シリコンバレーで絶大な影響力を持つと呼ばれる「ペイパル・マフィア」とは?

ペイパルマフィアの中心メンバー達: From Wikipedia – https://en.wikipedia.org/wiki/PayPal_Mafia

このブログで、よくこの話が出てくるので、きちんとまとめておこうと思います。

ペイパル・マフィアとは?

PayPal(ペイパル)は、1998年12月に創業された、インターネットの決済会社であり、NASDAQにIPOをした後に、2002年にeBayに1,500億円強で買収されました。ペイパルは、日本では、銀行産業を守るための条項がふんだんに盛り込まれた資金決済法が邪魔して全然普及していませんが、世界では、アメリカ中心に現時点で約3億人のアカウントがあり、僕も持っています。そして、その創業者や創業初期にメンバーだったものが、eBayに買収された後、次々にPayPalを去り、売却資金で得たお金を元手に、新しいベンチャーを立ち上げていき、そこにお互いが出資し合い、また助け合うことで、それぞれがシリコンバレーでもトップクラスのベンチャーに育っていることから、もはや、「彼らは、マフィア・ファミリーのような存在である」と言われるようになり、ペイパル・マフィアという言葉が生まれるようになりました。

彼らは、シリコンバレーのインナーサークルの中でも、特に影響力を持つと言われます。シリコンバレーのインナーサークルについてはこちらにまとめています。

https://lifeforearth.com/?p=3673

そして、そのメンバーは以下です。

ペイパル・マフィアの錚々たる顔ぶれ

 

ピーター・ティール

PayPalの創業者であり元CEO。PayPalは、イーロン・ムスクが立ち上げていたX.comと、ピーター・ティールとマックス・レブチンが立ち上げていたConfinityが対等合併でできた会社。PayPalマフィアの「ドン」と呼ばれる。シリコンバレーのトップVCの1社であるファウンダーズ・ファンドの創業者兼ゼネラルパートナー。フェイスブックの第1号投資家であり、現取締役。リバタリアンでありながらトランプ支持者(この点が僕と全く同じ。笑)。彼は、元々はドイツのフランクフルト生まれで、少年期に家族と共にアメリカに移住。「ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか」の著者でもある。この本は、起業家にとってのバイブルの1つです。まだ読んでない人は、下記のリンクを参照。

マックス・レブチン

PayPalの創業者で、元CTO。PayPalを出たのちは、Slideを創業し、2010年にGoogleに182億円で売却。ペイパル・マフィアの相談役と言われる。Yelpの第1号投資家でもある。彼もウクライナから、少年期に家族と共にアメリカに移住。

イーロン・ムスク

PayPalの全身となるX.comの創業者。PayPalを売却したのちは、民間宇宙ロケット会社であるSpaceXを創業、電気自動車のテスラモーターに創業期に最大株主として出資し経営を引き継ぎ、テスラが買収した太陽光発電の会社ソーラーシティの創業者兼元CEO。AIの倫理問題に取り組むための団体Open AIの設立者。元は、南アフリカ生まれで、高校生のとき弟一緒にカナダに移住し、その後、アメリカの大学に入学。宇宙工学を学ぶためスタンフォード大の宇宙工学科に入学し、「授業内容のレベルの割に授業料が高すぎる」ということで3日で退学したことは有名。

デビット・サックス

元PayPal COOで、のちにGeni.comとYammerを創業。Yammerは、マイクロソフトに2012年に1200億円で買収。その後、ブロックチェーンスタートアップのHarborを創業。 Facebook, Uber, SpaceX, Airbnbなどへのエンジェル投資も行なっている。イーロンと同じ南アフリカ出身。

スコット・バニスター

PayPalの創業初期のアドバイザリーで元取締役。PayPalを出たのちは、IronPortを創業し、2007年にシスコシステムズに830億円で売却。マックス・レブチンが創業したSlideの取締役なども務めた。 Uber, Zappos.com, LiveOps, Facebookなどへのエンジェル投資の実績ももつ。アメリカ出身。

ロエロフ・ボッサ

PayPal元CFO。PayPalを出たのちは、シリコンバレーの老舗VCであるセコイア・キャピタルのパートナーを務める。南アフリカ出身。

スティーブ・チェン

PayPalの元エンジニアで、YouTubeの共同創業者であり元CTO。2006年Youtubeを1,650億円でGoogleに売却。2014年にGoogle Venturesにパートナーとして参加している。台湾出身。

レイド・ホフマン

PayPalの開発部門の元VP。PayPalを出た後は、Linkedinの創業者兼CEOとして、IPOを果たし、2016年に、マイクロソフトに2兆7,000億円で売却。これは現時点でもマイクロソフトの最大買収案件になっている。その後、マイクロソフトの取締役も務めている。シリコンバレーの著名VC グレイロックパートナーズのゼネラル・パートナーであり、エンジェル投資家としてもよく知られ、フェイスブックやAirbnbに投資している。MIT Media Labs所長の伊藤穰一氏と交流が深い。LifeForEarthでも翻訳しているポッドキャスト番組の「Master of Scale」の設立者でありインタビューアーでもある。アメリカ出身。

ケン・ハワーリー

PayPalの共同創業者であり元CFO。現在は、ピーター・ティールが立ち上げたファウンダーズ・ファンドのパートナーも務める。アメリカ出身。

チャド・ハーレイ

PayPalの元ウェブ・デザイナーであり、スティーブ・チェンと共にYoutubeを創業。アメリカ出身。

ジャワド・カリム

PayPalの元エンジニアで、スティーブ・チェン、チャド・ハーレイと共にYoutubeを創業。東西ドイツ時代の東ドイツ出身。

ルーク・ノゼック

PayPalの元共同創業者で、マーケティングと戦略のVPを務めた。PayPalを出た後は、ピーター・ティールとケン・ハーウェイが立ち上げたファウンダーズ・ファンドにパートナーとして参加し、2017年に宇宙開発のベンチャー投資に特化したGigafundを設立し、イーロン・ムスクが立ち上げたSpace Xの第1号機関投資家になる。ポーランド出身。

プリーマル・サハ

PayPalの元プロダクト・マネージャー。PayPalを出た後に、2005年、発展途上国の低所得者の起業家向けにクラウドファンディングで資金調達支援を行うNPOであるKiva.orgを創業する。Kivaは、現在、80カ国に展開し、100万人の起業家に合計1,000億円を低金利で提供している。資金の75%は女性に提供され、返済率は96%の実績。インド出身。

ジェレミー・ストップルマン

PayPalの開発部門の元VP、PayPalを出たのち、ラッセル・シモンズと共にYelpを創業し、CEOを務める。アメリカ出身。Yelpは、後にGoogleから大型買収の話を持ちかけられるが断り、2012年にNYSEにIPOした。現時点の時価総額は2,500億円。

ラッセル・シモンズ

PayPalの元エンジニアで、PayPalを出たのち、Yelpをジェレミー・ストップルマンと共に創業しCTOを務める。アメリカ出身。

イーサン・ワン

PayPalの元エンジニアリング・マネージャーで、フェイスブックに移った後、2012年から2014年の間は、RedditのCEOを務めた。現在は、シリコンバレーのコワーキングスペースであるSunfire Officesを共同創業し、Quoraのアドバイザリーを務める。中国出身。

という具合です。特に、注目していただきたいのは、マフィアの中核人物を含めて、大半が移民であることですね。アメリカにあって、日本にないものは、移民による多様性です。有名な話として、シリコンバレーのNo.1インキュベーターであるY-Combinatorは、海外の起業家がシリコンバレーで創業しやすくするために立ち上げられたプログラムです。

PayPalマフィアを活躍を見ていると、なぜ、日本からシリコンバレーのようなエコシステムが出来上がらないのか?また、僕が、金融庁主催「フィンテックベンチャーの有識者会議」で、「日本は、戦略的な移民政策によって、起業家的人材に直結する有能な外国人をたくさん受け入れるべき」と日本の官僚の方々に伝えていたのか?その真意が分かっていただけると思います。徳川家康が、もう少し織田信長の着想を江戸幕府に取り入れて入れば、こうはならなかったでしょう。それが僕の歴史観です。

関連記事