自然に囲まれて育った子どもは、都会で育った子と比べると精神疾患にかかるリスクが55%低い

Photo by Filios Sazeides on Unsplash

デンマークのオーフス大学が行なった調査で、米国科学アカデミーの機関誌「米国科学アカデミー紀要」(PNAS)に発表されたレポートによれば、「自然に囲まれて育った子どもは、緑が少ない地域で育った子と比べると後にさまざまな精神疾患にかかるリスクが最大で55%低い」ということが明らかになったようです。正に、このブログの趣旨に直結してくるような内容ですね。

調査の対象は、1985〜2003年の間にデンマークで生まれ、10歳の誕生日の時点で同国に住んでいた人のうち、長期的な心の健康状態、社会経済的な立場、居住地のデータが分かる94万3027人を対象に分析したそうです。また、自然環境で生活しているかどうかの識別は、高画質の衛星画像データを使用したとのこと。

“精神疾患に関しては、知的障害や拒食症、強迫神経症、うつ病、双極性障害、気分障害、薬物乱用など18のタイプについて調べた。これらの疾患をそれぞれ、子どもの頃に住んでいた地域に緑が少なかったケースと多かったケースで比較したところ、知的障害と統合失調症を除くすべての精神疾患について、緑が少ない地域に住んでいた子の方が発病するリスクが15〜55%高いという結果が出た。”

ニューズウィーク誌の原文はこちら

この記事を読んだ時に、ある友人から聞いたエピソードを思い出しました。

都心の高層マンションに住むある友人家族のエピソード

これは、実際にある友人から聞いたエピソードです。東京都港区の高層マンションの40Fに住んでいた家族の話なのですが、お子さんがいつも精神的に不安定で、すぐにヒステリーを起こしやすい傾向にあったそうです。子供は、大人より、生活環境から受ける影響に対してより敏感なのだと思います。現に、その子が家族で地方に長期旅行に行っているときなどは、とても穏やかだそうです。悲しいのは、子供がこのように悲痛をあげてメッセージを投げているのに、それにきちんと応えることができていない親の存在ですね。

僕の幼少期も、田舎で、庭にヘビとか普通にいるようなところで育ったのですが、今でもそれはとてもよかったと実感します。家の中で遊ぶよりも、外で、山や森に行ったりして遊ぶ機会の方が圧倒的に多かったですね。こういう環境で育つと発想が自由になれるのですね。固定観念にあまり囚われない感覚で生きるというのが自然と身についているように思います。

自然環境が豊富なところで育った子供は体も丈夫

また、日本の国立青少年教育振興機構という団体が調査した結果によれば、自然環境で育った子供の方が、運動力や体力も高く、健康的な生活習慣が身についており風邪などの病気にもなりにくいということもわかっているようです。

幼児期に豊富な自然体験活動をした児童に関する研究

僕も、風邪ひくようになったのは、東京で生活するようになってからですね。笑 やはり、都会の生活は、確実に人間を衰弱させていくということですね。ただ、今は毎日のヨガや筋トレをするようになって、ここ10年以上は全く風邪もひいていません。

これらのことを踏まえると、子育ては明らかに地方で行った方が、子供にとっては望ましいということですね。本当に子供の幸せを願うなら、都会を離れ、地方に移住する方が正しいということですね。

関連記事