格安スマホ・格安SIMは、結局、光回線とのセット割が一番お得になるという話Vol.3

さて、前回、3大キャリアと主要の格安キャリアを比較して、格安キャリアを選ぶ際のポイントがクリアになったと思います。格安キャリアは、確かに、かなり使えるのですが、それはあくまで、家のインターネット光回線のセット割引を使える格安キャリアの場合にのみ言えることなんですね。そして、その条件を満たしてくれる格安キャリアは、今のところは、Y!モバイルと楽天モバイルのみです。

Photo by Two Paddles Axe and Leatherwork on Unsplash

そして、二つのうち、どちらかにするかの判断材料を改めてお話すると2つです。

  • データ容量を多く持ちたい人はY!モバイルがよし、価格重視の人は、楽天モバイルがよし
  • 都心在住者はY!モバイルがよし、地方在住者は楽天モバイルがよし

自分の環境に合わせて、選んでください。そして、選んだら、その経済圏のインセンティブを使い倒すことを考えてください。その方が結果的にお得です。

 

楽天モバイルを選択した場合

楽天モバイルを選択した方は、以下のステップで契約を進めるのが、最もお得です。

Step1:楽天光回線の契約をする

下記のリンクから申し込めば、¥18,000円のキャッシュバック+初月費用無料のキャンペーンを受けることができます。逆に、楽天モバイルを先に契約してしまうと、楽天モバイルの契約乗り換えには、特にキャッシュバックキャンペーンはなく、その代わり楽天光のキャッシュバックが、新規契約で10,000円、フレッツ光からの乗り換えで、5,000円になってしまうので気をつけてください。楽天光回線から契約することがお得なのです。

 

 

Step2:楽天モバイルの契約をする

楽天光回線の契約+回線工事が完了して、光回線が使えるようになったら、楽天モバイル「スーパーホーダイ」の契約に進みましょう。プランは、自分の好みで選んでください。そして、この場合、追加で知っておくべきポイントは、楽天カードを組み合わせるとものすごいお得になるよう設計されています。初めからお話しているように、長期利用で選ぶポイントもここです。

 

Step3:楽天カードを積極的に使いダイヤモンド会員以上をキープする

 

ここから、楽天経済圏の恩恵を最大限に受けられるようにして工夫して行きます。まず、楽天市場の会員水準をダイヤモンド以上にキープすれば、②のStep3の表でお話したように、初年度1年は、更に500円/月の割引が受けられます。これはありがたいですね。

ダイヤモンド会員をキープするには、過去6ヶ月で4,000ポイント+30回以上、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルで買い物することが条件です。たまに店舗によっては、ポイント10倍キャンペーンなどやってはいますが期間限定ポイントなので、6ヶ月のカウントの前に有効期限が切れてしまいます。ですから、通常1ポイント=1円で考えた方がよいです。

つまるところ、6ヶ月で40万円分の買い物を楽天グループでしましょうということです。これを達成する際に、必要になってくるのが楽天カードです。楽天カードであれば、その貯まる通常ポイントが2倍になります。つまり、20万円分の買い物でOKということです。この金額であれば、お米とかミネラルウォーターや、シャンプーなど、日常的によく使う食料と生活消耗品を定期購入すれば、大半の人が達成できる金額です。更に、楽天グループ以外での買い物でも1円=1%でポイントは溜まるので、そこまで含めて楽天カードで決済するようにすれば、ダイヤモンド会員の維持はそれほど大変ではないです。楽天もアホではないので、無理な条件は言ってこないわけです。

そして、楽天モバイルのスーパーホーダイに申し込むと、更にポイントが2倍になります。この時点で、4倍です。ただ、スーパーホーダイの2倍分は、通常ポイントとは異なり、期間限定ポイントですから、ダイヤモンド会員のキープには役立ちませんが、それでも4倍のポイントであれば、他のオンラインショッピングではまず得られない割引条件なので、かなりお得だと思います。

クレジットカードとデビットカードの場合も、条件はほとんど同じです。ただ、デビットカードは、楽天銀行の口座申し込みが必要で、楽天銀行の口座申し込みとカード発行を同時にやれば、入会時にもらえる楽天ポイントが、通常の5,000Pに更に500Pもらうことができます。僕は、翌月引き落としのクレジットカードより基本的にお金の管理やしやすいデビットカードをオススメしています。また、カードブランドはJCBとVISAの選択肢がありますが、国内利用しか考えていない人であれば、どちらでも同じです。海外旅行などに使う場合は、VISAの方が加盟店が多いので使いやすいです。

楽天モバイルを選択した方は、下手にAmazonやヤフーショッピングなどを使わず、積極的に楽天市場で買い物し、楽天経済圏を使いたおすことを考えるのが一番お得です。楽天カードのリンクを載せておくので、まだの方は是非検討してください。

Y!モバイルを選択した場合

つづいて、Y!モバイルを選ん方へのオススメ契約方法です。

Step1.ソフトバンク光を申し込む

下記のリンクから申し込めば、新規の場合、現金30,000円のキャッシュバックが受けられます。乗り換えの場合は、11,000円のキャッシュバックです。すでにソフトバンク光の人は、次の2に進んでください。

Step2.Y!モバイルの回線に申し込む

そして、Y!モバイルの回線契約です。3つのパックから、自分の利用環境にあったものを選んでください。オススメなのは、どこのキャリアも利用測定アプリを出しているので、過去3ヶ月のデータを自分で確認してから、どのパックが最も良いのか決めるのがよいと思います。そして、こちらのリンク限定なのですが、ここから契約すれば、¥10,000のキャッシュバックを受けることができます。これは、楽天モバイルにはないので、かなりお得です。ただし、親会社のソフトバンクモバイルからの乗り換えでは、このキャッシュバックの恩恵は受けられません。

Step3.Yahoo!Japanカードを申し込む

そして、Y!モバイルの場合も、カード利用を組み合わせることで、更にお得な設計になっています。Yahoo!JapanはTポイントと提携しています。Y!モバイルを申し込むと、Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用で、Tポイントを貯めるために必要なヤフープレミアムの月額462円が無料になります。そして、Yahoo!JapanカードはY!ショッピングやLOHACOの決済で利用することで、Tポイントが+2%、つまり3倍、それ以外での利用ですと、楽天カードと同じ1P=1円です。

両者に共通していること

あと、よく光回線を変えたら遅くなったとか色々クレームを言っているサイトが多いのですが、両者とも大元はNTTのフレッツ光なので違いはありません。どこで変わるかというと、Wifiルーターです。Wifiルーターは製品によって最大通信速度が違います。数千円でWifi高速ルーターが手に入るので、どうしても速さが気になる人は、高速ルーターを購入しましょう。僕の場合は、OCNからソフトバンクに変えた際に、ルーターをソフトバンクが提供してくれた無料のものを使い、初めは少し接続が不安定で遅くなるときもありましたが、今は、AppleTVで動画も全然快適に見れています。

また、気をつけた方が良いのですが、SIMカードのタイプです。大きく二つあるのですが、スマホの機種によってタイプが違います。今、自分が使っているスマホの機種を変更しないまま、乗り換えをする方は、必ず、そのタイプをキャリアのサポートセンターや店舗に問い合わせて確認してから、申し込むようにしましょう。間違ったものを選択すると契約を初めからやり直すことになるので、かなり面倒です。

そして、この両者は、よきライバルとして、今後もサービス開発競争を繰り広げると思います。楽天は、すでにソフトバンクモバイルと同じレイヤーのモバイルキャリア事業への参入を準備しています。一方、ソフトバンクグループは、楽天が持つViperのようなSNSを持っていない中で、LINEモバイルを子会社化しており、恐らく本体のLINEを手に入れたいと考えていると思います。ですから、ユーザーである僕らは、どちらか応援したい方を決めて、それにじっくり乗っかれば、自然とサービス内容が両者とも充実してくるので、その恩恵をたくさん受けることができます。他の格安キャリアは、この競争についてこれるほどの資金力と事業リソースを持っていないので、恐らく、どちらかに買収されるか、ニッチプレイヤーに追い込まれるか、レースから脱落して行くでしょう。それが競争の世界です。

また、Y!モバイルと楽天モバイルの最新キャンペーン情報はこちらにまとめています。まだ、どちらにするか悩んでいる方は、こちらのキャンペーン情報を元に決めるのが良いかもしれません。

https://lifeforearth.com/?p=2975

いかがでしたでしょうか? シェアハウスや寮などに住んでいて、Wifiが初めから使える人は、まずはY!モバイルか楽天モバイルにしておいて、独立したときに光回線でどちらか選ぶというのも良いと思います。インターネットは、現代の生活では必要不可欠なものなので、一人でも多くの人が、快適かつお得に使える環境を手に入れられることを祈っています!

関連記事