健康かつ清潔な髪と頭皮にコスパの高いオススメのシャンプーブラシ3つ

Photo by Valentin Lacoste on Unsplash

 

男性にとっては、将来、ハゲないための対策、女子にとっては、いつまでもツヤのあるキレイな髪でいるために、大半の人は、手で髪を洗っている人が多いと思いますが、我が家では、超便利なツールを使っています。価格も1,000円前後とお手頃で、コスパの高いツールです。今日は、そのご紹介です。

まず、僕の考える男女共に、ハゲない・ツヤのあるキレイな髪の条件についてお話したいと思います。ネットで検索すると、色々なサイトで、色々なことを言っているのですが、人によっては、仕事のストレスが多かったり、人によっては、なかなか食事療法を取れない人もいます。

そういう中で、専門医にお願いして、高い薬や治療を受けたり、高い育毛剤や育毛シャンプーを購入して対策をとっている人も多いと思います。僕は、これはお金の無駄だと考えます。なぜなら、カラダの健康の原理を考えると誰でもシンプルにできる対策があるからだと考えるからです。

僕は、全ての健康の基本は、「血液の良好な循環」だと考えています。全てのカラダの部位に言えることですが、人間のカラダの仕組みは、心臓のポンプが血液をカラダの隅々まで送り、その血液と一緒に、カラダの各部位が必要な栄養素が運ばれています。これが、人間のカラダの基本的な仕組みなのですね。ここに問題が生じると、木と同じように根や枝にエネルギーが行き渡らないので、エネルギーが不足しているところから枯れてしまいます。これは、髪の毛も同じだと思います

Photo by Todd Quackenbush on Unsplash

これから考えれば、髪やその元の頭皮も仕組みは一緒です。髪を木の枝と同じように考えれば、そこにしっかりと栄養が行くように、頭皮にきめ細かく毛細血管が張り巡らされていて、かつ、その毛細血管の血行が常によい状態に保つことに気をつけていれば、髪に十分栄養素は行きます。あとは、髪の栄養になるもの(海藻類など)をしっかり取っていれば、誰でも健康的な髪になることができると考えています。これが僕の考える健康的な髪の基本です。この考えを実践している結果、僕も妻も全くハゲておらず、妻は、ツヤのあるキレイな黒髪です。シャンプーは、シリコンフリーのオーガニック系のものを使っており、特に育毛シャンプーなどは一切使っていないです。

そうなってくると、「頭皮にきめ細かく毛細血管が張り巡らされていて、かつ、その毛細血管の血行が常によい状態」をどう作るかが大切になってきます。手だけで頭を洗っていると、どうも納得感が得られてなかったのですが、ヘッドスパのエステに行った時に、そのお店が使っているツールを見て、これと同じようなものが市販で安く売ってないかなと思いました。そして、色々と探した結果、見つけたのが、この「シャンプーブラシ」という製品です。今、僕が使っているツールはこれです。

先の部分が、ヘッドスパのエステで使われている業者用のツールや、家電量販店などでみるヘッドスパ用のものと同じタイプになっているので、これで頭を洗っていると、とても気持ちがいいです。ただ、洗浄効果はそこまで高い感触はないですね。髪の毛の短い人向けだと思います。僕は、頭が坊主なので、むしろ、頭皮へのマッサージ効果を重視しており、このタイプがお気に入りです。髪が割と長い人の場合は、しっかりと毛穴のクリーニングができた方が、健康的な髪が維持できると思うので、次にご紹介する僕の妻が使っているものの方がよいかもしれません。

購入時のポイントは、他のシャンプーブラシでもそうなのですが、ブラシの部分と手で握る部分が、完全に密閉型のものをオススメします。ブラシの部分が、取り外し可能なタイプのものもあるのですが、中に水垢がかなり溜まるため、正直、不潔な感じがします。密閉タイプのものであれば、そのような心配はないので、いつも清潔に使うことができます。

そして、妻は、こちらを使っています。

毛穴をしっかりと洗えるように、先が細くなっています。この方が、手で洗うより、洗浄効果が高いのは使っていても実感ができます。僕もたまに妻のものを使ったりしています。また、こちらも密閉タイプのものなので、中に水垢が溜まるようなことはないです。

最後に、僕は、比較検討して購入しなかったのですが、こちらの商品も、男性向けには、けっこう良いなと思っています。

スカルプ効果に特化した男性用シャンプーブラシです。また、男性の場合は、女性よりも力が強いので、先のしなりが丈夫できていないとブラッシング効果が薄いのですが、こちらの商品はその点を配慮してくれています。また、毛先が少し丸くなっているのですが、頭皮へのマッサージ効果と頭皮の汚れを掻き出すこと、両方を狙ってデザインにしているようです。将来の毛量に不安を感じている人は、こちらが良いのではないかと思いますが、ただ、念のため、一つ目と二つ目の製品を両方使う方がコスト的には安くなります。

いかがでしたでしょうか? みなさんが、いつまでも健康的な髪を保てることを祈っています!

関連記事