大半の日本人の努力の仕方は「3なし状態」で完全に間違っていると思うわけ #2

Photo by Robert Baker on Unsplash

英語ができない

まず、これですね。英語ができれば、世界の人と触れ合うことができます。視野が開け、世界の人々が色々な文化と価値観で生きていることを体感することができます。そうすると、今まで見えて来なかったものが見えてくる。以前から僕がこのブログで伝えている「本当の賢さとは、知覚力である」と言う話に繋がってきます。

真の「賢さ」の指標は、学歴でもキャリアでもなく「知覚力の高さ」と「高度な抽象思考の明確な視覚化力」①

英語ができなくて、海外旅行に行ったところで、単なる観光ですから、現地の文化に全く触れることもできません。それで、視野が広がる訳がない。海外の友人ができれば、彼らの努力の内容もわかるが、その友人がいなければ、日本人の泥舟に乗っている仲間の中でしから、自分の努力が見えない。牢獄に閉じ込められている受刑者と変わりません。

世界の問題に関心を持たない

これは、英語の話と「鶏が先か?卵が先か?」とも言えるのですが、そもそも世界の問題に関心を持っていない日本人が多すぎます。例えば、僕のTwitterアカウントのフォロワーなどを見てもらうとわかるのですが、国内メディアはまずフォローしてません。閉じられた日本社会の出来事、しかも、泥舟状態の日本のできごとを追い続けても、頭の中が閉鎖的になるだけで、おもしろくもなんともありません。

僕のTwitterはこちら

海外の友人や出来事に関心を向けることで、日本との違いがよくわかります。日本で起きている問題の原因もよくわかるわけです。また、日本人の価値観や商慣習が世界で通用しないこともよくわかる。それは同時に、起業家として世界をよくするプロダクトを作って、同じ世直しをするのだって、日本社会しか見ずに作るのと、世界を見ながら作るのでは、出来上がるものが全然違ってくる。

例えば、Uberの評価経済におけるトラブルの話などは、日本では考えられないと思う人が多いと思いますが、アメリカでは普通なのです。こう言う感覚がとても大切なのです。

Uberの評価経済に「敗者復活のルールはあるか?」- Uberが低ランクユーザーの利用を停止

日本社会しか見ずに作ったプロダクトでは、世界の人は救えない。しかし、これは中国人やアメリカ人の起業家では当たり前のように意識されているのですが、日本人の起業家にはほとんど意識されていない。なぜなら、はじめから世界の問題に関心がないからです。そして、これは、別に起業家の世界に限った話ではなく、日常的に電車やバスの中、ないしはレストランで会話になっていることが、日本のことばかりと言う時点で、努力の方向性で間違っているので、成果が上がらないのは当然なんですね。

テクノロジーに関心がない

最後に、これです。今の世の中を色々な社会問題を解決していく上で、テクノロジーがとても重要な役割を果たしています。典型的な3つは、パーソナルコンピュータ、インターネット、そして、このブログでよく取り上げているブロックチェーンです。僕が、ブロックチェーンがどのように世の中をよくしていくかは、こちらにもまとめています。

ブロックチェーンによるポスト資本主義の未来予想図

しかしながら、日本人は、テクノロジー・リテラシーが中国人や欧米人に比べて、平均レベルが異常に低いです。スマホを使いこなすとかの話ではないんですよ。そう言う能力は、職人気質が強い日本人は高いんです。ガラケーを生んだカルチャーやゲーム好きを見ればわかる話です。例えば、ゲームでは日本は、市場規模3位ですが、ARPU(1ユーザーあたりのゲーム課金額)では世界No.1です。こう言う点から日本人の特性が読み取れます。こちらにまとめています。

【最新版】ゲーム市場の動向 2018 #1 – スマホと中国が市場を牽引

インターネットが、僕らの世の中にどう言う変化を与えてくれているか?やブロックチェーンがどのような変化を世の中に起こそうとしているか?への理解です。「テクノロジーを理解する」というのは、職人のようにそれがどう作られているか?やどう言う機能を持っているか?を理解するのではなく、そのテクノロジーがもつ「思想」を理解すると言うことです。

その思想がわからないと、当然、その変化は内からではなく外からやってきます。インターネットであれば、それがGoogleであり、フェイスブックであったと言うことです。日本人の大半のこのような感性が、インターネットの黎明期にもっと育っていれば、日本のインターネット産業の大半をシリコンバレー勢が抑えると言うこともなかったでしょう。

なので、多くの日本人は、早いところこの3つを克服する努力をすることをオススメします。文科省など、政府に期待することは止めましょう。ブロックチェーンの思想は「小さな政府」なのです。政府に頼らず、民間の自分たちの努力によって、世の中をよくしていくことが可能になるテクノロジーなのです。その点はこちらにまとめています。

ブロックチェーンによるポスト資本主義の未来予想図

まず、英語に関しては、一番すぐに誰でも始めれることです。僕の方法論はこちらにまとめているので参考にしてください。

英語力がアップすると、人生におきる幸せなこと5つ

関連記事