【初心者向け】イーサリウムとリブラのBaaS比較 #1

イーサーリウムとリブラのBaaS比較について、僕の見解をまとめています。参考にしてください。

まず、BaaSについてよく分からないという人は、こちらのブログを参考にしてください。

僕の仮想通貨(暗号資産・トークン)投資のポートフォリオ戦略の基本的な考え方についてまとめ #2

イーサリウムとリブラのBaaSの概要

イーサリウムの概要

BFTコンセンサスアルゴリズムについては、2021年より、現状のPoWモデルからPoSベースのCasperに移行予定。Casper移行予定後もパーミッションレス、つまり、パブリックブロックチェーンの路線は継続。dApps開発者は、Solidityというイーサリウム独自の開発言語を用いて、自分達のトークンの振る舞いなどのスマートコントラクトを定義する。一方で、イーサリウム側は、このスマートコントラクトを、EVM(Ethereum Virtual Machine)を通じて、暗号化し、イーサリウムのパブリックネットワークに参加するノードに、このステートの変更と管理を依頼する。管理形態は、ブロックチェーンの形態。ノードはこの作業に対して報酬を得る。報酬は、dApps開発者が、まず、ETHを購入し、そのETHからイーサリウムののノード群を利用するためのコンピュータ資源に対する利用料であるGASを購入、このGASはオークション制が採用されており、高い値段を提示するほどノードが優先的に計算処理するため、処理完了は早くなるというゲームメカニズムが存在する。ETHには、ビットコインと異なり供給制限はなく、インフレモデルである。また、パブリックブロックチェーンであるが故に、秒間あたりのトランザクション処理件数の制約が厳しいため、ビットコインのライトニングネットワークに相当するセカンドレイヤーのテクノロジーとして、Plasma Cashの研究開発が進められている。

リブラの概要

BFTコンセンサスアルゴリズムについては、2020年のリリース時点では、PoSベースのHotstuffの改良版で実装予定。ノードの参加ルールは、パーミッション型であるが、同じパーミッション型のCOSMOSのように公開選定方式ではない。現状、フェイスブックがリーダーシップを取っているリブラ協会の会員規定に従い、1000万ドル(約10億円)の準備金支払いができるものに限定され、かつ、リブラのプロダクト戦略に合致するパートナーが選定される。dApps開発者は、Moveというリブラ独自の開発言語を用いて、スマートコントラクトの定義するが、現時点で、イーサリウム同様に、独自のトークンエコノミーを作れる仕組みにするかは不明。ステーブルコインであるリブラをトークンとして利用する方針である可能性がある。dApps開発者が定義したスマートコントラクトは、SMR(State Machine Replicator)のモジュールを通じて、リブラのバリデーター(ノード)ネットワークのコンピューター資源を使い、彼らにこのステートの変更と管理を依頼する。同じくバリーデーターへの報酬支払いは、イーサリウム同様、GASに相当するものをLibraを使って購入し、オークション制が採用されている。Libraも、ビットコインと異なり供給制限はなく、インフレモデルである。また、価格については、ドル・ユーロ・円をベースにした通貨バスケット制を採用した価格決めになるため、ETHのようなボラティリティは発生しない。また、パーミッション型で参入するため、パブリック型に比べて、COSMOSのTindermint同様、秒間数千件のトランザクション処理は可能になるため、現時点で、イーサリウムのPlasma Cashに相当するような技術の研究開発については具体的には言及されていない。

パーミッションVSパーミッションレス

最大の焦点はここになると見ています。リブラは、2020年のリリース以降、2025年までにはイーサリウムと同じパーミッションレスを目指す方針ですが、現状は、パーミッションモデルです。ここに一番過敏に反応するのは、開発者です。現時点で、イーサリウムは、ブロックチェーン市場では最大の開発コミニティを持っており、このコミュニティメンバーの多くは、イーサリウムのパブリックブロックチェーンとしての可能性に魅力を感じています。

一方、リブラの場合は、パーミッション型であり、かつ、同じパーミッション型のCOSMOSのように公開制でバリーデーターを選定するのではなく、僕が経営していたOrb同様に、プロダクト戦略や事業戦略に合致したパートナー企業をバリーデーターとして迎え入れるというルールになっています。詳しくはこちらにまとめています。

【シリーズ】リブラとは? – Libraの優れたバリデーター戦略について #1

この点は、ブロックチェーン・テクノロジーを使ったアプリケーションが、インターネット同様に、キャズムを超え、一般人に使われるようにするためには、不可欠のアプローチではありますが、開発者側にそれを理解してくれる人が多くいるとは考えずらいため、開発コミュニティが初期段階から大きく盛り上がる可能性はないと見ています。また、バリーデーターのインセンティブも、COSMOSのようにATOMトークンがもらえるというインセンティブだけでなく、リブラの発行高に応じて、準備金が増額していくメカニズムが働き、その準備金を運用する(運用先には、Libra BaaSを利用したスタートアップへの投資も入っていると考えている)ことからのリターンを報酬として払うというモデルを採用しているため、より事業性を重視したモデルとして設計されています。

おそらく、リブラ側もこれらの点を意識して、2025年までにはパーミッションレスに移行するという開発方針を打ち出しているように思います。この方針を打ち出しておかないと、リブラのバリーデーターネットワーク以外のサードパーティ開発者をLibra BaaSに惹きつけることが困難になると判断しているからでしょう。

このパーミッションレスorパーミッションという文脈の中には、コンセンサスアルゴリズムとしてのCasperとLibraBFTの比較の視点も入ってくるわけですが、両者ともPoSベースであり、Libraの方が、CasperやCOSMOSのTindermintからインスパイアされたHotStuffの改良版を利用しており、最新モデルを適用していると言えるが、ここに関しては、決定的な差異はあるようには見えないです。それぞれ、詳しくはこちらにまとめています。

ノートパソコンでマイニングできる世界を目指すイサーリウムCasperについての分かりやすい話①

Libra BFTコンセンサス・アルゴリズムの解説 #1

つまるところ、パーミッションレスを貫くイーサリウムが、リブラがパーミッションレスで追いつこうとしている2025年までに、PlasmaCashを実稼働まで持ってくることができると、テクノロジーと開発コミュニティでは、先行しているイーサリウムがかなり優位に立つと思います。

PlasmaCashについては、ビットコインのライトニングネットワークとコンセプトはほぼ同じなので、ライトニングネットワークを理解すれば、何を実現しようとしているのかは見えてきます。こちらにまとめているので参考にしてください。

ライトニングネットワークは新たなイノベーションを仮想通貨にもたらすか?

そして、この視点で、今のところ、両者とも同じ路線で進められているのは、GASのオークション制度です。自由価格の競争を促すことが目的ですが、結果的に、ネットワーク・コンジェスチョンの問題も誘発しているため、BaaS本来のミッションとはあまり相性がよくないと僕は見ています。この点は、Libraはすでに意識はしているようで、彼らのテクニカルペーパーにも「公平性に対する取り組みとして、検討していく」と書かれています。僕の視点では、BaaSは、今の段階では、ステーブルコインのように安定的な価格モデルで利用できた方がよいと考えています。

つづく。

【初心者向け】イーサリウムとリブラのBaaS比較 #2

関連記事