世界の認定機関に認められたオーガニック・ボディソープ

Photo by Viktor Forgacs on Unsplash

では、前回お話しした世界でも定評のある認定機関に認められたオーガニック製品をご紹介していきたいと思います。カテゴリは、ボディソープ、シャンプー、洗顔フォームの3つの記事に分けてはいますが、厳しい基準をクリアしたオーガニック製品は、髪だけでなく、顔や体の洗浄にも使えるので、商品が被っていることもありますので、その点はご理解ください。

アンボーテ フェミニーナウォッシュ ローズ&シトラス オーガニックボディソープ

オーガニック認証COSMOS基準をクリアした、日本初のデリケートソープです。配合されている成分の95%以上がオーガニッックで作られているアンボーテは、デリケートゾーンについて悩みを抱えている女性の強い味方になります。洗うことで保湿し、保湿することで黒ずみ対策にもあります。

【 成分 】ダマスクバラ花水、水、アロエベラ液汁、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ラウリン酸ポリグリセリル10、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ココイルグルタミン酸Na、塩化Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、カニナバラ果実エキス、キュウリ果実エキス、セージ葉エキス、ハマメリスエキス、エーデルワイス花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、キイチゴエキス、ゼニアオイ花エキス、エタノール、クエン酸、キサンタンガム、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸、カプリル酸グリセリル、ヒポファエラムノイデス果実油、レモン果皮油、ビターオレンジ果皮油、ラベンダー油、パルマローザ油

メルローズ オーガニックリキッドソープ ラベンダー

メルローズリキッドソープは、オーストラリアの大自然の中で作られたオリーブオイル、ココナッツオイルを主原料とした液体石鹸です。合成界面活性剤や着色料を一切使っていないため、お肌に潤いを残しながら滑らかに洗いあげることができます。保存料も一切使用してません。 オーストラリア製で、オーストラリアのオーガニック認証ACOマークを取得しています。価格も手頃です。身体だけでなく、顔や髪にもお使いいただけます。また、果物や野菜、長椅子の座面や壁、床、バスルームなどの洗浄にも使うことができる便利で高品質の商品です。

【成分】水、オレイン酸K、ヤシ脂肪酸K、リノール酸K、グリセリン、ラベンダー油、エタノール、クエン酸

サボン・ド・プロヴァンス マルセイユ石鹸

パーム油仕様の植物性オーガニックソープです。クリーミーな泡立ちがあり、天然香料のアロエベラがほのかに香ります。天然香料仕様で、合成色素、防腐剤、酸化防止剤、パラベン、動物油などは一切、使用されていません。価格もかなりお手頃です。フランスのコスメビオの認証を取得しています。

また、石鹸を使う際は、こちらのような泡だてネットを使うと、石鹸自体も節約して使えますし、洗顔にも使えるのでとても便利です。

オーガニック素材に関して定評のある国際認定機関はこちらにまとめています。同じブログで、シャンプーや洗顔フォームなど、他のコスメ関連商品も取り上げていますので、ぜひ、参考にしてください。

オーガニックコスメ・洗顔・シャンプー・トリートメント・ボディソープ選びに定評のある世界の認定機関まとめ

以上になります。みなさんの参考になれば幸いです!

関連記事