快適かつコスパの高いApple TVの楽しみ方

今日は僕の家でもやっている、住んでいる家や部屋のスペースサイズは問わないApple TVの素晴らしい楽しみ方についてお話します。

Photo by Jens Kreuter on Unsplash

Apple TVとは?

アメリカのアップル社が開発・販売するセットトップボックスです。セットトップボックスというのは、TV画面とiPhoneやiPadなどのスマホ、MacBookなどを接続して、インターネットサイトや様々なアプリをTV画面から簡単に操作できるようにしているハードウェアです。現在は、第四世代が最新のものです。第4世代でできることは、動画をみた方がイメージがわくと思いますので、こちらのYoutube動画を参考にしてください。

AmazonプライムやNetflixのアプリをダウンロードすれば、テレビでこれらのコンテンツが自由に楽しめますし、iTunesのアカウントを登録すれば、音楽、プレイリスト、ラジオも聞けますし、レンタルした映画の再生もできます。

また、AirPlayで、自分のiPhoneと連携させれば、iPhoneの画面をテレビ側に反映して、そこで操作できたり、Youtubeを見たりすることもできます。

リモコンもとても使いやすく、AmazonプライムやNetflixのドラマを探すときなどは、Siriの音声検索がかなり使えますし、先ほどのAirPlayを使えば、Siriでうまくひっかからない場合に、iPhoneのキーボードを使ってのテキスト検索もサクサクできるようになっています。

Apple TV向けのアプリは、日本向けは順次、拡充中と行った感じで、アメリカの方が先行しているので色々とアプリがあります。僕は、NBA(アメリカのプロバスケットボールリーグ)が好きなので、このアプリでアメリカの試合が見れるのは、かなり嬉しいです。日本だとBS放送とかで決まった時間しか見れないので録画しないといけないですからね。

あと、ゲームアプリも少しずつ増えてきており、ニンテンドーのWiiで遊べるようなタイプのゲームも出てきています。

また、アプリ関係でちょっと細かい点を伝えると、Amazonのレンタル/購入コンテンツとiTunesのレンタル/購入コンテンツはサービスが競合しているので、Apple TVの画面から直接、Amazonの映画などのコンテンツのレンタル/購入することはできないです。

マイナーな映画などですと、iTunesを探してもその映画がなくて、Amazonにある場合がたまにあるので、その場合は、スマホで、Amazonアプリからコンテンツをレンタルして、それからApple TVで観る、というやり方をします。

総じて言えることですが、これだけのことができるAppleTV、1台で約20,000円で買えるのですが、かなりコスパの高い製品だということがみなさんにもわかっていただけると思います。

Applet TVをまだ手に入れていない方はこちら

そして、ここから、僕が工夫して作り上げた最高の楽しみ方をお話します。

【自作】移動式ホームシアター兼オーディオシステム

TVスタンドにTVをセットする。

高さ調整もでき、コードも筒の中に入れれるので、かなりスッキリしています。

自力で全然できるので頑張ってやってみてください。

Apple TVとリモコンをTVの裏に貼り付ける。

TVをよく移動させるので、Apple TVとそのリモコン充電がTVと一体になっているのがポイントです。

左がApple TV、右斜め上がそのリモコンの充電器です。TVのUSBから充電します。ちなみに、中央右側は、AppleTVを持っていなかった時に使っていた録画データ保存用ハードディスクドライブ。AppleTVを手にしたらもはや無用の長物です。

Apple TVとリモコン充電器のボックスはAmazonでこれを買いました。粘着テープで設置でき、デザインもApple TVとマッチしているので違和感なしです。

デジタルTVとAVアンプを接続する。

繋ぎ方は、二通りです。一つは、Dolbyのサラウンド環境を忠実に再現するために、光デジタルケーブルで接続する方法。もう一つは、HDMIで接続する方法です。

スピーカーの上に板をのせてその上にAVレシーバーをセットすると、ちょうどよい高さです。

大切なことは長めのケーブルを購入することです。僕は、5Mのケーブルを使っています。すると、このTVスタンドを移動させながら、Apple TVを専用リモコンやスマホから操作できるようになるのです。これでいろんな楽しみ方ができます。僕が使っているのは、Amulechの光デジタルケーブルで、これは、光ファイバーケーブルのコアに、高い光透過性 PMMA (Poly Methyl Methacrylate(有機ガラス) の採用しているため、高音質のデジタルサウンドを忠実に再現してくれます。他の光デジタルケーブルに比べて少し高いのですが、ものすごく音質がよいのでとても満足しています。

HDMIで接続したい方は、参考までにHDMIの5Mケーブルもご紹介しておきます。TVスタンドをよく移動させることを想定しているので、ケーブル自体は耐久性の高いながらもしなりがしっかりあるものを選ぶとよいです。下記のナイロン編みものなどは丈夫でしなやかなのでよいと思います。

ちなみに、スピーカーの上に置いている板は、実は、家で使っているベッドのヘッドの部分です。スピーカーの色ともAVレシーバーの色ともピッタリ合う上、ベッドではあまり使わないので取り外してここに代用しました。

単なる板なので、代わりになるものはいくらでもあると思います。日曜大工用品店で気に入った天板だけ買うのでもよいと思います。サイズは、日曜大工用品店で、スタッフの方が整形(数百円程度)してくれます。

移動式ホームシアター兼オーディオシステムの楽しみ方

では、ここから、実際にどのようなシーンで使っているかご紹介していきますね。

TVでクックパッドのレシピや調理動画を再生しながら一緒に料理する

例えば、妻と一緒に料理を作っているときに、TVをキッチンのところに持ってきて、AirPlayで、iPhoneをミラーリングでクックパッドアプリを使って、一緒に料理をします。画面が大きいので、二人で見ながら一緒に作業ができるんですね。調理動画があるレシピであれば、なお楽です。いずれはApple TV対応のクックパッドアプリも出てくるでしょう。

Photo by Laurent Peignault on Unsplash

食事のあとにリビングからベッドにTVを移動させてドラマ鑑賞

我が家は、リビングとベッドが近いです。ご飯はリビングで食べますが、2時間以上ご飯を食べることって、あまりないですよね。せいぜい1時間ぐらい。ハマっているドラマだと、そのあとリビングでゆっくりしていると、いつの間にやら、寝る時間になり、そのまま見続けたいです。

そんなときにこのTVスタンドをベット側に移動させるだけで、そのまま見続けることができます。あとは、ベッドでそのまま寝てしまっても、Apple TVであれば、一定時間経過して、ユーザーが何も操作していないと自動で再生を止めて、スリープ状態になってくれます。さすがAppleです。

 

バルコニーでスポーツ観戦しながらブランチ

休日とか天気がいい時は、庭やバルコニーがある家に住んでいるなら、やはり、外でブランチを食べたいですよね。しかも、サッカーの日本代表の試合や、オリンピックの試合などを見るとき、好きなスポーツの試合もバルコニーで観戦した方が気持ちがいいです。

ということで、この二つを組み合わせてやります。TVスタンドを移動すれば良いだけです。

 

家のどこからでもハイレゾ音源による本格スピーカーの音楽が楽しめる

TV画面を操作して、好きな音楽を選ぶのでもよいですが、TVから離れた所にいる場合は、WifiやAirPlayを使って、自分のiPhoneから好きな音楽やラジオを選んで再生できます。

これは、正直、ものすごく快適です。僕のAVレシーバーはもう型が少し古いので、Wifi接続ですが、あとでご紹介する最新のAVレシーバーであれば、AirPlay対応しているので、更に楽です。

TV周りの掃除がラクチン

あと、これはけっこう重要だと思いますが、よくテレビの裏側とかテレビ台の中ってホコリが溜まりますよね?この環境だと、それが全くなくなります。また、スタンドを移動できるので、掃除機をかけているときもかなり楽になり、妻もとても気に入ってます。

このホームシアター環境の大事なポイントは、AVアンプ環境とTV+AppleTVがケーブル接続になっておらず、かつ、TVスタンドの環境を5mぐらいの長めの延長コードを使えば、自由に動かせるようにしているから実現できている点です。

TVといえば、大きな画面のものを部屋に固定して観ている人が大半だと思いますが、僕は以前からそれに違和感と不便さを感じていました。それならば、TVサイズは少し抑えて、上のような環境にした方が絶対に良いと思ってやってみたところ、かなり満足しています。

一軒家のような環境に住んでいる方だと、リビングと寝室間が離れていると思うので、このやり方は合わないと思いますが、少なくともオープンキッチンなどになっていれば、リビング空間との間をTVスタンドで移動させることはできると思います。

TVやオーディオ環境をいくつも買うのは、お金がもったいないのでこのやり方は、かなりオススメです。ましては、Apple TVを何台も買うのもアホらしいので、これは最高にコスパの良いやり方だと思います。

賢いオーディオ・IT環境の選び方

さて、ではここから、このApple TVの楽しみ方を実現するための各オーディオ・IT環境の選び方のポイントについて詳しく話をして行きます。

デジタル液晶TVを選ぶポイント

デジタル液晶TVに必要な条件は以下です。

  • Apple TVと接続するためHDMI対応になっていること
  • Apple TVリモコンのUSB充電機能を使うため、USBソケットが一つ以上あること
  • TVスタンドを使うためサイズは50から40インチ以下ぐらいにする

大半の国内メーカーのTVであれば、この条件は満たしていると思います。3つ目の点は、購入するTVスタンドに、上限のインチ数が出ているのでそこをチェックしてください。

ちなみに、あまりインチ数を大きくするとスタンドもゴツくなるので、家の空間に置くにはデザイン的に合わないのであまりオススメしないです。

また、Apple TVの第4世代がDolby Atmos対応になっているのですが、デジタル液晶TVも国内メーカーの大半のものは対応しているのでほぼ問題ないのですが、念のため、確認した方がよいと思います。

そして、TVはもはや高画質ディスプレイとしてか機能していないので、メジャーなブランドであればどこでも同じです。色々と機能が追加されたものは値段が上がるだけなので、シンプルに上の条件を満たした価格の安いものを買いましょう。僕は、今は、Amazonで買ったSonyブラビア液晶テレビの40インチを使っています。気に入っています。

TVスタンドを選ぶポイント

TVスタンドは、家の中に置くものなので、オフィス環境用のゴツイものではなく、スッキリしたものを選んだ方が良いです。1本ラインで立つものが特にスッキリしていてよいですね。

その分、大きなTVは設置できませんが、デザインによっては、65インチのTVでもいけるものもあります。僕が使っているものは、8年前にAmazonで購入したものですが、商品はなくなっているようなので、最新のもので、いくつかデザインのよいものをピックアップしたのでリンクを貼っておきます。

AVレシーバー(アンプ)を選ぶポイント

AVレシーバーに必要な条件は下記の通りです。

  • AirPlayに対応
  • ハイレゾ音源対応(音質がかなり良い)
  • 3Dサラウンド環境を実現したい人はDolby Atmos対応

AVレシーバーで定評があるメーカーは、家電量販店でこの手の商品に詳しいスタッフの話を聞いていると、Denon、Yamaha、Onkyo、Marantzの4つですね。僕もこの4つの中から比較検討して選びました。Marantzは実質的にはDenonの子会社です。

また、高いものはキリがないので、どのメーカーにするにしても上の条件を満たしていれば十分と考えた方がよいです。実際に、スピーカーに接続した時に、TVから聞こえてくる音とは桁違いのクオリティの音であるのが分かります。それだけで十分だと思います。

4つ目のDolby Atmos対応は、どこまでこだわるかだと思います。重低音などが効いた高品質な音楽再生は、ハイレゾ音源対応で実現できます。僕は、今は、Onkyo TX8050を使っています。Dolby Atomosの光デジタルケーブルに対応しています。木と相性のよいシルバーに近いチタンカラーとシンプルなデザインが気に入っています。ただ、8年前に購入したもので、ちょっと機能も古くなってきているので、そろそろ買い替えを検討しています。

参考までに、各メーカーからそれぞれ最新のものが出てきているので、上の条件を満たす最安モデルをご紹介しておきます。

 

スピーカーを選ぶポイント

最後に、スピーカーについては、AVレシーバーと同じメーカーのところを選んだ方が音質が良いと考える人がいますが、全く関係ないです。

スピーカーは、デジタル再生では表現できないアナログならではの繊細な音を出せるようにするため、どこも端子接続という原始的な接続方式になっているので、むしろデザインの方が大切です。また、メーカーとしては、DenonとYamahaのスピーカーがやはり評判がよいですね。

右手SPEAKERSというところがスピーカーとの接続部。全メーカー例外なく同じです。

自分の好みにあっており、かつ、部屋のデザインと馴染むものが良いと思います。僕は、特に、木の温もりが好きで木製を明るい色が好きなので赤茶にしました。

また、デザインは、スタンド型の方がやはりこれぞスピーカーという感じがし、音が出る箇所のデザインは、王道の円形の方がしっくりくるので、DenonのSC-T55SGを使っています。

AVレシーバーは、新しい機能がどんどん追加されて行くので、ある程度のタイミングで買い替えが必要ですが、スピーカーは一度買えば、ほぼずっと使えるので、「安物買いの銭失い」にならないよう、本当に気に入ったものを一つ買うことをオススメします。

最後に、家電量販店のオーディオ関係に詳しいスタッフの方と色々と話したときに話題になってのですが、僕の希望としては、AVレシーバーとApple TVを光デジタルケーブルではなく、WifiやBluetoothで接続することです。技術的には全然可能なのですが、そこに対応してくれているメーカーがまだないのが残念ですね。AirPlay対応が始まったので、もちろん、iPhoneのiTunesの楽曲などをAVレシーバーに無線で飛ばして再生することはできるようになっています。

2020年に5Gモバイル通信が日本でも導入される目処がたってきており、そうなると、今の主流の4K動画の倍のクオリティを出せる8K動画が普及し始めると言われており、そのあたりからApple TVとAVレシーバーの無線接続に対応してくれるAVレシーバーメーカーが出てきてくれるとよいなと思います。

5Gモバイル通信に関する記事は、こちらにまとめています。

https://lifeforearth.com/?p=2044

 

いかがでしたでしょうか?

Apple TVを上手に活用して、みなさんが、快適なホームデジタルライフを送れることを心から祈っています!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.