COSMOSのホワイトペーパー日本語訳-No.1-イントロダクション

こちらは、僕がブロックチェーンで最も注目している技術の一つCOSMOSのホワイトペーパーを日本語訳したものです。極力、技術の分からない人にも分かるように翻訳しています。参考にしてください。 イントロダクション 過去、ソフトウェアの世界で起きた様々な成功事例、例えば、非中央集権的なファイルシェアリングや公開性を有した暗号通貨は、非中央集権的なインターネット・プロトコルが社会的・経済的なインフラを大きく変革できる可能性を示した。そして、今、我々は、ブロックチェーンを活用した実際のアプリケーションの事例として、いわゆる仮想通貨としてのビットコインや、そのプライバシー性を配慮したZerocash、抽象化されたスマートコントラクトを動かすためのプラットフォームであるイーサリウム、またイーサリウム上で、無数の分散型アプリケーションを動かすことを可能にしているEVM(Ethereum Virtual Machine)。そこには実稼働例として、市場予測アプリのAugurや、投資コミュニティを運営するためのDAOなどがある。 しかしながら、これらのブロックチェーン技術を活用した実例は、現時点では、まだ多くの課題を抱えている。例えば、プルーフ・オブ・ワークのアルゴリズムが引き起こす過剰なエネルギー消費の問題や、クライアントサーバーモデルと比較した場合のパフォーマンスの低さ、ソフトウェア開発やそれに関わる組織を非中央集権的に運営するガバナンス・メカニズムなどである。つまるところ、これらはまだまだ発展途上段階なのである。もちろん、これらの課題を解決するための優れた提案は複数なされている。例えば、ビットコインのトランザクション・スループットを引き上げるための改良案であるSegregated-WitnessやBitcoin NGなどが提案されているが、まだ、トランザクションの正当性を担保するために物理的に一つのマシンの性能限界に限定されてまうという課題を残している。つまり、複数台のマシンで動かすことができない。別の例で言えば、ライトニング・ネットワークは、オフチェーン処理と呼ばれ、トランザクションが発生する度にブロックチェーン上に取引履歴を書き込むことを必要としない2者間のP2Pトランザクションモデルを実現しようとしている。これらは、マイクロペイメントのユースケースやプライバシーを重視した決済トランザクションには最適な解決策と呼べるものであるが、スマートコントラクトをはじめとするより抽象化されたユースケースの拡張性を引き上げるための解決策としては当てはまらないだろう しかるに、理想的な解決策は、複数のブロックチェーンがお互いのセキュリティ情報を互いのブロックチェーンに公開せずに、相互にトランザクション処理をできるようにすることだと考えている。これは、不可能なことではないのだが、プルーフ・オブ・ワークを活用して実現することは難しい。例えば、プルーフオブワークに基づく場合、マイニングプール、これは親のチェーンと複数の子チェーンによって構成されるマイニングノードの集合体であるが、親チェーンが、自らのハッシュパワーをその親のチェーンが悪意的なノードに攻撃されないようリソースを割いている間に、その親にひもづく子チェーンが悪意的なノードに攻撃されるリスクが大きくなってしまう、という問題が発生する。この問題点は、学会の論文などでもすでに指摘されている。 我々が、開発を進めているCosmosは、以上の問題点を対処すべく新しいブロックチェーン・ネットワーク・アーキテクチャを検討している。Cosmosは、それぞれ独立したZoneと呼ぶ単体のブロックチェーンの集合体である。そして、各Zoneは、Tendermint Coreによってその運営が支えられている。Tendermint Coreは、高いパフォーマンスと、データ一貫性、そして、Private Byzantine Fault Tolerance(以下、PBFT)と呼ばれている完全にP2P型でなく、Permissioned型の合意形成モデルを採用することで、悪意的なユーザーからネットワークを守ることを実現している。このTindermintのBFTアルゴリズムは、プルーフ・オブ・ワークよりもプルーフ・オブ・ステイクの方が相性がよい。 そして、Cosmos上の初めのZoneのことをCosmos Hub(ハブ)と呼ぶ。Cosmos Hubは、プルーフ・オブ・ステイクの仮想通貨に、大変シンプルなオープン・ソフトウェア・ガバナンスに基づき、ソフトウェアとネットワークの適用とアップグレードをできるように設計されたモデルを組み込んでいる。加えて、Cosmos Hubは、他のブロックチェーンのZoneとつなぎ合わせることで拡張可能である。 そして、Cosmosネットワークを形成するHubとZoneが、我々が定義するInter Blockchain Protocol(以下、IBC)がブロックチェーンにとってのインターネット・プロトコルにおけるUDPやTCPの役割を果たすことで、互いのブロックチェーンがコミュニケーション可能になる。そして、各ブロックチェーンに紐付くトークンは、いわゆる仮想通貨取引所が提供する「市場の流動性」に一切頼ることなく、十分なセキュリティと更に高速に、ブロックチェーン間を移動することができる。仮想通貨取引所を経由せずに、どうやってトークンを独立したブロックチェーン間で移動させるかとうと、先に述べた第1のZoneであるCosmos Hubを経由するからである。Cosmos Hubが、各ブロックチェーン間のトークンの移動を全てトラッキングしている。もちろん、Cosmos Hubは、他のZoneで何かトラブルが発生した場合には全く影響を受けることがないように設計している。Cosmosの設計思想においては、誰もが自由にCosmos Hubに自分が作った新しいブロックチェーンを接続可能にしている。この開放性が、ブロックチェーンに起きる新しいイノベーションに対して、Cosmosが適用できるようになっている点でもある。 以下、No.2に続く。 https://lifeforearth.com/?p=3105