ノマドワーカー・出張者がワクワクしてしまうほど使えるノートパソコンスタンド

 

さて、今日は、僕の大のお気に入りのBoYataのノートパソコンスタンドをご紹介します。僕は、いつまでも検討的な体格・体型でいたいこともあり、パソコンを使う際のIT環境は、とても注意を払っています。ノートパソコンの長時間利用で、一番、注意したいのは、「巻き肩」と「猫背」ですね。ノートパソコンを机の上にただ置いて仕事をしていると、この二つが確実に体をむしばんでいきます。

 

巻き肩は、日常生活のワーキングスタイルを改善するだけでも、ずいぶん違います。

特に、辛いのは、「巻き肩」 の問題を抱えたままで、筋トレをすると、変な筋肉のつき方をしてしまいます。なので、お世話になったパーソナルトレーナーの方からいただいた知識を元に、色々と工夫してIT環境を作っています。

そこで、ようやく見つけたのが、こちらのノートパソコンスタンドです。

僕が気に入っているポイントは、4点です。

ポイント #1: 最大30cm以上まで上げられる調整力の高さ

まず、なんと言っても、色々と製品を調べた中で、「高さ調整」が抜群によいことです。

この手の製品のほとんどは、高さをあまりとることができないのですね。色々と調べましたが、せいぜい、20cmが限界ですね。しかし、このBoyataのスタンドは、30cm以上まで引き上げることができます。僕が見つけた中では最大です。僕は、身長が183cmあります。背が高い人ほど、机の上の上半身の高さが高くなるため、ノートパソコンをそのまま机の上において仕事をすると首がすぐに痛くなります。


このBoYataのスタンドであれば、この問題が完全に解消しています。相当の満足度です。

ポイント #2: ディスプレイにつなぐストレス感がない

次にこれですね。BoYataのスタンドを手に入れるまでは、高さ調整のできるディスプレイに接続していました。しかし、接触の調子が悪いとなかなかディスプレイにパソコン画面が表示されず、仕事が再開できないことが多くあります。これが嫌だったんですね。それだけで、5-10分格闘させられるのは、ストレスもかかるのでとても不満でした。しかし、このスタンドであれば、一切その問題は解消できますね。

AppleのKey BoardとMouseのBluetooth接続も一度つないでしまえば、あとは記憶してくれ、ストレスなく仕事をはじめることができます。

ポイント#3: 軽くて丈夫。折りたたみ式なので持ち運びが可能

そして、次に、携帯性。ディスプレイを出張先や外に持っていくわけにはいきません。まあ、というか無理ですね。笑

なので、いつもそこが不満でした。自宅兼オフィスで仕事をしていると、やはり、たまには気分転換でノマドワークがしたくなります。いくつかお気に入りのスポットがあるのですが、そこにこれを持っていけるのですね。リュックにノートPC、スタンド、キーボード、マウスを入れてノマドワークします。


僕が使っているリュックはこちらです。メイドインジャパンのデザインと機能性、共に秀逸で、大のお気に入りです。こちらもよかったら参考にしてください。

身につけているだけでワクワクするKATSUYUKI KODAMAのバックパック – 3つの魅力

そして、アルミ製なので軽く。伸縮パートの部分もかなり頑丈に作られています。なので、僕は、今、Mac Book Proの13インチモデルを使ってますが、高さ調整をして勝手に下がってくることも全くありません。設計上は、17インチでも耐えられるように作っているようです。素晴らしいですね。置く台のサイズは、13インチのノートPCがぴったりハマるサイズです。

ですから、出張先にも持っていけるわけです。これが、抜群に気に入っているポイントです。国内外の出張で、ホテルやAirbnb先でも、いつもと同じように仕事をしなければなりません。正直、ディスプレイなしだと、溜まる疲労感が何倍にもなるのですね。このスタンドを手に入れてからは、かなりこの問題が解消できました。確かに、家の自宅の椅子の方がかなりいいものを使っているので、これも快適なのですが、それの快適さを差し引いても、このスタンドで、いつでもノートPCで目線角度で仕事できるのは、かなりの疲労蓄積の予防効果があることを実感しています。

僕の使っている椅子は、こちらです。参考にしてください。

「巻き肩」を防ぐためのコスパの高いデスクワークツールの選び方まとめ

また、細かい点ですが、間が空洞になっているので、台に熱が溜まらない設計にもなっています。夏など長時間使っていると、台に熱が溜まって、ノートPC内のファンが回り出し、パソコンの反応が遅くなったりすることがあるのですが、その問題もケアしてくれています。

ポイント #4: ディスプレイ購入も不要。しかも、価格が安い。

最後は、やはり圧倒的なコスパですね。僕はAmazonで4,000円強で購入しました。これを手に入れて、ディスプレイの使うのをやめました。先ほど伝えた、ディスプレイの接続不調のストレスがないので、この方が快適です。つまり、ディスプレイは、最低でも2万から3万はしますから、20%以下のコストで、ノマドワークから出張まで、万能に対応できるツールな訳です。これは超オススメです!

最後に、再度、リンクを張っておきますね。

みなさんの参考になれば幸いです!

関連記事