ChainLink(チェーンリンク)のホワイトペーパーの翻訳 #1

以下はChainLinkのホワイトペーパーを翻訳したものです。参考にしてください。

1.イントロダクション

スマートコントラクトは、ブロックチェーンに代表される非中央集権的なインフラの上で実行されるアプリケーションである。それは、そのコントラクトの作者も含めた誰もが一切、コードやインタフェースの不正な変更や実行をすることができない存在である。

歴史的に、契約というのは、中央の特権的な存在が、その変更、停止、そして、削除を行うことが可能な世界であった。一方で、スマートコントクラトの世界は、全ての記述された新しい契約に関して、単一の存在の信用に依存することなく、その契約に関わる全てのステイクホルダーの合意なしに変更することができない存在である。

なぜなら、スマートコントラクトは、自身で証明可能であり、自身で実行可能であるため、デジタル環境での合意事項について、より優位な仕組みを提供できるのである。

しかし、この新しい信用モデルであるスマートコントラクトは、新しい技術的なチャレンジに挑むことになる。

コネクティビティ

・大半の興味深いスマートコントラクトのアプリケーションは、現実の世界におけるデータフィードやAPIを通じて得られるデータに実行を依存しており、それはブロックチェーンにとって見られば外の世界なのである。そのブロックチェーンのコンセンサスメカニズムの特徴から、そのような重要なデータに対してブロックチェーンは、直接フェッチする(データをとってくる)ことができない。

我々は、この問題をChainLinkによって解決しようと考えている。ChainLinkは、セキュアなオラクルネットワークであ流。Chainlinkの既存のオラクルソリューションとの違いは、完全に非中央集権的なネットワークとして運用することが可能な点である。この非中央集権的なアプローチは、単一の存在に信用を依存することがないが故に、スマートコントラクトとAPIが依存しているエンド2エンドのオペーレーションに対して改ざん防止を可能にする。スマートコントラクト、現在よく疲れ使われているデジタル環境での合意をモデルを置き換える形で、オフチェーントランザクションが必要となるだろう。

今日において、伝統的な契約合意事項でデジタル環境で作成されたものに関する最大の分け前は、契約の実効性の証明について外部データに依存しており、外部システムにデータアウトプットを出力することが必要になる。スマートコントラクトが、これらの古い契約メカニズムをリプレイスするとき、彼らは、high-assurance証明と同じタイプのインプットとアウトプットを必要とする。たとえば、次世代のスマートコントラクトとそれに関わるデータの要件は以下のようなものを含む;

証券系のスマートコントラクト

債権、金利などのデリバティブ商品はその他の多くは、APIを通じて市場価格や市場の参考データの活用がその運用上必要になる。

保険系のスマートコントラクト

これらは、保険のイベント発生に関わるIoTデータの収集が必要になる。例えば、倉庫の磁気式ドアが時間通りに閉まったか。会社のファイヤウォールがオンラインになっていたか。保険をかけたフライトは時間通りに到着したかなど

トレードファイナンスにおけるスマートコントラクト

運搬に関わるGDPデータやサプライチェーンERPシステムにおけるデータや、契約に設定された条件に従った製品のシップメントに関わるカスタムデータなどである。

これらの事例に共通している別の問題は、スマートコントラクトが、データをオフチェーンシステムにアウトプットすることができない点である。それらのアウトプットは、大半、支払いに関わるメッセージフォームをやりとりするため、ユーザーがアカウントをもつ伝統的な中央集権型の仕組みにアクセスすることになる。例えば、銀行口座や、ペイパルや、その他の決済ネットワークなどである。ChainLinkの機能とは、スマートコントラクトに関わるレガシーシステムやAPIが、データをセキュアな形で、外部からみて、改ざん不可能な形態でやりとり可能にするものである。

つづく。

関連記事