僕のZcashのトークンZECについての投資評価まとめ

僕のZcash(Zキャッシュ)、ZECは投資していないのですが、その評価についてまとめましたので参考にしてください。

Zcashとは?

2016年に運用が開始した暗号通貨プロジェクトの一つであり、Meneroなどと同様に、ビットコインに比べてプライバシー機能が強化されている。発行上限はビットコインと同じ2100万ZECでPoWベース。zk-SNARKと呼ばれるZero Knowledge Proofをベースにユーザーは送金しあうことができるため、コインの送金に使わるアドレスや移動したコインの量などを隠しつつ、二重送金などの不正が行われていないことが「証明」することができる。

つまり、ビットコインの競合になる存在です。

デジタルゴールドには代替は不要である

これは、僕のポートフォリオ戦略からの抜粋です。


この中心にある「デジタルゴールド」としてのビットコインの存在が、ブロックチェーン産業を育てる上で鍵なのですね。ビットコインが、既存の金融市場の中で、投資先として地位を高めていくほど、そこに流入した資金をテコに右側の様々なブロックチェーンプロジェクトに資金が流れ、産業として成長していきます。

しかし、ここにゴールドに対する、シルバーやプラチナなどのような存在が必要でしょうか?僕の答えは「No」です。なぜか?僕らの経済システムの中におけるゴールドをはじめとするレアメタル(希少金属)とこのソフトウェアの世界におけるビットコインと同タイプの暗号通貨の実用性面の性質が全く異なるからです。

レアメタルは、確かに「有事の金」に代表されるように株式や再建の調子が悪いとき、国際政治経済が混乱しているときの資産逃避先としてよく注目されます。しかし、それより前に理解しておくべきことは、そもそもレアメタルには実体経済における「実需」が大量にあるのです。代表的なものは、スマホやパソコンの製造ですね。ゴールド、プラチナ、パラジウムなど様々なレアメタルが利用されています。つまり、「実用性」があると言うことです。一時期、ゴールドやプラチナの価格が上がってしまった結果、代替のパラジウムなどの需要が偏った結果、パラジウムの価格が高騰したことがあります。ここがポイントです。

デジタルゴールドとしてのビットコインには、実用性があります。完全なるP2Pネットワークで出来上がっているので、国家経済が破綻してもビットコインのネットワークが破綻することがない。そして、国家経済の発行する法定通貨が未来永劫インフレである一方で、供給制限があるが故、相対的に資産価値が上がるように設計されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

なぜ、ビットコインは「通貨」ではなく「デジタルゴールド」と呼ばれるようになったか? #1

これがデジタルゴールドとしてのビットコインの価値なのであれば、一つあれば十分ですよね。なぜ、2つも3つも、似たような存在がそれ以上に必要なのか? 説得力のある理由が見当たりません。

すでに、ビットコインには機関投資家の資金が入り初めており、Bakktのような機関投資家向け専用の取引所の準備が進められており、ETFなどの金融商品開発の検討も進んでいる。これだけこの市場の突破口を開いているビットコインに、なぜ、同じ役割を担うNo.2やNo.3の存在が必要なのか?と言うことです。

他に実用性がなければならない。ソフトウェアとしての実用性であってもよいです。Zcashoの場合、その実用性とは、Zero Knowledge Proof に代表される匿名性の高い送金が行えること。これがどのような実用性を我々にもたらしてくれるのか?

ダークネットに悪用されることが多いのは価値ある実用性とは言わない

Zcashの場合、そのビットコインに比べて更に取引の匿名性を引き上げているが故に犯罪組織に悪用されることがとても多いのですね。通称ダークネットです。麻薬取引、銃火器の取引、資金洗浄などです。Zcashの場合、米国政府から「違法行為を目的に作られたのではないか?」と、その問題を指摘されており、ヒアリングが複数回持たれています。

これでは、Zcashの実用性は低いままです。むしろ、僕らが目指している市場の健全性を阻害してしまっています。インターネット産業のケースが常に参考になりますが、なぜこれだけ、インターネット産業が繁栄しているかと言えば、答えシンプルで「インターネットを善意的に使うサービス提供者やそのユーザーが逆の人に比べて多いから」です。

インターネットも黎明期には詐欺集団の横行が目立ちました。それを元に、今では皆無と行っていいほどですが、インターネットの技術を批判する人も多くいました。インターネットなどを一般個人が利用したら、すぐにポルノコンテンツやフィッシング詐欺だらけになってしまうと。しかし、実際はそうはならなかったわけですね。なぜか?「Don’t be Evil」をコーポレートバリューにおくGoogleをはじめ、シリコンバレーのテックスタートアップが自分たちの成長と共に、そのような悪意的業者を根絶してきたからです。僕も含めて同じことをブロックチェーン業界の人々も取り組んでいます。

しかし、Zcashは、そのような取り組みはそれほど積極的には行っていません。創業者含めた開発コミュニティが当然その点は不本意ですが、SEO不正を防ぎ続けているGoogleや、実名主義によって詐欺業者がアカウントを作にくいようなUXを設計したFacebookがそうであったように、自分たちのテクノロジーやプロダクトを悪用する行動を抑止させるための行動が取れていない以上、それでは、今の400億円近い時価総額を正当化する根拠には乏しいと言えます。

Zeoro Knowledge Proofのテクノロジーに正しい使い道を与えられるかが生き残りのカギ

つまり、Zcashもソフトウェアですから、ソフトウェアとしての利用価値がなければ意味がない。今のZcashの最大の価値は、Moneroなどと同様にZero   Knowledge Proofです。これを犯罪者に利用させるのではなく、一般個人のペインポイント解決に合わせる価値で、ソフトウェア価値を証明できれば行き残れる可能性があると見ています。ただ、現時点では全く説得力に欠けています。

参考までに、僕のアルトコイン投資戦略についてはこちらにまとめています。

アルトコイン投資戦略のポイントについてのまとめ

以上です。みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

関連記事