Brave Browser (ブレイブ・ブラウザ) – BATトークン – ホワイトペーパーの翻訳 #1

こちらは、Brave BrowserのトークンBATのホワイトペーパーを翻訳したものです。原文はこちらになります。参考にしてください。


Basic Attention Token (BAT) – ベーシック・アテンション・トークン

ブロックチェーンベースのデジタル広告ブラウジングソフトウェア

アブストラクト

デジタル広告市場は崩壊している。オンラン広告のマーケットプレイスは、以前は、広告主とコンテンツパブリッシャー、そしてユーザーによって運営されていたが、今では、”ミドルマン”であるアド・エクスチェンジ、オーディエンス・セグメンテーション、クロスデバイスかつ複雑なユーザートラッキング、そしてデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)を通じた、不透明な個人情報の共有に、支配されている状態である。

そのため、ユーザーはかつてないレベルのプライバシー侵害を受けており、モバイル広告で、ユーザーはスマホのキャリア契約のうち、毎月23ドルを広告表示のために消費させられ、更に、そのためにページの読み込みスピードは遅くなり、更にスマホのバッテリーの21%は、この広告表示のために消費させられている。

そのため、スマートフォンとデスクトップPC合わせて、6億以上ものデバイスが、広告ブロックのソフトウェアをインストールしており、この数は毎年増加している。そして、伝統的なコンテンツパブリッシャーは、過去10年で、インフレ率を配慮した上で、合計66%の収益を失っている。

コンテンツ・パブリッシャーは、収益の低下を経験しており、ユーザーはプライバシー侵害を深刻に問題視しており、そして、広告主の広告評価能力は完全に消え失せている。この解決策は、ブロックチェーン上に、非中央集権的、かつ、透明性の高いアド・エクスチェンジ市場をつくることである。この実現のための第一のコンポーネントは、Brave Browserである。広告で、オープンソース、そして、プライバシー問題に配慮したウェブブラウザである。このブラウザは、サードパーティ広告やそのトラッカーをブロックし、かつユーザーが自由にコンテンツパブリッシャーに広告報酬を与えられるようにする台帳システムである。

Braveは、BAT(Basic Attention Token)、これは、非中央集権的なアド・エクスチェンジを運用するためのトークンである。このエクスチェンジは、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、このブラウザを利用するユーザーに報酬を提供する。

BATは、広告主、コンテンツパブリッシャー、そしてユーザーの3者をつなぎ、そして、ユーザーの思いやりに応じて運用し、同時に、既存のアドネットワーク、不正、プライバシー侵害、そして不正広告に関連する社会的かつ経済的コストを取り除く。

BATは、ある種の決済システムである。つまり、ユーザーには報酬を提供しつつ、プライバシーを保護し、広告主にはより理想的な広告のコンバージョンを提供し、そして、コンテンツパブリッシャーにはより高い利益率を提供する。つまり、BATは、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、パブリッシャーのコンテンツの収益化を計るという重要な問題を解決するため、未来の新たなインターネットのスタンダードを確立しようとしている。

1. BATのバリュー・プロポジション

我々は、BATを、ウェブブラウザとモバイルアプリに基づく、オプト-イン型広告システムとして、セキュアかつ、匿名性を維持したトークン・エクスチェンジとして実現することを目指している。BATシステムは以下を提供する:

• ユーザー :広告閲覧時における、強力なプライバシー保護とセキュリティ配慮を提供しつつ、広告の関連性とパフォーマンスを完全し、そしてトークンを報酬として提供する。

•パブリッシャー:収益性の改良、レポーティング内容の改善、そして、不正広告の排除。

•広告主:より低コストな顧客へのリーチ、不正広告の排除、そして、より改善された広告アトリブーション。

つづく。

Brave Browser (ブレイブ・ブラウザ) – BATトークン – ホワイトペーパーの翻訳 #2

関連記事