春のヨーロッパ旅行-2019.04.04 – 04.26 – No.19 – ギリシャ・ミコノス

サントリーニからミノコスへ船で

Airbnbのホストにこちらの港まで送ってもらいました。オフシーズンの時は、大抵、朝に1便のみとのこと。10時発なのでそこまで大変ではなかったですね。8時起きて、準備して、9時から朝食を食べて、ホストに車で送ってもらいました。

オンシーズンで1日2便から3便に増えるそうです。チケットは一人66.8ユーロです。また、船は30分ぐらいは平気で遅れるので、まあ、あまり気にしないようにしましょう。途中、いくつかの島を経由しながら、3時間程度でミノコス島に到着します。また、参考までに、アテネからミコノス島への船もありますし、飛行機もあります。しかし、ミコノスは、サントリーニほどの人気スポットではないので、飛行機の便数はサントリーニほど多くはないようです。

Google Mapはこちらです。

ミコノスには、New PortとOld Portの2つの港がある

ことを頭に入れて置くと良いでしょう。ミコノスの中心地はOld Portのすぐそばです。サントリーニなど大きな島から島に移動する大型船の発着場所はNew Portで、明日行く、デロス島など近場の小さい島への発着は、Old Portが使われるようです。2つの港を移動する方法は、3つ。1つは、バスで一人1.6ユーロ。船の発着に合わせて出ています。次に、Sea Busと呼ばれる中型船。一人2ユーロ。最後がタクシーで、これが4から5ユーロぐらいです。

まずは、Airbnbにチェックイン

ミコノスも、キグナス様式の家に泊まりたかったので、こちらのとてもコンパクトな部屋にしました。場所は、ミコノスの中心地から歩いて1分なのでかなり便利です。また、設備は最新なので、かなり快適でしたね。コストもかなり安いです。オススメです!

ただ、場所が、町の中なので、道に迷わないよう、ホストと浜辺の銅像の前に待ち合わせして、そこから道順を教えてもらいながら、部屋に辿りつきました。また、そのあとは、Google Mapにピンを立てて置くと良いです。駐車場とかのピンですね。すると、戻ってくる時に困らないです。

ただ、ミコノスの街並みは、カラフルでいいですね!


また、Old Portの近くにはこんな面白いお店もありました。カトリック美術ばかりを扱うお店です。

オルノスビーチでゆっくりする

ホストに色々とローカル情報を教えてもらい、昼過ぎに到着しましたが、まだ日は高いので、滞在先の部屋から一番近くのビーチにいくことにしました。歩いて50分ぐらいです。今日は全然体を動かしていなかったので、散歩もかねてテクテクと歩いていくことにしました。こんな感じの気持ちいい海岸線をあるいていきます。


到着すると、こんな気持ちのいい景色が広がります。

まだ、オフシーズンとはいえ、いい眺めです。

ビーチの目の前にあるこちらのレストランのオープンテラスで一休みすることにしました。車を借りなかったお陰で飲むことができます。笑


ここで1時間ぐらいのんびりしてました。

Google Mapはこちらです。

カトミルの風車の近くのバーでサンセットを眺める

町の中心地に戻る途中に、ある、この風車スポット、こんな感じのいい写真も取れるのですが、最大の醍醐味は、サンセットです。


この風車を背中にして、町の中心地に向かって、海岸線を歩いていくと、なんと、海辺の岩場ギリギリのところにカフェやレストランが立ち並ぶ場所があります。ここで、ゆっくりサンセットを待ちます。バーとレストラン、それぞれあるので、使い分けるとよいでしょう。僕らは、晩御飯は別のところで食べることにしていたので、ここでは飲み物だけにしました。


車を借りてないので、二杯目。笑


じっくりサンセットをまつのはいいですね。1時間ほどで、日没がやってきました。気持ちいい眺めです。


ここから、Old Portのある町の中心地は歩いて5分ぐらいです。

Google Mapはこちらです。

ミコノスで人気No.1のサンドイッチ店「Sakis」でディナー

Airbnbのホストが、ものすごくすすめてくるので、行ってみたら、めちゃくちゃ美味しいです。そして、ものすごく混んでます。。。ギリシャのサンドイッチみたいな感じですね。ケバブのような具材にオリジナルのヨーグルトソースがかかっています。これが絶妙に合うんですね。僕は、ものすごくハマって、翌日のデロス島でのランチにも購入しました。

Google Mapはこちらです。

明日は、かつてのギリシャ文明の聖地「デロス島」に行きます!

関連記事