僕のOntologyのトークンONTに関する投資評価まとめ

 

僕のOntologyのトークン、ONTは投資していないのですが、その評価についてまとめましたので参考にしてください。

Ontologyとは?

僕のポートフォリオ戦略における「Blockchain Interoperablity」のレイヤーに該当します。各ブロックチェーン間のトランザクションをサポートするテクノロジーということです。2018年よりトークンの流通が開始していますから、競合のCOSMOSに比べると後発組になります。

こちらのサイトに、Ontologyのネットワーク上に参加しているDappsの一覧の最新ステータスを確認することができます。カテゴリは大半がゲームですね。できれば、生活インフラになっていくDappsを抑えておきたいところです。

Ontologyで稼働中のDapps一覧

僕のポートフォリオ戦略については、こちらにまとめています。

僕の仮想通貨(暗号資産・トークン)投資のポートフォリオ戦略の基本的な考え方についてまとめ #1

COSMOSとPolkadotに並ぶソフトウェアになることができるか?

Ontologyの今後の可能性は、全てこの一言に尽きると思います。Blockchain Interoperabilityの市場は、この2強体制になるとみており、第3勢力になるのはかなり知恵が必要です。このレイヤーは、プレイヤーがそれほど多く必要な市場ではないからですね。ユーザーの利便性や産業発展を考えると、よくライバル関係となる2社で十分で、3社目はそれほど重要な存在とはならないとみています。ホワイトペーパーには、COSMOSやPolkadotに比べて技術的な優位性に関する記述があまりないので、それ以外の面で、何か工夫をしないと生き残ることは厳しいとみています。

一つ可能性があるとすれば、一部のBaaSと組んで、イーサリウムとの対抗する局を作るという事業戦略はあります。COSMOSやPolkadotはイーサリウムとの連携でDappsを自分たちのプラットフォームに連れてくるプロダクト戦略を進めているからです。この点では、COSMOSが1st mover advantageを取っています。

ただ、それが進むと、今後は、ユーザーが不便を被るだけなので、できればそのよう展開にならない方が望ましいと言えます。

COSMOSのATOMについてはこちらにまとめています。

僕がなぜCOSMOS(コスモス)のATOM(アトム)トークンに投資するのか? #1

また、COSMOSとPolkadotの比較については、こちらにまとめています。

COSMOSとPolkadotの比較 #1

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

 

関連記事