自分にぴったりのマイレージクラブの選び方まとめ

Photo by chuttersnap on Unsplash

前回、法人クレジットカードを選ぶポイントをお話した際に、国内外に出張する際の航空会社が提供しているラウンジやその他の優待サービスの話をしました。

多くの人は、各航空会社が提供しているマイレージクラブ、そしてそこに付随している上級会員向けの特典、そして、航空会社が発行しているクレジットカードサービスは、全て連携していて、ANA VISAカードなど航空会社のカードを使ってショッピングやホテルの予約をしていると、最終的にマイレージクラブで優遇されるというように考えていると思いますが、実際は違います。今日は、皆さんにその理解の助けになるお話をしたいと思います。

マイレージクラブの基本的な仕組みを理解する

まず、マイレージクラブの基本的な仕組みを理解しましょう。大体、どこの航空会社でも同じです。僕の場合は、ANAを選択しているので、ANAを例に話をしていきます。

ステータス 1年間に必要なプレミアムポイント うちうちANAグループ運航便利用分のポイント
ブロンズ 30,000 15,000
プラチナ 50,000 25,000
ダイヤモンド 100,000 50,000

ここに出てくる「プレミアムポイント」の仕組みを理解することが大切です。プレミアムポイントは、基本、その航空会社のフライトか、もしくは提携している会社とのコードシェアのフライト(例:ANAであれば、スターアライアンスグループの航空会社とのコードシェア便)に乗ることで、貯まって行くポイントです。

予約席に応じてポイントの積算率が異なります。コードシェア便などは低いです。下記のANAサイトのページで、各予約クラスのポイント積算率が分かります。ただ、サイトを見るとわかるのですが、条件がちょっとあまりにも細かいので、ひとまずは、コードシェア便だと積算率が低い、シートがビジネスクラス以上だと積算率が高い、ということだけ覚えておいてください。

ANAマイルの積算条件の一覧

毎年1月-12月の間を1年で計算され、そこで蓄積したポイント数で、翌年のステータスが決まります。そして、ANAのクレジットカードを使っていても、このポイントは貯まりません。

また、このプレミアムポイントは、年間の累積でカウントされているので、例えば、今年は、50,000ポイントを超えたから、プラチナランクになったのだけど、その次の年に、30,000ポイントだった場合は、ブロンズに戻ります。

この状態をクリアする唯一の方法は、ミリオンマイラーというステータスになることで、これは、そのマイレージクラブに入会してから、累積のプレミアムポイントが100万を超えると到達できる最上級ランクで、ここまでくると、毎年のフライト状況に応じて上の3つのステータスが変更されるということは一切なく、ダイヤモンドのサービスレベルを超えるミリオンマイラーだけの特別サービスを受けることができます。

ステータス別のサービスの違い

3つのステータス別のサービス内容をまとめました。けっこう、色々とあります。

ここに出ている最上級のダイヤモンド以上になるとスターフライヤー会員になることで、そこでまた新たな優待サービスが受けることができますが、ミリオンマイラーには及びません。

しっかりとした優待サービスを受けることができるのは、プラチナぐらいからになることをご理解いただけたとおもいます。これらの優遇条件の内容は、海外の航空会社も含めてほとんど同じです。

では、プラチナステータスを維持するには、年間、どれぐらいの出張や旅行をする必要があるのでしょうか?簡単にシュミレーションしてみました。

プレチナステータスの維持に必要な旅行・出張回数

ANAのサイトにシュミレーションできるページがあるので、下記の仮条件で計算してみます。

  • 旅行・出張先:ニューヨーク
  • 回数:4回/年
  • 座席クラス:プレミアムエコノミー

を往復でいきますと、1回で、およそ14,000のプレミアムポイントを貯めることができるので、4回ぐらいの旅行・出張で、年間50,000のプレミアムポイントを超えることができます。

実際は、年4回というのはかなりキツイ出張ペースなので、現実的には年2回ぐらいで、かつ国内旅行・出張7-8回ぐらいを合わせて、プラチナステータスは維持できるのではないでしょうか。海外出張・旅行を常にビジネスクラスで行けば、もう少し楽に到達できると思います。

マイレージクラブと提携クレジットカードの関係を理解する

この上で、日常の生活に関わる決済をできる限りANAカードにした場合、どれぐらい、このゴール達成に貢献できるのか、考えてみます。

ANAカードの場合、クレジットカード決済におけるマイルの計算は下記の通りです。他の航空会社の提携カードでもこのルールは同じだと思います。

①一般利用 100円=1円=1マイル
②ANA提携先での利用 100円=2円=2マイル

大体の人は、①になってしまいます。②は、自分の欲しい買い物が常にANA提携先であることはそうないです。また、家賃などをクレジットカードで引き落とせるサービスもまだないです。その点を踏まえると、

仮に、毎月15万円をANAクレジットカード引き落としにできたとして、1500マイル/月となり、年間で、18,000マイル貯まります。この18,000 マイルというのは、先ほどの、ニューヨーク・羽田間の往復フライトをプレミアムエコノミーで乗った場合の1回分ぐらいです。

つまり、プラチナステータスを維持するための出張・旅行1回分は稼げることになります。この1回分をどう見るかというところになります。

また、参考までに理解しておくと良いのは、航空会社は、自らカードを発行することで、顧客の囲い込みができるだけでなく、カード発行業者として、VISAやMasterなどから、カード保有者が使うたびに手数料を手に入れることができるので、これは航空会社にとっては貴重な収入源でもあります。

おそらく、決済金額の1%強ぐらいだと思います。マイレージのレートも、ここの収益が赤字にならないように組まれているので、カード決済で、100円につき1マイルを超えるものすごいマイレージ還元率が出るというのは、あまり考えられないのもこの点から分かると思います。

日本に住んでいる人が選ぶべきマイレージクラブとその活用方法

ここまでくると見えてくると思いますが、マイレージを貯めて人が考えるべきポイントは、

  • 普段使う航空会社を1つに絞る
  • 提携クレジットカードを補助的に使いマイルを貯める

この二つの積み上げで、海外旅行に行くマイルを稼いだり、また、マイレージクラブのステータスをあげることで優待を受ける、ということになると思います。

そうなってくると、日本で、上の2つの条件を満たせる航空会社は、今のところ、ANAとJALだけになります。どちらかは、純粋に好きな方を選ぶと良いと思います!

僕の場合は、給与を振り込む個人口座は、引き続き住信SBI銀行のデビットカードで使っていますが、妻が、その給与の一部を彼女が持っているANAカードに振り込んで日常の決済利用でマイレージを貯めるという方法にしています。

こうすることで、毎月決めている上限の生活費用を逸脱したクレジットカードを利用しないよう工夫しています。これも、妻が海外旅行が大好きでどうしてもマイルをコツコツ貯めたいという要望を踏まえてそうしています。

いかがでしたでしょうか? 海外出張・旅行に行くことが多い方や、海外旅行が大好きな人にとっては、マイレージクラブの仕組みとその提携カードの使いこなし方の良い参考になると思います。よいフライトを!

関連記事