COSMOSとPolkadotの比較 #6

Source: Cosmos Network Website and Polkadot Network Website

Polkadot Networkについて

Polkadot Networkは、PoS型のブロックチェーンであり、そのネイティブトークンは、”DOT”である。DOTが、Polkadotのソフトウェアガバナンスにおける投票権として機能し、同時に、トークンホルダーが、正直な振る舞いをするようにインセンティブづけられている。そのネットワークの中央に位置するのが、Relay Chainであり、Cosmos Hubと同じ役割を果たす。彼らは、バリーデーター、ノミネーター、コレーター、フィッシャーマンの4つが主なステイクホルダーである。PolkadotもCosmos同様に、悪意的な振る舞いに対してはスラッシングのペナルティルールが課されている。

PolkadotのバリーデーターとCosmosのバリーデーターの役割は全く同じである。そして、Polkadotにおけるノミネーターは、Cosmosのデリゲーターと同じである。以下のダイアグラムは、Polkadotのホワイトペーパーから、互いのシェアホルダーがどのように関わり合うかについてまとめたものである。

バリデーターは、RelayChainに接続されている全てのParachainのデータベースが完全にシンクロされている状態を維持することは期待されていない。それが故に、新しいParachainのステイキングやバリデーションのタスクを、サードパーティであるコレーターに任せている。であるから、コレーターが、正当なパラチェーンのブロックを更新を行っていく役割を担っている。彼らが、全ノードのメンテナンスを任されているのである。彼らは、Zero Knowledge Proofモデルに基づく、まだブロックチェーンに格納されていないブロックを、RelayChainへの新たなParachainとして接続する責任を追っているバリデーターに提供する。そして、コレーターとバリーデーターは、それぞれ、この処理に対してトランザクション手数料を受け取る。

フィッシャーマンは、この2者とは完全に独立した、大きな報酬獲得を目的にしたバウンティハンターのような存在である。フィッシャーマンは、Polkadotのバリデーターネットワークをモニターしながら、稀に起きる悪意的な行為を発見することである。この行為が発見された場合、その行為に関わっていたバリーデーターとコレーターは、スラッシングのペナルティを受ける。フィッシャーマンは、バリーデーターやコレーターが行ったPolkadotのネットワークを正常に保つことに反する違法行為について、証拠をネットワーク全体に通知する。

ソフトウェアガバナンスは、いくつかのレイヤーに分けられており、メインのレイヤーについて、DOTを使った投票権モデルで運用されている。また、同時に彼らは、12-24のアカウントによって構成される仮想議会を持ち、ステイクホルダーから十分な関心を得られな買った提案についても投票する仕組みを持っている。これは、投票率が低い場合のバックアップソリューションである。彼らは、Adaptive Quorum Biasingに加えられることが約束されている。ここではDOTトークンの長期保有者や、長期間バリデーターとして、またはPolkadot上でdAppsを運営してきたチームを貢献度に応じて、投票権の重み付けを行うことを検討するための仕組みである。しかし、現時点ではまだアイデア段階で実装されてはいない。

Polkadot上での開発

Substrateについて

Substrateは、テックスタックで、これを使ってPolkadot上で、自前のブロックチェーンを作る。アイデアは、Cosmos SDKと同じである。COSMOS SDK上に、Cosmos Hubが構築されていると同様に、Polkadotネットワーク自体が、Substrate上に構築されている。このアプローチであるが故に、あなたは、コンセンサスやネットワーキングを気にすることなく、ブロックチェーン・アプリケーションにフォーカスすることができる。

Substrateは、Rustで書かれているが、そのステートマシンのコアの機能は、WebAssemblyにコンパイルされている。使い方としては、Rustで書いたコードをコンパイルしたものをネイティブのままで使うか、WebAssemblyの翻訳機を使って利用する。実際の図は、以下のような形になる。

もし、ネイティブ・クライアントノードが、最新のステータスになっていれば、WebAssemblyで、ネイティブコードでプログラムを走らせることができるが、そうでなない場合は、WebAssemblyの翻訳機を使うため、スピードは遅くなる。

Polkadot上にdAppsを作る

あなたは、スマートコントラクトをサポートするParachainの上にdAppsを作ることができる。この点は、Cosmosと同じで、Cosmos Hubがスマートコントラクトをサポートしないよう、PolkadotのRelayChainもスマートコントラクトはサポートしない。しかし、彼らに接続しているチェーン上では可能である。

つづく。

COSMOSとPolkadotの比較 #7

関連記事