される予定なので、ZRXの価格にとっては大きなポジティブ材料です。

このニュースを受けて、日足チャートでは、2月12日にATHを更新し、$2.036まで上昇しています。

その後、ビットコインの下落に巻き込まれていますが、おそらく、ボリンジャーバンドの中間ラインにヒットするタイミングで強く反発すると見ています。

また、週足チャートでいうと、かなり急上昇したので、下落圧力が心配なる投資家も多いと思いますが、KDJをみると、短期ラインが中期と長期ラインにヒットするたびに反発はしているので、V4のリリースまではブルトレンドをキープするのではと見ています。

さて、いつもの最後のスライドです。

アルトコインへの投資は、基本、創業期のGoogleやFacebookに投資するのと同じテックスタートアップ投資であることを理解してください。

ここで目覚ましい投資結果を出している投資家のレイド・ホフマンやピーター・ティール、そして、ロン・コンウェイなど、みな共通しているのは「長期保有」であるということです。

この点は、バイナンスリサーチの結果からも裏付けられています。

長期保有者ほど、仮想通貨はリターン率が高いということです。

なので、僕も基本、個人投資家の人にはトレーディングではなく長期保有をおすすめしています。

以上になります。

以上、みなさんの参考になれば幸いです。

注記:最終的な投資判断は自己責任です。