歯をキレイに保つためのツール選び:歯ブラシ+糸ようじ+舌ブラシ編

Photo by Alex on Unsplash

 

前回は、歯のメンテナンスで、歯磨き粉に含まれている危険成分への理解も含めながら、我が家で使っている製品も含めた天然歯磨き粉をご紹介しました。今日は、残り3つのツール、歯ブラシ、糸ようじ、舌ブラシについて詳しくお話していきます。

まず、おさらいとして、その3つの注意点を再度共有しておきます。

歯をキレイに保つための注意点3つ

  • 歯垢の掃除をまめにする
  • エナメル質を削らない。象牙質を守る
  • 舌も清潔に保つ

歯ブラシは、歯垢の掃除とエナメル質に影響を与える大切なメンテナンスツールの一つであり、糸ようじは、歯ブラシでは取れきれない歯垢の掃除に役立つツール、そして、舌ブラシは、3つ目の舌のメンテナンスには欠かせない超便利ツールです。では、それぞれ詳しくお話していきましょう。

歯ブラシ選びのポイント

まず、歯の周辺にたまる歯垢を丁寧に取っていくことを踏まえて、ヘッドの大きな歯ブラシを選ぶのがよいです。理由は、ヘッドが大きいと少ない回数で、歯の全体を磨くことができるからです。時間に余裕があるときなどであれば、ヘッドの小さい歯ブラシで時間をかけて丁寧に磨くのも可能ですが、現代生活ですと、そうもいきません。忙しいときや、飲み会などで帰宅が遅くなってとても眠いときなどには、そのような歯の磨き方はなかなかできないものです。その点、踏まえてヘッドの大きなものであれば、そのようなときでも歯全体を丁寧に磨くことができるので便利です。

次に、ブラシの硬さです。僕は、普通レベルのものにしています。硬いものは使わないです。理由は、エナメル質を守るためです。硬いもので、かつ、仕事でストレスが溜まっているときなどに、歯磨きするとけっこう歯磨きに力が入ってしまうので、エネメル質を削ってしまうリスクがあるからですね。硬いエネメル質とはいえ、繰り返し硬いもので摩擦していると、やはり、多少はすり減ってしまうものですから、その点を避けるためです。

最後に、毛先です。比較的細いものを選んでいます毛先が丸いものや球タイプのものも使っていたことはあるのですが、歯垢が取れている感触が全然ないので止めました。

過去、いろいろな歯ブラシを使ってきましたが、今は、この歯ブラシがとても気に入っています。妻も僕と同じものを使っています。

「ふつう」と「やわらかめ」がありますが、僕も妻も「ふつう」にしています。ヘッドも大きく、毛先が細いものと通常のもの、そして、固めと普通のものがコンビになっているので、歯垢の場所や歯と歯茎に合わせて丁寧に磨くことができます。とても気に入っています。よかったら、ぜひ、一度、試しに使ってみてください。

 

糸ようじの性能と選び方のポイント

続いて、糸ようじです。まず、糸ようじを使う理由を理解しましょう。歯ブラシの場合、歯垢の掃除は、平均50-60%程度が取れるのが一般的というのが調査でわかっています。もちろん、たくさん時間と労力をかければもっと取れますが、そこまで時間かけて歯磨きできる人はそういないと思います。そこを補ってくれるのが、糸ようじです。糸ようじを使うと、その数値が、80%-90%程度まで平均値が上がることが分かっています。特に、歯と歯の間の歯垢を取るのは、歯ブラシですとなかなか手間がかかりますが、糸ようじだと楽に取れます。僕が、今、使っている糸ようじはこちらです。

とても使いやすいです。携帯用の小さいケースもついてくるので、旅行に持っていく際に使っています。糸ようじの場合は、実のところ、どのメーカーから出ているものもほとんど性能は同じで違いはないです。なので、よほど、その商品やメーカーに思い入れがないのであれば、一番売れている商品を素直に選択するのがよいと思います。寝る前には、必ず、糸ようじを使って、歯と歯の間の歯垢を掃除してから寝るようにしましょう。

 

舌ブラシの性能と選び方のポイント

そして、最後に舌ブラシです。舌ブラシは、僕は、妻に教えてもらってから毎日使うようになりました。以前は、歯ブラシを使って、歯磨きの最後に舌を磨いていたのですが、舌ブラシを知ってからは、こちらの方が圧倒的に舌に付着している歯垢が取れるので、完全に切り替えました。なぜかという、舌ブラシは、基本的に、歯ブラシより硬い材質で作られているからなんですね。舌に付着している歯垢は、体感として、けっこう硬い材質のもので磨かないと取れないです。

そして、いくつかのメーカーから製品が出ていますが、我が家では、下記のものを使っています。

「かため」と「ふつう」があり、僕と妻は、「かため」を使っています。舌の場合は、歯のようにエナメル質を気にする必要はないので、しっかりと舌をブラッシングできるよう「かため」がオススメです。そして、舌クリンは、歯垢の取り除き用ブラシとかき出し用ブラシ、二つともゴム製のブラシの組み合わせで磨くことができるので、実感としてこれが一番キレイに取れている感触があります。また、気持ち強めに磨くことをオススメします。その方がしっかりと歯垢が取れます。特に、舌の色が白色になっているなど明らかに色が赤色になっていない状態の場合は、赤色になるまでしっかりと磨くことをオススメします。

いかがでしたでしょうか? 合計4回に分けて、歯のメンテナンスをきちんとすることのメリットや、その注意点、そして、実際に比較検討した上で普段使っている歯磨き粉、歯ブラシ、糸ようじ、舌ブラシについてご紹介しました。みなさんが、いつまでも健康的かつ清潔な白い歯を保てることを心から祈っています!

関連記事