アンチエイジングに効果抜群:毎朝1本のアミノ酸パウダー

僕が、毎日の健康管理として続けていることの一つに、このアミノ酸パウダーMUSASHIを、毎朝、必ず、1本飲むというのがあります。今日は、その目的と効果について話をしたいと思います。

Photo by Andrew Neel on Unsplash

筋トレしていなくても、僕らは毎日筋肉を動かしている

まず、考えてみれば当たり前のことではあるのですが、僕らは、普段の日常生活の中でも何かしらカラダの筋肉は使っています。

  • 通勤・通学で歩く
  • 家の掃除をする
  • お風呂でカラダを洗う

Photo by Andrew Neel on Unsplash

このような動作は、僕らは日常的にやっているんですね。その動作を筋トレと考えれば、その効果を高めるために、手を打たないのは、正直、損です。笑

ジムなどで筋トレをする前や後で、当然、プロテインなどを取るわけですが、日常の動作を筋トレとみる場合は、いつ取るのがよいのでしょうか?

一番良いタイミングは、朝起きてすぐ

これは、パーソナルトレーナーから教えてもらったことなのですが、タンパク質は、空腹時に取った方が、吸収が良いそうです。それだけ筋肉の強化に効果的に結びつけることができるということですね。

理由は、他の栄養素でもそうなのですが、空腹時というのは、胃や腸が「もう全部消化したから早く新しい食べ物を送って!」というタイミングなので、何を食べても、一番、栄養の吸収がよい時なのですね。24時間の生活サイクルの中で、ほぼ確実に空腹になっているタイミングとなるのは、朝起きたときです。

なので、僕は、タンパク質を、朝起きて、空腹の時、1杯のミネラルウォーターと共に取ります。MUSASHIは、スティックタイプになっているので、1本飲みます。

MUSASHIのアミノ酸パウダーシリーズ

プロテインとアミノ酸パウダーの違い

次に大切なことは、いわゆる一般的なプロテインではなく、アミノ酸パウダーをそのまま飲んでいることです。ここから、MUSASHIをオススメする理由をお伝えします。これも、パーソナルトレーナーの方のアドバイスと実際の体験で分かったことです。

まず、みなさんもよく知っている肉や大豆から摂取できるタンパク質というのは、複数のアミノ酸で構成されています。この状態ではカラダは直接吸収することはできません。

胃や十二指腸などで、「ペプチド」という物質まで分解します。このペプチドは、タンパク質よりは、カラダに吸収しやすい状態まできていますが、カラダの各部位の筋肉が吸収するには、まだ大きすぎるのです。

小腸で、消化酵素などを使って、更に、アミノ酸に分解します。これが、タンパク質の最小単位です。肉や大豆などを摂取してアミノ酸を取る場合、ここまで来るのに、3-4時間程度を必要とします。時間がかかるわけですね。

そして、その次のペプチド段階でも、1-2時間程度はかかります。これが、アミノ酸まで分解されたものを直接摂取すると、30分程度と素早く吸収できます。

アミノ酸の状態で摂取するのが、一番、カラダにとって吸収が早い

一般的にプロテインタイプのものは、このタンパク質段階かペプチド段階のものを商品化して売っているものなので、消化に時間がかかるわけです。

ですから、筋肉まで届けられるの時間がかかるので、筋肉が必要としているタイミングで供給できないと、筋肉の強化の効果が得られない、つまり、機会損失を起こしているということです。アミノ酸まで分解されているMUSASHIであれば、この心配がないということです。

実は、アミノ酸まで分解するのは、それなりに技術力がいるようで、そのため、手前段階で商品化することが多いようです。また、ペプチド段階の商品よりも、アミノ酸段階まで分解された商品の方が、手間がかかっているので値段も高くなります。

また、副次効果としてもう1点あります。それは、プロテイン商品に含まれている、アミノ酸以外の栄養分です。美味しく飲んでもらうために、糖分やゲル化剤など、色々なものが入っており、結論からいうと太ります。笑

例えば、ブドウ糖などが入っているプロテインだと、味は、甘味があり美味しく感じるのですが、ブドウ糖は摂取した後、カラダがすぐに必要としない場合、脂肪として蓄えられる作用があるため、太ります。

実際に、僕は、はじめは、ジェル状のプロテインを筋トレ前後に飲むようにしていました。プロテインであれば、どれも同じだと思っていましたから、美味しくて飲みやすいものを選んでいました。

ただ、パーソナルトレーナーの方に、トレーニングを定期的にやっているのに、シェイプアップ効果が出てないと指摘され、色々と質問される中で、アミノ酸以外の栄養素が入ったプロテインを飲んでいると太ることを教えてもらい、アミノ酸パウダーを直接取った方がよいとアドバイスを受けました。

アミノ酸を含んだジュースなどもダメで、要するに、純粋なアミノ酸だけのパウダーです。正直、味とかは全くしません。しかし、実際やってみての体験でいうと、確実に違います。アミノ酸を直接取る方法に変えるだけで、カラダに締まりが出ます。

もちろん、個人差は出ると思いますが、僕の場合でいえば、お腹周りの脂肪がつきにくくなりました。この方法に、たまに、晩御飯まで何も食べない断食などをする際に、朝に、MUSASHI1本と水を飲むだけという方法を組み合わせるとより効果が高いです。

9種の必須アミノ酸を全て含んだMUSASHI

そして、次に、どのアミノ酸パウダーを選ぶかという話になった時に、アミノ酸には、「桶の理論」というのがあって、9種の必須アミノ酸を摂取しないと、筋力アップの効果が得られないというものです。

アミノ酸の桶の理論

肉や大豆からアミノ酸を吸収する場合の方法というのは、タンパク質であった状態をものを、細かく分解して、アミノ酸段階まで持っていき、筋肉繊維が吸収した際に、再度、タンパク質として生成するという流れで、筋肉が強化されて行きます。

この際に、上の図にあるよう、簡単に言えば、一つのタンパク質を作るのに、9種の必須アミノ酸が、どれも同じ量だけ必要になるので、9種のうち、一つの摂取量が極端に少ないと、タンパク質の生成される量も減るため、筋力アップへの効果も下がってしまうということです。これが、桶の理論です。

その点、MUSASHIは、9種の必須アミノ酸を均等に内包しているので、心配はいりません。

1日1本130円から始められる優れた健康食生活

MUSASHIは、合計9つの商品があります。プロのアスリート向けに開発されたものなので、関節強化や、持久力アップ、免疫力アップなどの種類もありますが、女性向けに、美容と健康への配慮をしたタイプのものもあります。こちらで、いくつか主だったものをピックアップしておきます。僕は、パワーアップが主目的なので、KUAN(クアン)を選んでいます。

タイプによって少しだけ価格差がありますが、いずれもスティックタイプ90本入りで、1万2,000円から1万5,000円程度です。1本130円-150円程度です。

11130円、飲むだけで効果の得られる筋力アップの方法は、お年寄りでもできることなので、是非、オススメします。

また、あとは、これに加えて、筋トレをしっかりやった後に、MUSASHIを2本飲むことで、カラダはしっかりシェイプアップされて行きます。

適切な筋力アップは、将来の自分のカラダに起きる様々な問題を防ぐ上でもとても重要です。その点については、経験談も含めて、「こちらの記事」にまとめていますので是非読んでみてください。

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした食生活の工夫で、自分のカラダを強くできるというのは、だれにとっても素晴らしい健康管理方法だと思います。また、僕は、MUSASHIと同じく、毎朝、ウィートグラスを入れたスムージーを飲んでいます。ウィートグラスは、最近徐々に知られつつある未知のパワーベジタブルです。実は、このスムージーにプロテインも入れて飲んでいます。ウィートグラスに加えてプロテインも入れることで「太らない体づくり」・「ケガをしない体づくり」が誰でも手軽にできます。そちらについては、「こちらの記事」にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

みなさんが、1日でも長く、健康的なカラダで生活できることを心から祈っています!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.