Brave Browser (ブレイブ・ブラウザ) – BATトークン – ホワイトペーパーの翻訳 #12


5.トークンのローンチ

5.1. トークンローンチの概要

我々のゴールは、最大$24億ドル、最低5億ドル調達する予定である。数値は、ETH/USドルの相場によって多少変わる。2017年5月28日時点の数値は以下の通りである。

•最大の調達金額:

156,250 ETH – ETH/USDの相場変動により変更の可能性あり。

•最小の調達金額:

27,343.8 ETH.

•エクスチェンジレート:

1 ETH = 6,400 Basic Attention Tokens (BAT) – この数値もETHの相場によって変更の可能性あり

•ローンチの日付:

2017年5月31日午前8時(太平洋時間)、イーサリウムのブロックナンバー:3,798,640

•トークンローンチのタイムフレーム:

30日間、ブロックナンバーは3,963,480

•トークンのローンチ完了:

設定した期限内に、最低ないしは最高のいずれかの調達額に到達した時点で完了。

5.2 トークンの配分

•Brave:

13.3%、200M BAT

•ユーザーグロースプール:

300M BAT

•パブリックローンチ時点で提供されるトークンの量:

1B BAT

5.3 ユーザーグロースプール

ユーザーグロースファンドは、ユーザーをこのBATエコシステムに連れてくるためのアフィリエイトプログラムである。

•300Mは、1ユーザー獲得あたり5BATを配分する形で、アーリーアダプターに付与される。

•BATは、BATエコシステム内でのみ利用可能である。

•付与されたのち、未使用のBATは、再びユーザーグロースファンドに戻され、新しいユーザーに付与される。

•既存のBraveユーザーは、ダウンロード済みのアプリケーションをアップデートし、SMS認証をすることで、トークンが得られるようになる。

•既存のグロースプールを使い切るまで、新しいトークンは発行されない。

5.4.ICO資金の配分

•BATのチームへの配分:全体の58%

現時点でのチームは、20人のエンジニアである。この資金があれば、現時点のBraveのブラウザテクノロジーに、BATのソリューションを組み込むことが可能である。

•アドミニとレーション:全体の10%

BATに関わる法務コスト、セキュリティ、会計、その他のアドミン関連の費用である

•マーケティング:全体の12%

マーケティング予算は、基本、Braveブラウザーのダウンロードと、ユーザー、パブリッシャー、そして広告主のBATソリューションの普及のために利用する。同時に、この予算には、世界のBraveコミュニティの成長とメンテナンスも含まれている。

•契約者関連:全体の13%

この資金は、外部コンサルタントとして我々のプロジェクトをサポートしてくれる、エンジニアリング、マーケティング、グロースハック、PR、パートナーシップ、アフィリエイトプログラムなどに使われる予定である。

•バッファの予算:全体の7%

不測の事態に対する予算として、この分を設けている。

終わり。

関連記事