国会選挙をブロックチェーン化しても新たな価値はほとんど生まない。なぜか?

さて、最近、参院選挙があったこともあり、選挙ネタの一つとして、たまに話題に上がる選挙をブロックチェーンでやればよいというアイデアについて、僕の見解をまとめておきます。

まずは、メリットからお話します。

電子投票になることで在宅投票も可能だし、選挙コストも下がる。

選挙システムを全てブロックチェーンに置き換えるとどうなるか?まず、電子投票ですから、インターネットにつながる環境であれば、自宅にいながらでも投票できる。なので、期日内での投票さえすればいいので、これは楽チンですね。同時に、今の紙ベースの選挙の場合、投票場の設置や運営、開票場所の設置や運営など、かなりのコストがかかっているわけですが、これもソフトウェアに置き換えられるので、ほとんどコストがかからなくなります。しかし、選挙の費用自体は、莫大なコストではないので、これで税金が、飛び上がるほどうれしいレベルで下がるというのはほとんど考えられないことです。

不正投票や開票不正ができなくなる。

もう一つはこれですね。ビットコインがいわゆる二重支払い問題を解決していると同様に、一人の人間が複数回投票するなどの不正投票の問題も防ぐことができますね。これは、パブリック・ブロックチェーンだからこそ実現できることです。クライアントサーバーモデルで投票システムを作っている場合、選挙システムの運営者内部に、悪者がいた場合は、データ改ざんを防ぐことができないからですね。システムの中からも外からも改ざんできないブロックチェーンだからこその強みがある。本人認証は、マイナンバーカードのID番号などを使えばよいでしょう。

また、同じことは開票不正に対しても適用できますね。日本の事例ではないですが、アメリカの2000年のブッシュジュニアVSゴアの大統領選挙で起きたフロリダ州の開票不正の疑惑の問題などは、ブロックチェーンを使うことで抑止することができます。

しかし、だからと言って国家経済システムが抱える問題は一切解決できない

ということを、みんなきちんと理解する必要があります。ブロックチェーンのミッションは、小さな政府または、市場経済における第3者の役割である政府を不要にすることを目指しています。

ですから、今の国会による政治の運営モデルの中核システムの一つである選挙システムをブロックチェーンの上に載せ替えても、当然ですが、若者の負担が年々増えている年金問題は解決しません。ブロックチェーンの技術そのものと年金制度は全く関係していないからですね。ですから、日本の人口が減り続けている以上は、消費税などの増税もなくならない。GDPで、国家経済の成長を図っている以上、選挙システムをブロックチェーンの上で動かしても何も変わりません。一番変わらないのは、選挙の勝敗を決める「票田」です。このブログによく登場している日本の人口ピラミッドです。


今の日本の政治は、「団塊の世代」が動かしています。彼らが一番票を持っている。だから、彼らの意思が今の政治に反映される。彼らは、もう年金をもらう年だから今の年金制度が崩壊することは絶対に避けて欲しいと願っている。だから、今の若者の経済負担が増えようが、自分たちが墓に入るまで年金制度が維持されればよいと考え、維持のために票を投じる。消費税も同じ。彼らは、高度成長時代に働き盛りを経験した世代なので、日本の中で一番富を持っています。なのぜ、消費税が多少増えたところで大してダメージもない。むしろ、年金制度を維持するために、消費税を増やすのは大賛成という層です。

つまり、選挙システムをブロックチェーンに置き換えたところで、何も根本的な変化が起きないことがわかると思います。僕が、国家経済システムに変わる新しい経済システムを別に作った方がよいと言っているのはそういうことなのです。

例えば、幕末の日本が、江戸幕府という封建制度と身分制度の政治経済システムを終わらせて、明治維新で、全く別の近代国家システムを作ったのも同じこと。それをやらないと日本が欧米列強の植民地になってしまうかも知れなかったからですね。要するに、古いシステムが時代の変化に対応できなくなっているから、新しいシステムを別途、作った方がよいということ。それが、今度は、その古いシステムというのが、国家経済のターンになったということ。

ですから、国家経済にしがみ続けながら生きていくことに、明るい希望がないということを僕はなんども伝えています。老後に重要になる年金制度に関しても、多くの人は問題の本質を理解していないので、その点はこちらにまとめています。参考にしてください。

年金は当てにならないが、自力で2,000万の老後資産を作るのは「無理ゲー」な日本経済のカラクリとは #1

そして、同じ視点で、中央銀行や全銀ネットのインフラをブロックチェーン化するという発想がある。これも全然、本質的な問題解決にはなりません。

その点は、こちらにまとめています。

日銀ネットや全銀ネットをブロックチェーン化しても新たな価値は生まない。なぜか?

みなさんの参考になれば幸いです!

関連記事