Bitcoinのファンダメンタル分析で注目すべきOTC取引とは?

Photo by Cytonn Photography on Unsplash

仮想通貨・ブロックチェーン業界では、ある意味、「理想の非中央集権型の取引形態ではないか?」ということでよく盛り上がる、OTC取引についてと、Bitcoin市場のファンダメンタル分析としての有効活用方法に付いてまとめておきますので、参考にしてください。

OTC取引とは?

まず、バイナンスなど僕らが一般的に知っている仮想通貨取引所における仮想通貨取引の売買と、OTC取引の違いについてお話します。OTCとは、Ovet the counter の略で、日本語で言うと、「相対取引」と言われることが多いです。

まず、価格は、バイナンスやコインベースなどの取引所の価格を「参考値」として使います。そして、売りたい人と買いたい人をつなぐブローカー(仲介者)が間にたつことが多いです。取引のトラブルを防ぐためですね。業界では、デスク(Desk)と呼びます。多くの場合は、このブローカー同士がSNSで複数繋がっていて、このネットワーク内で売買が決まっていきます。ですから、取引所のような中央集権的なシステムが初めから存在していません。

ブローカーには、2種類あります。一つは、プリンシパル・デスク(Principle Desk)です。プリンシパル・デスクの特徴は、買いたいお客さんや売りたいお客さんの要望にすぐに対応できるよう自己資金(仮想通貨含む)を一定レベル持って対応するOTCブローカーです。自分で保有する以上は、自分で価格リスクを追っていますから、単に顧客とのリレーションをとる営業能力だけではなくて、市場の価格を予測するアナリストやトレーダーとしてのスキルも必要になります。そうしないと、高いところで買ってしまい、お客さんに安く売ってしまうことで、事業として赤字になってしまうからです。もちろん、分業で行うことが一般的です。

もう一つは、エージェンシー・モデル(Agency Model)と呼ばれるもので、彼らは、自己資金は一切持っていません。なので、リスクはなく、他のブローカーともリレーションを持ちながら、売買のマッチングをしていきます。

ですから、買いたい人と売りたい人が、自分達の身分を相手に明かすことなく取引することができるため、取引所に比べて、ブロックチェーンとの親和性がある「匿名性を維持した取引」が可能になるということです。ただ、実際には、ブローカーが顧客のKYCを代行していることが多いです。

では、実際にどのように取引をするかというと、まず、売り手・買い手のそれぞれのブローカーが仲介して、売り手と買い手の間での、取引予定日、取引場所、取引予定価格(例:予定日のバイナンスのBTC/USDCの朝10時点での価格)、取引量などを記載した覚書を締結します。この際に、BTCの売り手は、ウォレットにBTCが入っている写真を取って、書類に添え、買い手は、銀行が発行してくれる「残高証明書」を書類に添えます。この書類に、ブローカー側が受け取る手数料率も記載されています。1%から5%ぐらいですね。また、買う側は市場価格よりディスカウントを求めてくることが多いです。大量に購入するからですね。いわゆるボリュームディスカウントです。ここまでが下準備です。

そして、当日になったら、ブローカーが書類に記載されている取引場所で会います。そこで、買い手側は、実際にウォレットアプリにBTCが入っていることを確認させてもらい、売り手側は、スマホなりパソコンから、オンラインバンキングのサイトから実際に相手方に送金できる準備が整っていることを確認します。

そして、まずは、テストで、1BTCの売買を行います。本当に使えるウォレットや銀行口座で取引できるかを確認するためです。それが無事にできたことをお互いに確認したら、実際の希望量の取引を行います。完了したら、そこで取引終了です。ただ、当然、各国の金融機関ごとに現金の送金規制などのルールがあるため、そのルールには従う必要があります。

そして、今、OTCの取引は、いわゆる仮想通貨取引所における取引量より、さらに大きな売買量になっていることがレポートなどで明らかになっています。

たとえば、2018年10月に、Digital Assets Research社が調査したところによると、2018年4月時点での仮想通貨取引所での1日あたりの取引量が、約1兆5,000億円であった一方で、OTC市場では、約250億円から3兆円が1日の取引で行われたいたとのこと。

原文(英語)はこちらです。

もちろん、扱っているのは、Fiat to Crypto(法定通貨から仮想通貨)の取引だけでなく、Crypto to Crypto (仮想通貨と仮想通貨の売買)もOTCの対象です。将来的には、仮想通貨同士のOTC取引の方が大きくなるでしょう。

では、次の疑問は、だれが、OTCの利用者なのか?と言うことですね。

OTCの主な利用者

基本的には、取引所では扱えないような売買量をもつ大口の取引先で、まず、上げられるのは、「マイナー」です。ビットコインやイーサリウムのマイナーは、大型のデータセンターを運営しており、毎日、何億円と言うBTCを稼ぎます。マイナーについては、こちらの記事を参考にしてください。

ビットコインのインフラ回り数値の最新動向-2019年6月27日時点

彼らは、自分たちでマイニングマシンを開発し、データセンターに設置し、そして、電気代をかけてマイニングしている専門家集団ですから、当然、そのマシン開発にかけたコストや、電気代の費用、またデータセンターの管理者に払う給与などのために現金が必要なわけですね。そのためには、稼いだBTCを定期的に売る必要があります。当然、かかったコスト以上で売却しないと事業は赤字です。しかし、今の取引所では、世界最大のバイナンスでも、1回のオーダーで数千万ぐらいが限度です。それ以上のオーダーを投げると注文が大きすぎて通らないどころか、相場が極端に下落するリスクもあります。ですから、大口の売却者は、その手間もさることながら、市場価格への影響も気にして、取引所を介さないOTCを選択することが一般的です。

また、買い手にもこの手のタイプの人が言います。今の仮想通貨でいうと、ヘッジファンドや超富裕層ですね。僕の友人で、シンガポールでOTC取引所をやっている起業家がいるのですが、アラブの石油王や中国の不動産王などが顧客だそうです。笑  この人たちも1回に数億円以上は動かすため、取引所に注文を投げると価格が暴騰するリスクがあります。

最後が、ビットコインを初期に大量購入していた人々ですね。通称、「クジラ」(Whale)と呼びます。彼らも、1回に数億円動かす力があるので、OTCを使うことがあります。ただ、仮想通貨の強力な信奉者なので、相場を押し上げるために、あえて取引所を使っているケースもありますね。その点については、こちらにもまとめています。

4月に入ってのビットコイン急騰の理由は?

また、最近は、機関投資家という運用資産が何十円規模の投資家も、徐々にOTC取引市場に入ってきていると言われています。これが入ってくるとすごいですね。インターネット市場も彼らが資金の一部を配分することで成長してきましたから。機関投資家に付いてはこちらにまとめています。

「ビットコインは今が買い」である理由③:機関投資家の市場参画の開始

OTCの主なプレイヤー

最後に、OTC取引を主にやっているプレイヤーを紹介します。下記ですね。

  • CircleTrade
  • BitStocks
  • Cumberland
  • itBit
  • JumpTrading
  • IBC Group
  • Genesis Trading

特に、Circle社が提供しているCircleTradeは、世界最大の取扱量をもつと言われています。彼らの事業の立ち上がりは、大量の売却をしたいビットコインやイーサリウムのマイナーを売り手顧客として抑えて行き、買い手顧客を獲得するため、超富裕層も含めた大口投資家を多数抱える投資銀行のゴールドマンサックスから50億円出資してもらい、それでOTC事業を立ち上げました。

また、参考までにいうと、バイナンスなどでも、自社の保有在庫などを利用して、プリンシパルデスクのスタイルでOTC取引に応じているケースもあります。

今のところ、OTCは、大口取引者が主体のビジネスですが、僕はライトニングネットワークのテクノロジーが成熟してこれば、小口取引の世界でもできるようになっていくと考えています。なので、その点から、僕は、OTCの将来にはとても興味があります。ライトニングネットワークについてはこちらにまとめています。

ライトニングネットワークは新たなイノベーションを仮想通貨にもたらすか?

Bitcoin投資におけるファンダメンタル分析の指標としての活用方法

OTC取引がどういうものか掴めたと思うので、最後に最重要な点についてお話します。ポイントは、OTC取引では、先に伝えたようにBinanceやCoinbaseなどの取引所を直接経由せずに取引を行うため、彼の需給関係が直接、市場価格に反映されることはありません。しかし、彼らは、多くの場合、市場価格に対して、プレミアムもしくはディスカウントをつけて取引します。例えば、OTC市場が買い手需要が強い場合は、プレミアムがつくことが多く、逆に売り手の方が強い場合は、ディスカウントがつくことが多いです。OTCの売り手に回るプレイヤーは、今の段階ではマイナーが多く、買い手に回るプレイヤーは、超富豪や機関投資家などです。プレミアムは高いときには5%近くつくこともあります。

これがどうやってファンダメンタル分析の指標として使えるかというと、「プレミアム」が付いているときは、買い圧力の方が強い、つまり上昇力が強く、「ディスカウント」が付いているときは、売り圧力の方が強い、つまり下落力が強い、ということになります。

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

関連記事